Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

映画感想「「たまゆら~卒業写真~」第2部 響 -ひびき-」


 新宿ピカデリーで 「「たまゆら~卒業写真~」第2部 響 -ひびき-」を視聴。公開は先週土曜でしたが、その時は艦これの夏イベントE-7で手一杯だったので……w 手元に2週目の入場者特典の楓の学生証があるので、そういえば前回も見に行ったのは2週目だったか。



<映画感想「「たまゆら~卒業写真~」第2部 響 -ひびき-」>

 1時間の映画としての基本構成は前回同様の30分×2話構成。今回はのりえとかおるをメインとした内容になっています。もちろんテーマは進路に関する話なのですが、のりえのそれは「諦められない道」、かおるは「やっと見つけた道」。同じ進路を決める話でも対照的なのですが、そこに過度のドラマ的構成を感じさせないのが素晴らしい。以前マジェプリの最終回の感想の最後で書いたことと重なりますが、単純な類型にはめ込んで終わりではない「のりえだけの物語」「かおるだけの物語」がここにはあります。1時間を作るためのパーツであるより先に彼女達だけの物語としての完成度の高さがあって、それが結果として作品全体の心地よさに繋がっている。これはもう、数年間に渡って作られている本作の積み重ねのおかげとしか言いようがありません。
 泣いている楓を慰めるために小さい頃にかおるが遠出しようとしたという思い出話は「ああ、そうだよね。かおるってこういう子だよね」と、初めて見る話への驚きと同時に不思議な納得があるし、一方でのりえは初めてしっかりと描かれた兄との関係がすんなりと胸に入ってきて、より深いところで彼女を知ることができたと感じることができる。皆この世界の中で「生きて」いるんだよなあ……と改めて感じました。

 そうした抑えた作為性の一方で、「3ヶ月毎に公開する映画の2回目」らしい工夫を感じるのが作品の主人公である楓の存在。前回は2期から1年半ぶりの「たまゆら」の世界に戻るため、彼女の語りから始まる冒頭と「進路」という指針で存在感が示されていたわけですが、それからまだ5ヶ月しか経っていない今回は楓は目立つ必要がなく、のりえの物語とかおるの物語に集中してスポットが当てられています。でも完全に脇役だけで終わってしまうとやはり寂しさも出てしまうわけで。彼女のカメラは、のりえの物語の「スイーツ食べ納めフェア」の準備を撮影する形で演出として大きな意味を担っています。
 のりえが香とこまちと3人でミキサーを回す様子をパシャリ。オーブンを眺める様子を後ろからパシャリ。こうした準備の様子を撮影するシーン、単純に場面場面を切り取った美しさに「たまゆら」という作品ならではの気持ちよさがあるのですが、同時にこれ、準備の様子を見ている兄が「心の中の写真」を思い出す演出の呼び水にもなっているのですよね。ケーキを作ろうとしているのりえの横でいちごをつまみ食いしてしまったこと、段々と上手になっていくのりえのスイーツ作りをいつも見てきたこと、受験の時に作ってもらったスイーツに随分と励まされたこと……兄の中にある、言葉にしてしまったらいくら語っても尽きないであろう思い出が、わずかな描写の中で描かれることでむしろ万感の思いを持って伝わってくる。だからその後で彼が紡ぎ出す言葉に30分以上の重みがある。物語としては「写真の撮影」と「兄の思い出」は全く関わらないのにアニメとしては完全にセットになっていて、そこに楓の存在感も込められていることに演出の妙味を感じました。
 次回は3ヶ月後、11/28公開。彼女達と同じように迎える秋を、楽しみに待ちたいと思います。

関連:
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第1話「おかえりなさいの一年に、なので」
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第2話「どきどきの新しい一歩、なので」
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第3話「写真部 本格始動、なので」
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第4話「特別な場所、特別な想い、なので」
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第5話「明日のためにレッツフォト、なので」
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第6話「もう届かない笑顔を訪ねて、なので」
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第7話「ついに、みんなで来たよ!なので」
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第8話「あの日の遠い約束、なので」
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第9話「心に灯す竹あかり、なので」
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第10話「いつかくるその日まで、なので」
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第11話「今年もありがとう、なので」
たまゆら~もあぐれっしぶ~ 第12話(最終回)「そして…旅立ちの季節、なので」

映画感想(「「たまゆら~卒業写真~」第1部 芽-きざし-」)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://diconoir.blog94.fc2.com/blog-entry-1548.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-4161.html

0 Comments

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  たまゆら~卒業写真~ 第2部 響-ひびき- 感想
  • たまゆら~卒業写真~ 第2部 響 -ひびき- 観に行ってきました! 劇場へ見に行くと、近々上映予定の作品の予告編が流れるじゃないですか。 そこで『心が叫びたがってるんだ。』の予告編を見て、まだたまゆら始まってもいないのに泣きそうに…。これは絶対観に行かねば!!と。水瀬いのりさんの演技が楽しみです。主人公?の男の子が折木奉太郎にしか見えません(汗) 9月19日公開。 で、たまゆ...
  • 2015.09.05 (Sat) 19:19 | くろくろDictionary
この記事へのトラックバック
  •  たまゆら ~卒業写真~ 第2部 「響-ひびき-」 感想
  • 本日から2週間限定で劇場公開された第2部。 前半はのりえ、後半はかおをメインに進路についてのストーリー。 のりえは兄が、かおるはさよみとそれぞれ身近な少し年上の存在が 重要な役割を果たしているという点も比較して面白かったですね。 校内でも、卒業後の進路についての話題が増えてくる高校3年生の初夏。 ある出来事をきっかけに、のりえが「スイーツ封印」を宣言。 大好きなスイーツを食べ...
  • 2015.09.05 (Sat) 20:38 | ひえんきゃく