Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

お待たせしました!/ドラゴンボール超6話感想


ビルス「超サイヤ人ゴッド、君はどこにいるんだい……」
ベジータ「お待たせしました! たこ焼きピラミッド盛りです!」

 そっちも確かに待ってはいるんだがwww



ドラゴンボール超 第6話「破壊神を怒らせるな! ドキドキ誕生日パーティー」
© バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
150817_02.jpg
150817_03.jpg
150817_04.jpg
 悟空を一蹴し、超サイヤ人ゴッドの情報を得るため地球へやってきたビルス。界王からその事を聞き、ベジータの脳裏に蘇った記憶とは……
 ビンゴダンスありませんの第6話。2話で悟空へのライバル心を再度描いてみせていたので、ベジータを怯えさせるには一幕必要だよなと思っていたのだけど、劇場版より丁寧に心を折りにいっているのが印象的。劇場版同様にベジータ王の頭を踏みつけていた時の記憶を蘇らせるだけでなく、「再会時に「お前はもう死んでいる」をやってのける(前回の「神の気を読めない」というのはこれの伏線か)」、「金縛りを幼少時にも受けており、それがビルスに関する記憶をトラウマとして強化する」という要素が加わるので、ベジータがプライドを捨てるのも自然に感じることができました。こんな強烈な記憶今まで忘れてたんかいというツッコミはあるが。
 今回はビルスが強さを示すにあたって、船上という舞台を考慮して打撃を使わない描写が多用されていますね。前述のベジータとの再会での「お前はもう死んでいる」「金縛りで地面に這いつくばらせる」もそうですが、いよいよブウに激怒した際も殴り飛ばすようなことはせず、ぶん回しで文字通りのボロ雑巾にしてから船外へ放り出して気功波を放っている。これで十分強さのイメージが維持できているのだからよくできている。2回ブラフを重ねた後でベジータ王相手に怒った時と台詞を重ねることでラストの怒りが決定的なものであると示す点や、ビンゴダンスを迷曲「ベジータ様のお料理地獄!!」を彷彿とさせるたこ焼き作りに差し替えたことなど、引き伸ばしにあたっての工夫が上手くされていたように思います。しかしあの曲、お好み焼きじゃなくてたこ焼き編あるの?ほんとに?www

関連:
ドラゴンボール超 感想リスト

シーズン外アニメ感想「ドラゴンボールZ 神と神」
映画感想「ドラゴンボールZ 復活の「F」」

ドラゴンボール超 第1話「平和の報酬 1億ゼニーは誰の手に!」
ドラゴンボール超 第2話「約束のリゾートへ! ベジータが家族旅行!」
ドラゴンボール超 第3話「夢の続きはどこだ! 超サイヤ人ゴッドを探せ!」
ドラゴンボール超 第4話「目指せドラゴンボール! ピラフ一味の大作戦!」
ドラゴンボール超 第5話「界王星の決戦! 悟空VS破壊神ビルス」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-3239.html
http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-5464.html

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック