FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

海に浮いてんだよ?/Gのレコンギスタ4話他2014/10/18感想

<記事内アンカー>

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」
PSYCHO-PASS サイコパス 2 第2話「忍び寄る虚実」


 明日は休出があるからてきぱきやらにゃ。




ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」
©創通・サンライズ・MBS
141018_02.jpg
141018_03.jpg
 海賊の基地へ連れてこられたベルリは、アイーダ達の目的に改めて興味を抱く。一方、キャピタルでは彼らの救出を口実にキャピタル・アーミーが出撃しようとしていた……
 上手く行かない仲裁と、ベルリの立場が変わってくる第4話。ベルリの言うアイーダへの「借り」が何なのか最初分からなかったけれど、カーヒル大尉を殺したことをそう表現しているのか。「負い目」と言うと自分の立場が下になってしまうから、という考察を2chで見かけたけれど、ノレドの前ではアイーダを「あの女」と呼んだり、微妙なプライドが感じられるなw 一方でアイーダの本当の苗字を知って喜ぶ素直さもかわいい。
 アイーダへの恋情と先述した「借り」、宇宙への興味、ノレド達が艦にいること、そしてキャピタル・「アーミィ」への不信と、ベルリがこれまでと立場を変えていくための要素が多々敷き詰められていてシンプルな「裏切り」になっていないのが面白い。今回の行動自体も2者の戦闘を止めるのが目的であって、海賊側につくことにしたわけではないわけですし。悪く言えば中途半端なベルリの立ち位置はどう変わっていき、そしてその時他のキャラはどこにいるのかしらん。

141018_04.jpg
 戦闘面でも細かな挙動をひけらかすことなく流れるように描いているのが迫力あり、見返してみると様々な発見があって面白い。モンテーロのジャベリンは折れたのかと思っていたのですが、これ元から2分割できる仕組みになってるのか(投げたジャベリンを掴む直前を見ると、持ち手部分中央に切れ目が入っているのが確認できる)。しかも片方で相変わらず回してシールドにできるとかどれだけ便利なのこの武器。あとデレンセン大尉がG-セルフに話しかけている間にクリム・ニック達が忍び寄っていた時、妨害しようとして蹴っ飛ばされるエフラグがなんだか哀れだったw 笑えるけど大尉が泣いたように、死人が出てるんだよなあ……

関連:
ガンダム Gのレコンギスタ 感想リスト

ガンダム Gのレコンギスタ 第1話「謎のモビルスーツ」第2話「G-セルフ起動!」
ガンダム Gのレコンギスタ 第3話「モンテーロの圧力」




PSYCHO-PASS サイコパス 2 第2話「忍び寄る虚実」
©サイコパス製作委員会
141018_05.jpg
141018_06.jpg
141018_07.jpg
 爆破事件を起こした喜汰沢を逮捕した一方で発生した、謎の執行官殺害・監視官失踪事件。朱は喜汰沢への聴取を行うが、彼の態度はまるで狂人で…… 序盤から仕込んでるだかザルなんだか分からない脚本突っ込んできてるな、というのが2話の感想。
 まずもって、逮捕後の喜汰沢に「共犯者」が最初に会ったのがいつかということ。先週は一応話の通じる相手だった喜汰沢がのっけからおかしくなっているわけだが、犯罪係数低下の前にまずそこに朱も東金も何も言わないのがムズムズする。聴取より更に時間が経ってから犯罪係数の低下が確認されたのは「共犯者」と再度会ったからか?それとも色相をクリアにするには時間が必要なのか?あるいはそもそも逮捕後それまで計測してなかったのか?
 2つ目に疑問なのが、今回の宿敵を担当するであろう鹿矛囲が朱をどのタイミングで知ったのか、ということ。前回、喜汰沢が自分を餌に公安を罠にかけた後どうするつもりだったのか?という疑問を書きましたが、鹿矛囲が朱を最初の事件の段階で知っていたのなら、彼女の説得を既定の行動として織り込んでいた可能性が出てくる(それにしたって299/300ってどれだけ危ない橋を渡る調整だよという話だが)。一方で彼が喜汰沢の逮捕によって朱の存在を知ったのだとしたら、前回の事件はやっぱり喜汰沢には死の片道切符だったわけで「まだ救えた」とか涙まで流して何言ってるのお前、となる。こうした考察をさせるのは序盤の面白さではあるし、一方でただの脚本の穴だった場合は落胆の対象になる。良くも悪くも惹きつけてはくれているかな。前回見せた朱の鋼の意志以外の成長や時間経過がしっかり描かれていたのは好感触だったし、ホロを使った一般車→パトカーなども1期を踏襲していて好印象。
 しかし宜野座、マジボケのコメディパートまでこなすとか本当に丸くなったな。

関連:
PSYCHO-PASS サイコパス 2 感想リスト

(1期)
PSYCHO-PASS サイコパス #1「犯罪係数」
PSYCHO-PASS サイコパス #2「成しうる者」
PSYCHO-PASS サイコパス #3「飼育の作法」
PSYCHO-PASS サイコパス #4「誰も知らないあなたの仮面」
PSYCHO-PASS サイコパス #5「誰も知らないあなたの顔」
PSYCHO-PASS サイコパス #6「狂王子の帰還」
PSYCHO-PASS サイコパス #7「紫蘭の花言葉」
PSYCHO-PASS サイコパス #8「あとは、沈黙。」
PSYCHO-PASS サイコパス #9「楽園の果実」
PSYCHO-PASS サイコパス #10「メトセラの遊戯」
PSYCHO-PASS サイコパス #11「聖者の晩餐」
PSYCHO-PASS サイコパス #12「Devil's Crossroad」
PSYCHO-PASS サイコパス #13「深淵からの招待」
PSYCHO-PASS サイコパス #14「甘い毒」
PSYCHO-PASS サイコパス #15「硫黄降る街」
PSYCHO-PASS サイコパス #16「裁きの門」
PSYCHO-PASS サイコパス #17「鉄の腸」
PSYCHO-PASS サイコパス #18「水に書いた約束」
PSYCHO-PASS サイコパス #19「透明な影」
PSYCHO-PASS サイコパス #20「正義の在処」
PSYCHO-PASS サイコパス #21「血の褒賞」
PSYCHO-PASS サイコパス #22(最終回)「完璧な世界」

(2期)
PSYCHO-PASS サイコパス 2 第1話「正義の天秤〈299/300〉」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
button21112.gif


【言及】
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1871.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-2075.html
http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-3767.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-2298.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-10780.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7807.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3822.html
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-1245.html
http://grhm2307.blog.fc2.com/blog-entry-142.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/40773829.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2014-10-17-2
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-4103.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3569.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2604.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-3349.html
http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/blog-entry-1151.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-4718.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2370.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-3036.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/gtbs101704-2534.html
http://yadobeya.blog.fc2.com/blog-entry-1477.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2014-10-20-2
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2014/10/greco-4.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

14 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ガンダム Gのレコンギスタ 第4話 『カットシー乱舞』感想
  •  ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray](2014/12/25)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る  キャラの発言に違和感があり過ぎて頭に入ってこないのは相変わらずですけど(苦笑)、  世界情勢などが少しずつ明らかになるにつれ、  だんだんと物語に惹かれ始めてる自分がいることに気付いてしまった第4話。  ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!
  • 2014.10.18 (Sat) 14:43 | 新・00をひとりごつ
この記事へのトラックバック
  •  ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」
  • ガンダム Gのレコンギスタの第4話を見ました。 第4話 カットシー乱舞 海賊部隊に囚われの身となったベルリはノレドとラライヤを人質に取られ、クリムにG-セルフを動かすように指示される。 「クリム中尉!」 「敵の能力チェックです」 「艦長の許可は!?」 「よろしく取り計らっていただきたい。行け」 「クリム中尉」 「アイーダ様の話が本当ならこの女子にも試させたいの...
  • 2014.10.18 (Sat) 15:05 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  ガンダム Gのレコンギスタ 第4話
  • ガンダム Gのレコンギスタ 第4話 『カットシー乱舞』 ≪あらすじ≫ キャピタル・アーミィは、宇宙海賊に囚われたベルリ達の救出を口実に、デレンセンのカットシー部隊を出撃させた。その強襲に対し、クリムの駆るモンテーロとグリモア部隊に迎撃させるメガファウナ。ノレドとラライヤを人質に取られたベルリは、乗り込んでいたG-セルフで矢面に立たされる。 (公式HP World Storyより抜...
  • 2014.10.18 (Sat) 15:51 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
  •  PSYCHO-PASS サイコパス2 第2話「忍び寄る虚実」
  • 第2話「忍び寄る虚実」 「WC?」のメッセージが残された現場。 2係の執行官は殺害され、監視官は行方不明。 しかしシビュラは酒々井監視官のドミネーターの使用を容認し感知している。 ここにどんなからくりがあるのか気になりますね。
  • 2014.10.18 (Sat) 16:31 | いま、お茶いれますね
この記事へのトラックバック
  •  ガンダム Gのレコンギスタ 第4話 「カットシー乱舞」 感想
  • デレンセンはやっぱり優秀ですね。 いいキャラしてますよ。 トイレのサービスシーンもありましたし(笑) キャピタル・アーミィは、宇宙海賊に囚われたベルリ達の救出を口実に、 デレンセンのカットシー部隊を出撃させた。 その強襲に対し、クリムの駆るモンテーロとグリモア部隊に迎撃させる メガファウナ。 ノレドとラライヤを人質に取られたベルリは、乗り込んでいたG-セルフで 矢面に立た...
  • 2014.10.18 (Sat) 17:59 | ひえんきゃく
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  PSYCHO-PASS 2 第2話「忍び寄る虚実」
  • 「常守朱、君なら分かると期待したのに」 現場に残された「WC?」のメッセージの意味とは そして、拘留中の喜汰沢の犯罪係数が執行対象外に下がる事態が…    【第2話 あらすじ】 二係の監視官が失踪し、ドミネーターが一挺行方不明に。手がかりは現場に残された謎のメッセージ「WC?」のみ。シビュラシステム運用下において一切の痕跡を残さず行動ができる人物がいるとしたら、それは透明人間で...
  • 2014.10.18 (Sat) 20:39 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『PSYCHO-PASS 2』#2「忍び寄る虚実」
  • 「シビュラシステムにも見えない人間なんているはずないでしょう」 囮と思しきホロを追っていた2係の山門屋執行官が死亡し、 酒々井監視官が行方知れずとなった。 状況から見て、酒々井が執行官を撃った可能性があるが、 酒々井の行動はシビュラによって容認されているため、正当性があったものと思われる。 まぁ、端から見れば、だが…
  • 2014.10.18 (Sat) 21:44 | ジャスタウェイの日記☆
この記事へのトラックバック
  •  「Gのレコンギスタ」4話の繋がらない富野流会話劇の意味
  • 「Gのレコンギスタ」4話。 アイーダに連れられて、ベルリ・ノレド・ラライアが宇宙海賊の元へ。 一方キャピタル・アーミィはデレンセン大尉のカットシー部隊を使い、 宇宙海賊を叩く魂胆だが、ベルリはカーヒル大尉の件で アイーダに貸しがあると感じ、戦いを止めようとGセルフに乗る展開。 カットシー乱舞というタイトル通り、 カットシーとGセルフの戦いが小気味よく描かれていた。 ...
  • 2014.10.18 (Sat) 22:13 | 失われた何か 
この記事へのトラックバック
  •  ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」 キャプ付感想
  • Gセルフの謎の能力、スコード!  ベルリが使えたのは操作方を無意識に刷り込まれてるんでしょうかね。  謎の多いMSですね。    キャピタル・アーミィは、宇宙海賊に囚われたベルリ達の救出を口実に、 デレンセンのカットシー部隊を出撃させた。 その強襲に対し、クリムの駆るモンテーロとグリモア部隊に迎撃させる メガファウナ。 ノレドとラライヤを人質に取られたベルリは、乗り込...
  • 2014.10.18 (Sat) 23:14 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  ガンダムGのレコンギスタ TBS(10/17)#04
  • 第4話 カットシー乱舞 アメリア海賊の艦、メガファウナに到着したGセルフ。カーヒル大佐の死を悼むアイーダ。 キャピタルタワーではキャピタルアーミーの発足式典が 執り行われていた。人質を取り返す為の大義名分で法皇には了解を得ていなかった。ベルリにGセルフを動かせと迫るクリム・ニック中尉。ラライヤにも動かせて欲しいらしい。Gセルフに異様に興奮するラライヤ。 ラライヤがGセルフに乗って発見された日...
  • 2014.10.19 (Sun) 10:13 | ぬる~くまったりと