FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続5話他2015/5/1感想

<記事内アンカー>
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第5話「その部屋には、紅茶の香りはもうしない。」
パンチライン 第4話「取り憑くシマ模様」


 一寝入りしたら亡国のアキトを見に行かねば(ヽ´ω`)



やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第5話「その部屋には、紅茶の香りはもうしない。」
©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。続
150501_02.jpg
150501_03.jpg
150501_04.jpg
 小町と仲直りした八幡は、どうすれば事態が解決できるか思いを巡らせる。そしてたどり着いた方法は……
 丸く収まったようで小骨のひっかかる第5話。妹に理由を作ってもらって、友人に背中を押してもらって、以前のように結衣を傷つけることもなくて、方法に意外性もある。これだけ揃ってるのに満点回答になってないという苦味……! 他作品なら間違いなく丸く収まっているのに、じんわりとこれも過ちではないかと示しているのがなんともこの作品らしい。結衣の反応がとかく先に出るのがこの加減に効果的で、そこだけ見るととても甘い気分になれる。実際、八幡が今回設定した理由と問題からすればこの方法は確かに理に適っていて、かつ彼にしかできない。そして結衣を悲しませることもない。結衣が言うように、八幡は頑張った。それは間違いなく褒められていい。けれどそれが確かに褒められるものであればあるだけ、設定した理由は雪乃にとって間違っていたのでは……という疑念は心にひっかかってくる。単に八幡の独白だけでなく、サブタイやめぐりの言葉などで暗示しているのが印象的でした。他にも小町の「色々すっ飛ばすから心配」という言葉や「最初のアプローチが間違ってた」という八幡の自省など、各所に暗示的な要素が散りばめられていた感。
 しかし今回の手法、八幡にしかできない手法であると同時に、相手がいろはだからできた手法だというのも面白い。裏表のない子であれば今回の依頼をひっくり返すという奇手は八幡が相手をだまくらかしているということになるのだけど、いろはの場合きちんと計算のできる子なので正に「交渉」になる。いやまあ厳密には推薦人について騙してはいるんだけど。こういう手法そのものがドラマとしてよくできているから、メインである結衣と雪乃の反応も際立ってくるのだろうなと思います。

関連:
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 感想リスト

(1期)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第1話「こうして彼らのまちがった青春が始まる。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第2話「きっと、誰しも等し並みに悩みを抱えている。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第3話「たまにラブコメの神様はいいことをする。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第4話「つまり、彼は友達が少ない。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第5話「またしても、彼は元来た道へ引き返す。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第6話「ようやく彼と彼女の始まりが終わる。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第7話「ともあれ、夏休みなのに休めないのは何かおかしい。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第8話「いずれ彼ら彼女らは真実を知る。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第9話「三度、彼は元来た道へ引き返す。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第10話「依然として彼らの距離は変わらずに、祭りはもうすぐカーニバる。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第11話「そして、それぞれの舞台の幕が上がり、祭りは最高にフェスティバっている。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12話「それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 番外編(最終回)「だから、彼らの祭りは終わらない」

(2期)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第1話「何故、彼らが奉仕部に来たのか誰も知らない。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第2話「彼と彼女の告白は誰にも届かない。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第3話「静かに、雪ノ下雪乃は決意する。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第4話「そして、由比ヶ浜結衣は宣言する。」




パンチライン 第4話「取り憑くシマ模様」
©パンチライン製作委員会
150501_05.jpg
150501_06.jpg
150501_07.jpg
 交際(したい)相手が部屋に来るということで準備に余年のないラブラ。そんな折、遊太は予告動画のリストの1人が死んだことを知り……
 事態混迷、おまけに皆バラバラの第4話。ラフレシアを即座に用意できるとかさすがNSA半端ない……!あれ寄生植物なのにどうやって鉢植えに仕立ててるんだよというツッコミはともかく、前回までと同程度にコメディ展開してた筈なのに気がついたら雰囲気が悪くなっていてCパートでは愛の死……と物語自体が転調を迎えつつあるのが如実に感じられる展開。誰が正しいのかよく分からないという状況に「とにかくフラグ立ててる相手を助ける」という明香とラブラの行動がハマっていて、それでいて2人それぞれの行動だけならコミカルなのに喧嘩別れというシリアスな状況に繋がっていくのが面白い。毎度統一感のないサブタイ表示画面も、次回予告分まで出していたこの4話は最初と最後のギャップをより引き立てていた印象。ただこの急変、ばら撒いてる伏線も含めて「間」はちゃんと繋げてくれるんだろうか。

関連:
パンチライン 感想リスト

パンチライン 第1話「パンツパニック」
パンチライン 第2話「生類憐みのレース」
パンチライン 第3話「火星人、襲来!」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-3738.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5838.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-1762.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/tbs43005-b38b.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-2891.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3762.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-3039.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-2696.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-3482.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment

5 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  それでも彼ら求めるモノには届かない【アニメ やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 #5】
  • 【Amazon.co.jp限定】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第1巻(初回限定版:渡 航書き下ろし文庫小説・サントラCD同梱)(早期購入特典:特製ブックカバー付)(全巻購入特典:「全巻収納BOX」引換シリアルコード付)[DVD](2015/06/24)江口拓也、早見沙織 他商品詳細を見る アニメ やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-続- 第5話 その部屋には、紅茶の...
  • 2015.05.02 (Sat) 07:24 | 腐った蜜柑は二次元に沈む
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック