FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

皆のおかげだ/甘城ブリリアントパーク12話他2014/12/19感想

<記事内アンカー>
甘城ブリリアントパーク 第12話「未来は誰にもわからない!」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第24話(完)「白銀の意思」


 何この日替わり秒読み更新。


甘城ブリリアントパーク 第12話「未来は誰にもわからない!」
©賀東招二・なかじまゆか/甘ブリ再生委員会
141219_02.jpg
141219_03.jpg
141219_04.jpg
 西也の奇策により集まった来園者人数をしても、パークの存続条件にはわずかに届かない。刻々とタイムリミットは迫り……
 完全に最終回のつもりで見終えたらまだ1話あったでござる。この終盤に限って見ると、最後の人数集めが本当に「悪あがき」だったのがとても美しい。本当に少しずつ人数が増えていくことによる緊迫感が出るのもありますが、西也頼りではなくキャスト達が全員それぞれの伝手で人を集める、という図式が、甘城ブリリアントパークは皆で運営しているものなんだということを強く感じさせてくれる。最後の最後が誰が呼んだでもないいつもの悪ガキ、というのも初見時こそズッコケたものの、誰か1人の頑張りを強調することなく、また人事を尽くした上での天命をよく表しているように思いました。
 これまでの「皆」や「人事」には各話感想で書いたように不満はあって、それらの繋がりはとても薄いものなのだけれど、確かに繋がってはいる。今回の人数達成の盛り上げ方自体は、積み上げてきたものの完成形としてはベストと言えるのではないかな。正直、今回の感想はそこに全て集約される。内容的にはもう見終えていい気もしますが、おまけなのであろう次回を気楽に楽しみたいと思います。

関連:
甘城ブリリアントパーク 感想リスト

甘城ブリリアントパーク 第1話「お客が来ない!」
甘城ブリリアントパーク 第2話「時間がない!」
甘城ブリリアントパーク 第3話「テコ入れが効かない!」
甘城ブリリアントパーク 第4話「秘書が使えない!」
甘城ブリリアントパーク 第5話「お金が足りない!」
甘城ブリリアントパーク 第6話「人手が足りない!」
甘城ブリリアントパーク 第7話「プールが危ない!」
甘城ブリリアントパーク 第8話「恋心が届かない!」
甘城ブリリアントパーク 第9話「チームワークが生まれない!」
甘城ブリリアントパーク 第10話「もう打つ手がない!」
甘城ブリリアントパーク 第11話「これでもう心配ない!」




白銀の意思 アルジェヴォルン 第24話(完)「白銀の意思」
©AIOS/PROJECT ARGEVOLLEN
141219_05.jpg
141219_06.jpg
141219_07.jpg
 無人機を従え、単身敵地へと突撃するサモンジ。トキムネ達は、彼を止めアルジェヴォルンを取り戻すことができるのか――
 2クールかけた本作もとうとう最終回。この作品のトーンを逸脱しないながらも盛り上がる奪還劇、からのアルジェヴォルン死亡。食い合せ悪いなおい!とは思うものの、それもまたこの作品だからか。リヒトフォーヘンの存在は、最終的にはユーリンクシステムの自死と共に消えるかどうか、というトキムネとの対照であったように思います。結局、シュトゥルームαの中には彼しかいなかった。

 この作品の重要な要素として「けれん味のなさ」というのは外せない部分。序盤こそそれは不満の種だったのですが、中盤に至ってそれが意図的なものであることが感じられるようになるにつれ、次第に不思議な味わいを覚えるようになっていきました。通常、ロボット作品の「けれん味」というのはスーパーロボット的な活躍やアクの強いキャラクターで表現されることが多く、それと逆方向の作品はメカニックやミリタリー性、いわゆる「リアリティ」でその存在感を訴えていく。でも、それはロボットアニメの歴史の中で育まれてきたものであって、様式美化したリアリティはもはやそれ自体がけれん味にすらなってしまう。でも、この作品にはそのどちらのけれん味もほとんど存在していない。陰謀がどうの戦況がどうの作戦がどうのロボットの実在性がどうの、というのは本当にただの舞台装置に留められ、それだけで視聴者を魅了するほど出しゃばらない。主題はあくまでトキムネ達にあり、そしてそれですら過剰な個性付けはされていない。終わり方についても、2期を作るための結末というよりは世界におけるトキムネ達の存在のちっぽけさを描いた結果と言った方が正しいのではないでしょうか。

 独立第八部隊のキャラが立っていない、という感想はしばしば見受けましたが、それは彼らを「隣にいてもおかしくない人間」から逸脱させないためのものであったように思います。そこから浮くことなく、主役やヒロインとしてのキャラクター性をもってトキムネとジェイミーが描かれていたのは素直に素晴らしい。「リアリティ」ではなく、個々人の感情の「真実味」を追求した作品だったのではないかな……というのが見終わってみての感想でした。ロボットアニメなのにある意味で前衛芸術的で、それでいてその性質ゆえに単なる地味な作品にも見える。こんなアニメも作れるんだなあ。スタッフの皆様、お疲れ様でした。
 それにしても、EDの意味が最終回で分かる(=最終回後のジェイミーの様子である)というのはニクい演出だったな。

関連:
白銀の意思 アルジェヴォルン 感想リスト

白銀の意思 アルジェヴォルン 第1話「遭遇」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第2話「目覚め」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第3話「ワンマン・アーミー」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第4話「帰還」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第5話「奇襲」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第6話「走れ、ジェイミー!」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第7話「陸繋島(ベルハルス)」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第8話「再戦」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第9話「約束」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第10話「不在の果て」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第11話「拳(いかり)」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第12話「ナンジョウ・レイカ」
白銀の意思 アルジェヴォルン 特別編 独立第八部隊 激戦の軌跡
白銀の意思 アルジェヴォルン 第13話「青と藍」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第14話「亡霊」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第15話「嵐(シュトゥルーム)」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第16話「凍結」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第17話「敗北」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第18話「訣別」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第19話「決意」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第20話「もうひとつの意識」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第21話「動乱」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第22話「鹵獲」
白銀の意思 アルジェヴォルン 第23話「反撃」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-3292.html
http://zspecium.blog.fc2.com/blog-entry-2933.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/tbs121812-853f.html
http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-648.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-2504.html
http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-3662.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1950.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-2497.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-2290.html
http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-3804.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/bc7bc19ede44decb71c3d8a950e38b25
http://yadobeya.blog.fc2.com/blog-entry-1655.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2014/12/amaburi-12.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-4803.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-2824.html
http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-733.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-3773.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-2589.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Comments

MITSUKI  

>甘ブリ
まあきれいにまとめましたね。
最後の幼稚園児は強引すぎ(笑)と思いましたがそれもありか。
次回はおまけ回のようですので楽しみです。

>アルジェヴォルン
いかにも「続編ありき」のような最終回でした。
暗躍してた連中は残ってますし、戦争も休戦しただけ。
全く不満点がないかと言えば嘘になりますが、これで良かったのではないかと。

トキムネとジェイミーが結局くっつかなかったり
第八部隊から死人が最後まで出なかったり、というのは
やはりこの作品らしい展開だと思えます。

その点、あっさり処理されたカイエンやスグロ。
そして戦うこともできないで終ったリヒトフォーヘンは可哀想だったかな、と。

ともあれ、なんとかまとまりましたし、2クール色々と楽しめました。

2014/12/20 (Sat) 11:21 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

>甘ブリ
>>最後の幼稚園児は強引すぎ(笑)と思いましたがそれもありか。
意表は突かれましたね、入場無料がまさかこんな形で役に立つとはwww
登場キャラの多い作品ですので、次回のおまけ回はどこにスポットを当てるのかが楽しみです。


>アルジェヴォルン
2期が作れるようにはなっていますが、最終回は一種の日常回帰であって続きを主張するものではないのではないかな……と思っています。平和に過ごしている僕らからすれば非日常だし、他では死人が出るわけだけど、あれがトキムネの日常なのだろうなと。「戦っているのに変だけど、第八部隊が俺の居場所」なんでですから。居場所であるためにも、他のメンバーの死人は出てはいけなかったんじゃないかと。
そういう意味では、アルジェの死亡とジェイミーが部隊を離れるという変化があったのはとても意外ではあったんですがw

カイエンやスグロについては「雲の上」ですから、因果応報としても(休戦ですけど)戦後処理としてもあれが適当ではないかな、と思います。リヒトフォーヘンは上で書いたようにトキムネとの対照ではありましたが、ライバルキャラとしては確かに不憫。

放送開始前や序盤は目新しさを感じませんでしたが、実際の所、とても個性的な作品であったと思います。こうしてコメントで語らうことも出来ましたし、見続けて良かった。

2014/12/20 (Sat) 21:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

10 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  甘城ブリリアントパーク 第12話「未来は誰にもわからない!」
  • 最後にモノを言ったのはこれまでの人と人のつながり。 夜分、ミュースちゃんのおばあちゃんが駆けつけてくれたのにはジーンと来た。 身内、知り合い総動員でギリギリ目標達成! ティラミーの奥の手には吹いたww どんだけ浮気してたんだお前^^; スタッフ全員で力を合わせてがんばったのが良かったですね。 第1話からは考えられない結束力。 達成の瞬間はギャグに走ったけどww いすずちゃ...
  • 2014.12.20 (Sat) 04:46 | のらりんすけっち
この記事へのトラックバック
  •  甘城ブリリアントパーク 第12話「未来は誰にもわからない!」
  • 甘城ブリリアントパークの第12話を見ました。 第12話 未来は誰にもわからない! グランディーラ東京の記念試合を招致できたものの、チケットを持っていたものの足を運ばなかった客が想定以上に多かったことで252人を残り3時間で集めなければならないという厳しい状況に追い込まれていた。 入場無料で客を呼び込もうとしても苦戦しており、モッフル達キャストが知り合いに声をかけまくるも...
  • 2014.12.20 (Sat) 05:52 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  甘城ブリリアントパーク 第12話
  • 甘城ブリリアントパーク 第12話 『未来は誰にもわからない!』 ≪あらすじ≫ サッカーの試合会場となったこともあり、開園以来の入場者数記録を更新した甘城ブリリアントパーク。甘城企画の監視の中、入場ゲートには次々と人が通っていく。寝室でラティファは目標人数の達成を祈っているが…。 (公式HP 12話より抜粋) ≪感想≫ 最後はみんなの力で 最後の方は、...
  • 2014.12.20 (Sat) 08:29 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  甘城ブリリアントパーク 第12話 『未来は誰にもわからない!』 ティラミーの体を張った集客に謎の感動。
  • ちゃっけんりつ?着券率というそうです。チケットが完売していても当日都合や具合が悪いなどで、来ないお客さんが居る。でもこれ想定内なんじゃないの。全員来るなんで思ってないでしょう。…思ってないけど、来ない人が予想以上に多かったそうで。 あと3時間で252人!!絶望的ですね。18時から重い腰上げてテーマパーク来る人はまず居ません。だって来るなら朝から一日楽しもうとするじゃないですか。...
  • 2014.12.20 (Sat) 18:48 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  甘城ブリリアントパーク 第12話「未来は誰にもわからない!」
  • 【Amazon.co.jp限定】甘城ブリリアントパーク 第1巻 限定版 (描き下ろし全巻収納BOX・ジャケットカード付) [Blu-ray]『ようこそ甘城ブリリアントパークへ!!!』 原作:賀東招二 原作イラスト:なかじまゆか 監督:武本康弘 シリーズ構成:志茂文彦 アニメーション制作:京都アニメーション 可児江西也:内山昂輝   千斗いすず:加隈亜衣   ラ...
  • 2014.12.21 (Sun) 22:05 | 明善的な見方