ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース26話感想 


 久方ぶりのオフ会に参加。初めてお会いした方も含め、色々普段は会話にしない趣味のことを話せるのは楽しい。お誘いありがとうございました!



ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第26話「「愚者」(ザ・フール)のイギーと「ゲブ神」のンドゥール その2」
©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会
150117_02.jpg
 砂漠で敵に襲われ、窮地に陥る承太郎達。果たして、遠方から自在に攻撃してくるンドゥールのスタンドを打ち破る方法はあるのか。
 ンドゥール戦後半の26話。今回は原作3話分半、70ページほどと普段より多めになっています。サブタイからすると次のエピソードを1話で終わらせるようなので、その分だけ詰め込んであるようですね。

150117_03.jpg
150117_04.jpg
150117_05.jpg
アヴドゥル(さあこれで歩いたように聞こえたろう……)
ンドゥール「フーーーッ なかなか小細工を考えるじゃあないか…」

 このンドゥール戦は「敵の能力の謎解き」に加えて「双方の駆け引き」が重要な要素となっているわけですが、2話構成となったこのアニメでは前者が25話、後者がこの26話というようにきれいに分かれています。原作ではバギーが水に引き込まれ出すところで話の切れ目となっていたのですが、そのちょっと先のバギー転倒まで前回話を進めておいたおかげで、今回はアヴドゥルの策がアバンに収まるようになっている。腕輪を足音に見せかける、という頭脳戦が1番最初に描かれることで、駆け引きと中心とした30分の流れがスムーズに始まるわけです。ンドゥールとアヴドゥルが「聞こえる聞こえる」「チッ!チッ」の時点で汗をかいていることで、互いに神経を使っているのが感じられるのも緊迫感を高めてくれています。

150117_06.jpg
150117_07.jpg
 承太郎が拾ったものが何なのか考えるンドゥールが左手を振る動作もさりげにアニメオリジナル。顔のアップに台詞を重ねるだけでなく、動きとして頭脳戦が感じられる工夫が上手い。

150117_08.jpg
150117_09.jpg
150117_10.jpg
150117_11.jpg
150117_12.jpg
150117_13.jpg
承太郎「どこから襲ってくる…教えろ!イギー てめーも死ぬぜ! ガムはやらねーがなあ」
 承太郎に脅されたイギーがザ・フールで飛行する部分も、描写の補完に加えてより動的なものに。「砂中を走る水」というのがアニメではスピード感を持って描けるため、それに怯えるイギーの様子に説得力が増していますし、その眼前で砂が動く様子も「すわ攻撃か」というミスリードとしての緊張感と共にザ・フールの発動を派手なものとしてくれています。
 よくできているのはこの巻き起こる砂が承太郎を囲むことで彼からのイギーの脱出方法をあいまいながら補完していること(原作では掴まれたイギーが叫んだら次のコマでは既に承太郎から逃げてた)。また承太郎の手元に残されたイギーの砂人形(アニメオリジナル)も変わり身だけでなく、「ンドゥールの攻撃に破壊される」という、一歩遅かったら承太郎がやられていたであろうことを示す役割も担っていたりと、この一連のシーンは原作との比較が非常に楽しいものとなっています。

150117_14.jpg
150117_15.jpg
 あと砂漠がタイミングよく凹んでいるのも、足が着きそうになってからの間を持たせるフォローとして地味に効いているwww

150117_16.jpg
150117_17.jpg
150117_18.jpg
150117_19.jpg
ジョセフ「もはやこの戦い、任せるしかない……承太郎に!」
 いつものこととツッコミもあろうかと思いますが、アヴドゥルの介抱に向かっているだけマシ。原作だと倒れたアヴドゥルがいつの間にかジョセフ達の近くに移動していて、上の台詞も1コマで済まされてるからね!

150117_20.jpg
150117_21.jpg
150117_22.jpg
150117_23.jpg
150117_24.jpg
150117_25.jpg
承太郎「イギーだぜ ほれほれイギーも敵も自分のスタンドを使って防御しないとお互いの体がぶつかるぜ」
 イギーが承太郎を敵に差し出そうとしてからの一連の流れは、純粋に演出がパワーアップしていて実に見栄えします。ンドゥールの手とゲブ神の腕型を重ねるところもそうですが、特にイギーの投擲が素晴らしい。この場面で1度ザ・フールが消えるのは自然なことではあるのですが、「砂でできているので消える時は砂が崩れる」「翼を含めるとかなり横幅がある」ということを利用して、画面いっぱいスタープラチナの背後に何本も砂柱を立てて投擲の勢いだけに任せないリッチな視覚効果を作っているのは恐れ入りました。

150117_26.jpg
150117_27.jpg
150117_28.jpg
150117_29.jpg
ンドゥール「もはや このつえで音を探知する必要は……… なくなったようだがこのつえは帰るときに…………必要」
 しかしこのイギー投擲から決着までって、短い時間に転換が詰め込まれていて本当に見応えありますね。ピンチからの意想外の防御策、と思われたイギーの投擲がンドゥールの探知を逃れるためのもので、と思ったらそれどころかンドゥールに近づくための積極策。そしてそこまで理詰めだったのが最後は互いの速度だけがものを言うガンマンの撃ち合いに変わる。背後まで迫りながらもゲブ神に阻まれて攻撃できなかった承太郎にとって、ンドゥールがゲブ神を攻撃に使う=自分のガードを解く瞬間だけが勝利のチャンスだったわけですが、その合図に杖が倒れゆく瞬間を使うという視覚的緊張感の出し方も素晴らしい。今回はこうした元の良さに加え、「音で作られた視覚イメージ」といった演出が遠く離れた承太郎達とンドゥールをスムーズに繋げ、確かな満足感のある回となっていました。

150117_30.jpg
150117_31.jpg
150117_32.jpg
ンドゥール「「死ぬのはこわくない しかしあの人に 見捨てられ殺されるのだけはいやだ」 悪には悪の救世主が必要なんだよ フフフフ」
 頭撃ち抜いといてよくそれだけ喋られるな、というのは原作の時点でツッコミの対象www 画面が回想に切り替わるのがその違和感をほんのわずかに緩和していますが、この切替を意識してみると回想場面ではンドゥールのしゃべり方が末期のものではなくなっているのが分かります。画面に合わせた演技の変え方、というのが感じられて興味深い。

150117_33.jpg
150117_34.jpg
150117_35.jpg
150117_36.jpg
承太郎「ガ…ガム………だ こ…このくそ犬……ただモンじゃねー……」
 そして帽子ガムのシーンはBGM、イギー初めてのデレ鳴き声(?)、彼の顔をアップにしてニンマリさせての種明かし……と全力で感情を多方向に揺さぶってくるのが先ほどまでの緊迫感から視聴者を解放してくれてとても心地いい。オチが分かってたのにまさかここで一瞬でもイギーに萌えてしまうとは不覚……!

150117_37.jpg
150117_38.jpg
150117_39.jpg
荒木先生漫画家「しかもフルカラーだ!」
 わざわざアニメオリジナルの台詞追加である。確かにアニメでやるなら色付きの方が見やすいけどwww ちなみにこの漫画家は原作ではタバコ吸いながらボインゴの漫画を読んでいましたが、このあたりは単に手間の省略かしらん。なお、原作ではなぜか前輪の修復されたバギー(花京院達を病院に連れて行くより先に直したことになる)に乗ったジョセフ達が事故現場に遭遇していましたが、アニメでは後続のバスに乗ったオインゴ&ボインゴに事故現場を通り過ぎさせることでその因果関係を連想させる締め方となっています。漫画家が乗ったバスの後続は4時間後、というバス会社職員の台詞がなくなっているのはこのためか。さて、次回はいったいどんな強敵との戦いになるのかな!

関連:
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 感想リスト

2013年冬アニメ 視聴予定リスト(1部2部感想リスト)

ジョジョの奇妙な冒険 第1話「悪霊にとりつかれた男」
ジョジョの奇妙な冒険 第2話「裁くのは誰だ!?」
ジョジョの奇妙な冒険 第3話「DIOの呪縛」
ジョジョの奇妙な冒険 第4話「灰の塔」
ジョジョの奇妙な冒険 第5話「銀の戦車」
ジョジョの奇妙な冒険 第6話「暗青の月」
ジョジョの奇妙な冒険 第7話「力」
ジョジョの奇妙な冒険 第8話「悪魔」
ジョジョの奇妙な冒険 第9話「黄の節制」
ジョジョの奇妙な冒険 第10話「皇帝と吊られた男 その1」
ジョジョの奇妙な冒険 第11話「皇帝と吊られた男 その2」
ジョジョの奇妙な冒険 第12話「女帝」
ジョジョの奇妙な冒険 第13話「運命の車輪」
ジョジョの奇妙な冒険 第14話「正義 その1」
ジョジョの奇妙な冒険 第15話「正義 その2」
ジョジョの奇妙な冒険 第16話「恋人 その1」
ジョジョの奇妙な冒険 第17話「恋人 その2」
ジョジョの奇妙な冒険 第18話「太陽」
ジョジョの奇妙な冒険 第19話「死神13 その1」
ジョジョの奇妙な冒険 第20話「死神13 その2」
ジョジョの奇妙な冒険 第21話「審判 その1」
ジョジョの奇妙な冒険 第22話「審判 その2」
ジョジョの奇妙な冒険 第23話「女教皇 その1」
ジョジョの奇妙な冒険 第24話(最終回)「女教皇 その2」
ジョジョの奇妙な冒険 第25話「「愚者」(ザ・フール)のイギーと「ゲブ神」のンドゥール その1」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-3384.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-2581.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/42340038.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2015/01/jojo2-26.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/sctokyomx11626-.html
http://yadobeya.blog.fc2.com/blog-entry-1710.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-7960.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-2379.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2015/01/17 Sat. 19:51 [edit]

CM: 0
TB: 6

top △

« それはしてませんよ!/Gのレコンギスタ16話他2015/1/18感想  |  信じなきゃ!/艦これ2話他2015/1/16感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1241-3c268662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョジョの奇妙な冒険 SC TokyoMX(1/16)#26

第25話 「愚者」のイギーと「ゲブ神」ンドゥール その2 車から放り出された承太郎たち。アブドゥールが腕輪を順に放り投げて歩いたと錯覚させる。それを狙って攻撃する相手をマジシャンズレッドで攻撃する。その直前に考えるンドゥール。どうして5歩だけ歩いて止まっているのだ?罠だと気付いて反転してアブドゥールを攻撃する。 トドメを刺そうとする、その時に走り出す承太郎。イギーを拾い上げて相手の居場所を調...

ぬる~くまったりと | 2015/01/17 20:03

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第26話『「愚者(ザ・フール)」のイギーと「ゲブ神」のンドゥール その2』 キャプ付感想

ジョジョの奇妙な冒険 SC 第26話『「愚者(ザ・フール)」のイギーと「ゲブ神」のンドゥール その2』 感想(画像付) 承太郎のイギーの扱いが雑(笑) イギーもちゃんと報復しますw このクソ犬、いいキャラですね! 新たにイギーを仲間に加えた承太郎たちだったが、水のスタンドの急襲に よって花京院が重傷を負う。 アヴドゥルは姿の見えない敵からの攻撃に対して一計を案...

空 と 夏 の 間 ... | 2015/01/17 22:03
菜の花さんの2次元空間 | 2015/01/17 22:05
誤 真夜中日記ミッドナイトモノローグ | 2015/01/18 05:36

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編 第26話 『愚者(ザ・フール)のイギーとゲブ神のンドゥール その2』 戦いを通して築かれる承太郎とイギーの信頼関係!...は無かった。

息が詰まる。音で判別するスタンドだけに沈黙するジョースター一行。見ている方も息苦しい。アブドゥルの頭脳プレーは中々だったけど、ンドゥールお見通し。花京院に続いて倒されてしまった。 ここで猛然とダッシュする承太郎。アブドゥルを守るためとは言え、何か策があるのか。イギー拾った。敵スタンド使いは遠くてスタープラチナでも見えません。そこで注目したのがイギーの危機察知能力と嗅覚。攻撃される前に逃げてい...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2015/01/18 09:25
アニメガネ | 2015/01/21 22:44

top △

2017-08