Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

二十面相は死なない/乱歩奇譚5話他2015/7/31感想

<記事内アンカー>
アクエリオンロゴス 第5話「取り戻せ!俺たちの夏」
乱歩奇譚 Game of Laplace 第5話「芋虫」


 空が白い、目も白いorz



アクエリオンロゴス 第5話「取り戻せ!俺たちの夏」
©2015 SHOJI KAWAMORI,SATELIGHT/Project AQUARION LOGOS
150731_02.jpg
150731_03.jpg
150731_04.jpg
 七夕祭りの特別賞で海に行けることになったものの、人数は3人のみ。厳正なじゃんけんの結果、チケットを手にしたのは……
 水着が見たい第5話。噛ませ犬役を果たした野郎どもに陽の目を!女性陣には水着を! 性別で置かれた状況を分けることで他ではできない状況をやってのけるシチュエーション×2が楽しい。水着で目が血走る土聞もスク水好きと叫ぶ翼人も女性パイロット陣がいればドン引きものなのだけど(というかショウコ以外もオペ陣はいた筈だが、今回華麗にスルーされてたな)、いないからこそこの欲望まみれのカミングアウトができる。一方の女性陣は3人が水着を見たいと熱望している時に全裸で4人で押しくらまんじゅうとか、これまた男性陣がいたら絶対できないことをしてるし……! これの後だからオチの夕日に水着男3人も夢の跡っぽくて笑えるんだよなあ。
 陽も今回は直接的な出番は他のキャラに譲りながら、かたや舞亜と心音の認識のズレた修羅場の対象、かたや彼が水着に執着するという力技のロジックそのものでそれぞれ存在感を失っていないのが印象的。救世主台詞も言っている(筈の)回数なら今回はむしろくどいくらい多いにも関わらず、途中でカットすることで飽きさせないのが実に楽しい。アクの強いキャラクターデザインもパーツに集中して描くにあたってムッチリさ加減が相性がよく、色々な意味ではっちゃけた回だった印象。

150731_05.jpg
<審査>
肉体美:+50点
水着:+30点
スク水:+-0点
名札:+10点
眼鏡外し:-100点

合計:-10点

 チェンジ。司令じゃなくて店長で。せっかく眼鏡のフレームが普通になったのにこの仕打は酷い。

関連:
アクエリオンロゴス 感想リスト

創勢のアクエリオンEVOL
アクエリオンロゴス 第1話「叫べ!創声合体」
アクエリオンロゴス 第2話「照らせ!意志の光」
アクエリオンロゴス 第3話「響け!私だけの夢」
アクエリオンロゴス 第4話「放て!心射る矢」




乱歩奇譚 Game of Laplace 第5話「芋虫」
©乱歩奇譚倶楽部
150731_06.jpg
150731_07.jpg
150731_08.jpg
 二十面相の模倣犯だったカガミ。彼が凶行に及んだその経緯とは……
 カガミ独壇場の第5話。初見時は4話から続くあらすじの意外性のなさにガッカリしたのですが、そうした内容ではないことを念頭に見返してみると、そのことに意味があるように感じられました。むしろカガミが犯人であることに意外性、すなわち話の焦点が合ってはいけなかったのではないかなと思います。

 前回書いたように、カガミには類例のキャラに見られるような下積みの時間は用意されていませんでした。1~3話で描かれた人物像にしても「正義感の強い良い人」という薄味のもの。これはカガミという「1人のキャラ」を浮き上がらせてはくれないわけですが、逆にその曖昧さ故に彼は容易に視聴者と感情を共有する存在になれる。その感情とはもちろん、「罪を犯しても裁かれない犯罪者への憤り」。これがカガミが犯人であることを突き止めるまでに意外性があればそちらに目を奪われてしまうのですが、実際には1~3話の時点で「カガミが犯人であると思える伏線」が露骨なのでそこに目が向くことはありません。本物の二十面相に唆されるといった新たな驚きなどはない。殺されるために出てきたとしか思えない妹は殺される。今回視聴者は何をどうやっても、ドラマとして唯一残されたカガミの感情と向き合う以外の選択肢がないのです。
 それに加えて、実際のところ1~3話の彼はどこまでも誠意に満ちた行動をしている。4話のナカムラの「休んだほうがいい、こんな時ぐらい」という言葉と着信のない携帯電話、そして「妹を殺されたことで不眠不休で断罪に走った」ことから、スガによる妹の殺害は3話のBパートとCパート(二十面相の仮面を取る手)の間に起きたことが分かります。すなわち、何度か描かれた「顔の見えない妹からの電話」は別に既に死んだ妹の声を幻聴したり演じていたわけではないし、3話のワタヌキの再犯に対する言及もあの時点では彼に私刑を加えようと思っての言葉ではない。いかにも胡散臭げな伏線は、全て彼の嘘偽りない本物の言葉だったわけです。今回の話に意外性があるとするならむしろ、「カガミが犯人であると思える伏線」が実は「カガミが犯人に変化する伏線」だったことにあると言えるでしょう。
 そうしたこれまでの組み立てと、独自の視点を持てるコバヤシやアケチの今回は沈黙を守る姿勢、そして30分かけて描かれていくカガミの過去によって、視聴者は更にカガミの憤りに感情をのめり込ませていく。ワタヌキへの「断罪」を喝采する人の心には、既に二十面相の欠片が滑り込んでいる。単純なあらすじと裏腹に、感情を動かす事に長けた作りが印象的な回でした。

 ただこの扇情的な作りからは、作中で提示されたものを鵜呑みにすることの危険も感じます。「医療観察法」「再犯率と再犯者率」……などなど、憤りを感じる人は色々と調べてみると良いのではないでしょうか。

 しかしこれ、二十面相が本物の影がほとんど見えない内に概念と化しちゃってるがどう決着付けるのかしらん。

関連:
乱歩奇譚 Game of Laplace 感想リスト

乱歩奇譚 Game of Laplace 第1話「人間椅子(前編)」
乱歩奇譚 Game of Laplace 第2話「人間椅子(後編)」
乱歩奇譚 Game of Laplace 第3話「影男」
乱歩奇譚 Game of Laplace 第4話「怪人二十面相」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4002.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/game-of-lapla-4.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-2968.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-3164.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3829.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/44952143.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-4116.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-11984.html
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-1478.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2251.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2738.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-3930.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-8209.html

4 Comments

MITSUKI  

>アクエリオン
今回は今までの中で一番面白かった印象ですね。
男性陣が色々とはっちゃけていました。
合体すると火の鳥というのも意外性で良し。

さくらこ店長も良かったですよ!

2015/08/01 (Sat) 13:20 | EDIT | REPLY |   

tara  

>殺害は3話のBパートとCパート(二十面相の仮面を取る手)の間
あ、成程。読み込みが浅かったです(^^;)
1~3話、観直してみなくては…

再犯率や不起訴のくだりは「この物語はフィクションです」のお決まりテロップを赤字で流す必要がありそうな煽りっぷりでしたね~

2015/08/01 (Sat) 18:00 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

一緒だとどうも女性陣に描写が割かれがちだった分、今回は目立ってましたね男性陣。
機械とは思えぬ軟体合体で火の鳥も確かに笑いましたw
しかし男火魂の叫びはどこからどこまで必殺技なんでしょう。漢字からすれば「熱き男の血潮ファイヤー」全部でいいんだろうかw

店長は……今回の眼鏡かけてくれるだけで100点なんですけどね(´・ω・`)

2015/08/01 (Sat) 23:41 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>taraさん

>殺害のタイミング
僕も他所の感想で気付いたのですが、1~3話のカガミは妹からもらったネクタイ、4話は別のネクタイをしてたりします。こういう細かいところは見ていて面白いですねー。
ただこのエピソードの持つメッセージについては、想像を具現化したような犯罪者像への嫌悪もあって正直承服しかねます……

2015/08/01 (Sat) 23:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

8 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  乱歩奇譚 Game of Laplace 第5話 「芋虫」 感想
  • 重い話でしたね。 いろいろと考えさせられます。 かつて次々と現れた仮面の男たちは皆、法で裁けぬ犯罪者を追い、 見返りを求めずに被害者の恨みを晴らしていました。 それは違法なことなのですが、人によっては英雄的行為とも取れました。 仮面を手にすれば誰もが怪人二十面相になれるのです。 凄惨な事件を巻き起こした犯人から恐ろしい真相が語られます。 なぜ彼は怪人二十面相になってしまった...
  • 2015.08.01 (Sat) 07:33 | ひえんきゃく
この記事へのトラックバック
  •  【乱歩奇譚 Game of Laplace】 第5話『芋虫』 キャプ付感想
  • 乱歩奇譚 Game of Laplace 第5話『芋虫』 感想(画像付) サブタイの意味が嫌すぎる…。 正義感が強いゆえに、闇に落ちたカガミ警視。 法では犯罪者を裁けない矛盾、ノイタミ枠らしいテーマですね。  
  • 2015.08.01 (Sat) 08:08 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  乱歩奇譚 Game of Laplace フジ(7/30)#05
  • 第5話 芋虫 カガミ警視の取り調べ。両親を失って妹の時子と二人きりの生活。妹は大学生で服飾デザインを学んでいた。キャリア官僚のカガミはナカムラの下で経験を積む。世の中の事件を調べるうちに悲しみが増えていることを知る。人を守る仕事に誇りを感じていた。先日、カガミが逮捕した通り魔殺人犯は心神耗弱で責任能力が ないと判断され不起訴となった。措置入院後に釈放となる。しかしその通り魔は再び殺人を犯した...
  • 2015.08.01 (Sat) 10:02 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  乱歩奇譚 Game of Laplace 第5話「芋虫」
  • 第5話「芋虫」 怪人二十面相となったカガミの動機が語られる。 中の人が同じなの亜門さんと重なって仕方ないわw
  • 2015.08.01 (Sat) 10:13 | いま、お茶いれますね
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  (アニメ感想) 乱歩奇譚 Game of Laplace 第5話 「芋虫」
  • 投稿者・ピッコロ ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日22時と金曜日21時半より アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!
  • 2015.08.05 (Wed) 21:00 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人