Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

また拒絶してくれるか?/M3〜ソノ黒キ鋼〜7話他2014/6/3感想

<記事内アンカー>
ぷちます!! -プチプチ・アイドルマスター- 第52話「お馴染みの1日」
M3〜ソノ黒キ鋼〜 7話「孤独ノ采配」
ブレイク ブレイド 第9話「ショウ・ダウン(竜虎宣戦)」
漫画感想(「Mortal METAL屍鋼」1,2巻(完))


 とうとうヘイトさんの顔芸がエントリ最初に……


ぷちます!! -プチプチ・アイドルマスター- 第52話「お馴染みの1日」
©NBGI/ぷろじぇくとあいます・ぷち
140603_02.jpg
 行きつけの無人島で暗黒はるかさん誕生!しかしやよいの前ではあまりにも無力だ! 一応新キャラというか何と言うかの登場のはずが、真面目に何事もなかったかのように片付けられてしまうこの恐ろしさ。毎度のごとく伊織が苦労人枠かと思いきや、同行したはるかさんがそちらで伊織なりにタフさを見せる形だったのも楽しい。伊達に無人島にいきつけてない。


関連:
2013年冬アニメ 視聴予定リスト(1期感想リスト)

ぷちます!! -プチプチ・アイドルマスター- 感想リスト




M3〜ソノ黒キ鋼〜 第7話「孤独ノ采配」
(C)佐藤順一・岡田麿里・サテライト/M3プロジェクト
140603_03.jpg
140603_04.jpg
140603_05.jpg
 アージェントをベースにしたマヴェス試作2番機・セーブルが完成。ライカが乗り込むも耐え切れず嘔吐してしまう。一方、アカシはかさねからのメールで呼び出された場所に向かうが……
 マヴェスの正体がぼんやりと、しかし確実に示される第7話。機械に人の意志が同化する、というのは思いつくところエヴァでもあったところだけれど、言葉にこそしないものの視聴者には明白という状況は面白い。この作品の場合キャラ2人のペアリングがあり、そのセットでないとマヴェスを起動させることができないことが示されたわけで、自然と「誰が死ぬのか」ではなく「どちらが死ぬのか」という方向に視聴者の関心が誘導されていく。大筋とは違うのだけれど、キャラクター関係の今後について枠組みが示されたのはこの作品にとって大きいのではないかと思います。あとはそれをどこまで踏まえどこで破ってみせるのか、枠の中に入らないキャラ、すなわちきれいなもこっちことマアムがどうなるのか……というのが気になってくる部分。

140603_06.jpg
140603_07.jpg
140603_08.jpg
 そのマアムは言葉としての台詞なかったんじゃ?というくらいの出番の少なさでしょんぼりですが、今週はヘイトが再び頑張ってくれた感。というか、イカれぶりではこれまでで1番好きかもしれない。凶器がガラス瓶でもバールのようなものでもなく「ブランコのチェーン」! ぶん回してアカシを追いかける様子を見た瞬間爆笑してしまいました。とはいえ、こんなもので迫られたらそれだけで戦意喪失できそうで恐ろしい。一方でアカシへの指摘に彼なりの狂気の中の感性も垣間見ることができ、これまでと違った魅力も出てきてくれたように思います。

関連:
M3〜ソノ黒キ鋼〜 感想リスト

M3〜ソノ黒キ鋼〜 第1話「降星ノ夜」
M3〜ソノ黒キ鋼〜 第2話「死神ニ抱カレ」
M3〜ソノ黒キ鋼〜 第3話「過去ノ綻ビ」
M3〜ソノ黒キ鋼〜 第4話「混ゼルナ危険」
M3〜ソノ黒キ鋼〜 第5話「己虚シク」
M3〜ソノ黒キ鋼〜 6話「キエ逝ク恐怖」




ブレイク ブレイド 第9話「ショウ・ダウン(竜虎宣戦)」
©吉永裕ノ介・フレックスコミックス/「ブレイク ブレイド」製作委員会
140603_09.jpg
140603_10.jpg
 ボルキュスの部隊に大損害を与え、悠々と戻ってきたジルグ。一方ライガットは自分の故郷の村が襲われていることを知り、命令を無視して単身急行するのだが……
 手痛い敗北を喫するライガットと、状況は余韻を許さない第9話。情念の色合いの濃かったリィ戦、ゼス戦と異なり、戦力でも戦術でも上に立つボルキュスの強さが素晴らしい。虐殺された村人という無言の圧迫感に夕暮れ、マントで隠れたヒュケリオン、緻密な描き込みといった具合に視覚的な底知れなさも合わさって、2人の戦いをたっぷりと堪能することが出来ました。このあたりから展開は原作と大きく変わってるらしいのだけど、単純に映像性だけで十分に楽しめるなー。

140603_11.jpg
 ところでナルヴィ隊長、叱ってるのか当ててんのかはっきりしてください。


関連:
ブレイク ブレイド 感想リスト

ブレイク ブレイド 第1話「アン・ソーサラー(魔力無者)」
ブレイク ブレイド 第2話「アンダー・ゴゥレム(古代巨兵)」
ブレイク ブレイド 第3話「ノット・バッド(停戦交渉)」
ブレイク ブレイド 第4話「クロース・コンバット(近接戦闘)」
ブレイク ブレイド 第5話「カウンター・アタック(逆撃強襲)」
ブレイク ブレイド 第6話「ワール・ウィンド(疾風怒濤)」
ブレイク ブレイド 第7話「ナイト・ビフォア(出撃前夜)」
ブレイク ブレイド 第8話「ウェイスト・ランド(死地凶変)」




<漫画感想「Mortal METAL屍鋼」1,2巻(完)>
Mortal METAL屍鋼 1 (BLADE COMICS)
Mortal METAL屍鋼 1 (BLADE COMICS)
 「Mortal METAL屍鋼」1,2巻を読了。「M3〜ソノ黒キ鋼〜」の原案となっている作品ですね。コミックブレイドで2011~2013年にかけて連載されていたそうで。今ひとつ1話1話の盛り上がりに欠けるアニメですが、原案のこちらも同傾向ではある。1話こそ華々しくロボットが登場するものの、話の主体は「骸」という謎の存在を巡る陰謀劇の色が強く、主人公とヒロインの影がどうも薄い。陰謀劇そのものはけしてつまらないわけではないのですが、そちらにも関わってくる、ライバル的ロボの女パイロットの方が印象に残ってしまうのはどうしたものか。
 ただこちらはあくまでもロボット物ではあって、アニメと異なりホラー色も薄め。主人公とヒロインがキャラとしての大人しさに不満は感じさせながらもあくまで「少年と少女」なのもこの作品には合っているように思います。……で、アニメの方はホラー色が濃くなって主要人物が誰も彼も一癖出ているんですが、あちらはどういう結末を迎えることになるんだろうか。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif

【言及】
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1924.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1652.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2517.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-10266.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/tokyomx60109-d8.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-1629.html
http://animekyo.blog109.fc2.com/blog-entry-1566.html

0 Comments

Leave a comment

6 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  M3~ソノ黒キ鋼~ 第7話「孤独ノ采配」 キャプ付感想
  • アージェントのLIMの正体は、死んだ人間のようですね…。 アージェントをベースに設計された試作2号機・セーブル。 ヘイトが乗りアカシを襲うとした時にLIMが起動。 死んだ後まで、ヘイトに使われ、アカシを思うのか、エミルは…。  
  • 2014.06.03 (Tue) 23:00 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ブレイクブレイド TokyoMX(6/01)#09
  • 第九話 ショウ・ダウン(竜虎宣戦) 公式サイトから多大な犠牲を払い、一時の退却を余儀なくされるアテネス・クリシュナ両軍。厳しさを増す状況の中、ボルキュス大隊がライガットの故郷へ向け侵攻中との報せが入った。弟を救うべく、制止を振り切り単身急行するライガット。凄惨な光景を前に、ボルキュスの駆るアテネス軍最強ゴゥレム・ヒュケリオンとデルフィン グの一騎討ちが始まった! ジルグの行動に報告を求める部...
  • 2014.06.03 (Tue) 23:14 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  M3~ソノ黒キ鋼~ 第七話「孤独ノ采配」
  • M3~ソノ黒キ鋼~の第7話を見ました。 第七話 孤独ノ采配 アージェントをベースに設計された試作2号機・セーブルが完成し、ライカが起動するも、すぐに鳥肌で一分も持たずにコクピットから降ろされる。 エミルの件でおかしくなったヘイトがアカシを挑発して、暴力沙汰になってしまう。 「勘違いしないで、俺は感謝してるんだから。お前がアイツを見放したせいでアイツは一人でどんどん恐怖...
  • 2014.06.04 (Wed) 10:41 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック