FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

どれだけもつ?/クロスアンジュ11話他2014/12/17感想

<記事内アンカー>
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第11話「竜の歌」
漫画感想(「犬神姫にくちづけ」5巻)


 日が変わっちゃったので(ry



クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第11話「竜の歌」
©SUNRISE/PROJECT ANGE
141217_02.jpg
141217_03.jpg
141217_04.jpg
 アンジュとヒルダを欠いたことで戦力を欠くサリア隊はバックアップへと回される。自分にヴィルキスを使わせてもらえないことに不満を隠せないサリアだったが……
 待って待って待ってここでヴィヴィアンに死亡フラグとか勘弁して! ……と冒頭で書くほどに動揺する引きでした。1話感想でSEEDシリーズの時期はアニメ離れしていたことを書きましたが、そのせいもあって「桑島法子キャラ=死亡フラグ」という俗説には感覚的なものがなかったのですよね。というか、むしろ福田己津央が関わっている分だけ同じことはやらないだろう(願望)とすら思ってました。そこでこの死亡フラグ成立である。直接的な言及は示されていないのに、シーンの繋がりだけで死亡フラグを感じさせるのがむしろ視聴者を不安にさせて困る。更に予告が単純な死亡フラグとは違うものまで予感させていやこれどうなっちゃうの本当に。こうまで手玉に取られると気持ちいいな!でも早く次回見せて!

 とまあもっとも気になった部分を除いても、リィザの正体の片鱗、サリアのジルへの憧れとヴィルキスに拘泥する理由、強敵であるサラとの邂逅にボルテッカ発動、アルゼナル半壊……と盛り沢山。それでいて情報のはしっかり分けてあるので混乱することもないのだから恐れ入る。大皿にドカンと盛りつけてあるのではなく、ウェイターが客の食事ペースを把握していて皿が空になった瞬間次の料理を持ってきてくれるとでも言えばいいのかな。今回の場合、いつもながらのギャグとシリアスの使い分けに加えて歌がキーになっている点も豪華さを増していた印象。予告で愚痴っているように堀江由衣演じるサラのセリフは非常に少ないのだけれど、姿すら見せない内に歌だけで存在感を確立しているのは素晴らしいなあ。OPや公式HPで事前に姿だけは見せていたのもそれを効果的にフォローしていたように思います。いや、今回の話は本当に絶賛。

関連:
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 感想リスト

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第1話「堕とされた皇女」
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第2話「まつろわぬ魂」
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第3話「ヴィルキス覚醒」
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第4話「ひとりぼっちの反逆」
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第5話「アンジュ、喪失」
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第6話「モモカが来た!」
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第7話「サリアの憂鬱」
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第8話「ビキニ・エスケイプ」
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第9話「裏切りの故郷」




<漫画感想「犬神姫にくちづけ」5巻>
犬神姫にくちづけ 5巻 (ビームコミックス)
犬神姫にくちづけ 5巻 (ビームコミックス)
 宮田紘次の「犬神姫にくちづけ」5巻を読了。前巻ラストでは御子神がかずらに告白……というラストで、当然といえば当然ながら犬養課長に惚れている彼女の返事はノー。傷心の彼の立ち直りエピソード、続いて閑話的な独立回……と基本的には賑やかですが、かずらと犬養課長の関係がじわじわと最後の一揉めに入っていくのでシリアスさも大きい。犬神使いと依巫の関係、犬養課長の過去、弁天号と吉祥天号の過去と掘り下げがされていくのですが、大阪支社のサカサハバキ、というか犬塚の存在がかずらに犬養の過去を伝えていく媒介として効果的に機能していて面白い。犬養課長だけだと自分の過去は語らないですからね。けれど、最後の踏み込みはやはりかずら自身で行わないといけないわけで。次回最終巻、2人の関係がどんな結末を迎えるか楽しみです。

関連:
漫画感想(「犬神様にくちづけ」1巻)
漫画感想(「犬神姫にくちづけ」2巻)
漫画感想(「犬神姫にくちづけ」3巻)
漫画感想(「犬神姫にくちづけ」4巻)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://blog.livedoor.jp/nylon66/archives/52124433.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-3277.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1943.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-2818.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-2493.html
http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-719.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/tokyomx121311-a.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7915.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-2281.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Comments

MITSUKI  

今回はまた色々と詰め込んできましたね。
アニメ2~3本分くらいの内容を(笑)。

戦闘シーンは3話以来のような凄い演出。敵さん強すぎですね。
サラが「偽りの民」と話していたことやリィザ、ヴィヴィアンの様子など
この世界の根幹的な謎がどんどん出てきた。

次回はジルによる回想と説明会?のようですが楽しみです。
公式のキャラ紹介にいる「エンブリヲ」という男が何かの黒幕のようで、どうなるか。

2014/12/17 (Wed) 11:58 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん
詰め込んでましたねー、これが今回のヤマか、と2,3度思いましたw おっしゃるように世界の根幹的な謎に関わる、その場を盛り上げるだけに留まらない要素が出てきたのでばーっと見えるものが広がったように感じます。
エンブリヲの方は、演じるのはなんと関俊彦ということで。この人の役は明るいキャラの方が個人的には記憶に残っていますが、こうした黒幕然としたキャラもその分反転して強い印象を残してくれることが多いように思います。次回の登場が楽しみ。

2014/12/17 (Wed) 21:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

5 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 TokyoMX(12/13)#11
  • 第11話 竜の歌 公式サイトからアルゼナルはその直上に大規模なドラゴンの急襲を受ける。アンジュとヒルダを欠いた戦いの中、サリアのジルとヴィルキスに対する思いが暴走する。 駆け付けたアンジュの前に現れたのは、パラメイルに乗りドラゴンの群れを率いる少女の姿。 ミスルギ皇国近衛長官リィザとベッドを共にするジュリオ。母と呼んで甘えていた、薬で操られてシンギュラリティ・ポイントを 開くことを約束する。...
  • 2014.12.17 (Wed) 00:09 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第11話『竜の歌』 キャプ付感想
  • クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第11話『竜の歌』 感想(画像付) 満を持して新キャラ、サラが登場。 ドラゴンを従えるような謎の紅いパラメイル。 歌で竜を操れるのか?  アンジュとは歌で戦うんでしょうかね(笑)   アルゼナルはその直上に大規模なドラゴンの急襲を受ける。 アンジュとヒルダを欠いた戦いの中、サリアのジルとヴィルキスに 対する思いが暴走する。 駆け付...
  • 2014.12.17 (Wed) 00:47 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第11話「竜の歌」
  • クロスアンジュ 天使と竜の輪舞の第11話を見ました。 第11話 竜の歌 アルゼナルはその直上に大規模なドラゴンと未確認のパラメイルの急襲を受け、アンジュとヒルダを欠いた戦いの中、サリアのジルとヴィルキスに対する思いが暴走し、命令違反してヴィルキスで出撃してしまう。 「命令違反だぞ!」 「黙ってて!分かってないから見せてあげる。アレクトラの代わりに私が…!」 飛び移っ...
  • 2014.12.17 (Wed) 22:07 | MAGI☆の日記