それでもあの人に/コンクリート・レボルティオ3話感想 


 毎度想像を超えてくれるなあ。



コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第3話「鉄骨のひと」
©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会
151019_04.jpg
151019_05.jpg
151019_06.jpg
 柴来人は悪の組織に命を奪われ再生された機械の刑事である。空港などでの連続爆破事件を追っていた彼は、遺留品のほとんどを超人課が持っていったと聞きそこを尋ねるのだが……
 正しいって、間違いって何だろう。第3話。今回冒頭の28年ぶりに帰ってきた日本軍兵士……というのは1972年帰国、「恥ずかしながら帰って参りました」の横井庄一氏の話がモチーフですね。2年後にはもう1人、より軍人的な小野田寛郎という方が帰国されたというのを不勉強にして初めて知りました。その辺りにも今回で終わらない謎を含ませつつ、今回は自我と正しさと、そして1つの感情のお話。

 人吉博士は人造人間である乙號丁號の全てをプログラムされたものだと語り、故に彼らの行動に「自我」を認めない。自我のない思考は「偽物」である、という理屈がここで示され、逆に自由思考体として肯定された来人もそれ故に美枝子(乙號)の馨(丁號)への愛を否定するわけだが、ここには1つの問題が残る。即ち、自我のある思考は間違いを犯さないのかということ。
 結果として見れば来人は乙號丁號の合体を爆弾への変化と見誤り、信じる正義は6年の間にテロリズムへと姿を変え、彼は道を誤り続けた。それを否定するのが「教えられたままの」という意味でけして間違えない機械の思考であるというのが皮肉。そしてまた、機械そのものである人造人間メガッシンに否定されるのが機械でありながら人間を模擬演算する来人であるというのがヒーローごった煮世界の面目躍如、というよりそうした世界だからできるドラマであるというのが実に素晴らしい。もちろんその構図には、正体は不明なれど確かに人間である爾郎ですら既に正義でないという事実も外せない。

 そしてこの3話で1番のポイントと言えるのは、今回の話は「愛」と「正義」が巧妙に入り混じっていること。爾郎は当初、美枝子と馨の愛を「機械の愛だ(自我に目覚めた)」と評したが人吉博士はそのように作られたものだと否定し、同様に来人は「偽物の愛だ」と何度も語る。けれど輝子は人間だって誰かを「愛」するように設計されていると言う。それは「正義」だと思うと言う。そこにそもそも自我の有無は関係ないのだと。だから爾郎は6年後、機械に何が分かるとのたまう来人に言い放つ。「機械じゃない、正義だ!」……この場面の「正義」という言葉は、「愛」と同義語なのですね。美枝子の馨への愛は、偽物なんかじゃなかった。間違いじゃなかった。
 一方で来人は、同じように愛を抱えながらやはり間違う。42年の彼は、自分が破壊するという名目で「超人課にも誰にも渡さない」と宣言し、自分より遥かに体格に勝るエクウスを押し返した。「僕となら爆弾にはならない」……基本設計が丁號と同じであればこそ、彼のこの言葉には愛が宿っていたはずです。けれど、6年後の来人は美枝子を「自分勝手な理由で破壊行為を行う」ために利用する。いざ2人が爾郎に合体を促されると「やめてくれ!」と叫ぶ残滓をにじませながらも。そして、自分の愛も正義も否定されても止まることはできない。
 何かね、来人は自分自身が言うようにもうどうしようもなく「人間」なんだなと思います。テロリストになっていたのはショックでしたが、彼は一体どんな結末を迎えることになるんだろうなあ……

関連:
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 感想リスト

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第1話「東京の魔女」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第2話「『黒い霧』の中で」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://yaplog.jp/tiwaha/archive/51
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2015/10/post-2a3f.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2015-10-20-2
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2015/10/20 Tue. 00:40 [edit]

CM: 5
TB: 2

top △

« てーきゅう63面感想  |  小森さんは断れない!3話感想 »

コメント

今更気付いた。
EDに出てくるスペースシャトル、隣の市の駅前のパチンコ屋だ。
http://websta.me/location/83133923?lang=ja
「みんな!エスパーだよ!」にも出たんだよ。

小野田さんとか知らない世代かぁ…。

旧日本軍のロボット兵士とか割とよくある題材(鉄人28号とかね)ですが、それをどう取り扱うかが見所でした。
男性型と女性型が合体(黒コマに明朝体ではなく)するのはありそうで意外になかった。
こんなモン作れるのになんで負けるんだ?(一体二体ならなんとかなるけど量産はそうは上手くいかないから)
つか、あの女の子がロボットだったとか、最初分からなかったよ。
こんなモン(ry

まだ3話と言う事でキャラ紹介的な一面もありますが、それでここまで見せる。
今回は「俺たちの戦いはこれからだ」みたいな終わりを迎えましたが、これが今後どのように繋がっていくのか。
話が一段落付いたら一度まとめて見たいところですが、今の自分にそのような時間の余裕が果たしてあるのか…。
あ、25本と言っても5分アニメもありますから(それでも多いのは変わりない)。

ロゴ #Mz.nJuUI | URL | 2015/10/22 00:22 * edit *

>ロゴさん

>EDに出てくるスペースシャトル、隣の市の駅前のパチンコ屋だ。
おお、こんなもの飾ってるパチンコ屋があるとは。なぜこんなオブジェをw 検索したら確かにそのドラマにも出ていたという記述が。

>小野田さんとか知らない世代かぁ…。
横井さんも知ったのは確か成人してからでした。2chのスレッドなど見ていると、かなり細々したものが史実を元にしていることが分かってびっくりしています。

>こんなモン作れるのになんで負けるんだ?
あちらさんにもキャプテン・アメリカとかいますから、という返しまでお馴染みでしょうかw
男女での合体はウルトラマンエースを思い出しますが、ロボットでというと僕の本当にか細い知識では浮かびません……モチーフが複合的で話も複合的。よく破綻しないものです。

>まだ3話と言う事でキャラ紹介的な一面もありますが、それでここまで見せる。
超人という「モチーフのある設定」と、2つの時間軸という「ドラマのピックアップ」がこれだけの作劇を可能にしているのだと思いますが、それを使いこなしてしまうのが本当にすごい。
1話で普通の30分の何倍もの情報量が収められていることに毎週驚かされています。
僕もあまり時間はありませんが、見返したいですねー。音楽関係はもう全て買うことに決めましたし、この勢いなら好きなアニメ10選を更新することになりそうです。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2015/10/22 22:44 * edit *

エクウスがエクレウスになってます。

この回がなかったら僕はコンレポにハマっていなかったかもしれません。

初めて観た時は期間限定配信で視聴していた特捜ロボジャンパーソンという作品について考えたテーマを思い出し、ある動画サイトで久しぶりにラスト近くの場面を観て(やっぱ俺はこの作品が大好きなんだな。)と思うことが出来てよかったです!!!!!

もしスピンオフをやるなら探偵になったばかりの柴さんの活躍をハードボイルドに描いた小説を読みたいです(苦笑)

シンジン #- | URL | 2015/12/27 16:51 * edit *

PS 帰還した日本兵がもう一人いたのを僕も初めて知りました。

シンジン #- | URL | 2015/12/27 17:03 * edit *

>シンジンさん

誤字のご指摘、ありがとうございます。修正しました。
この回は本当に傑作ですねー。よくこれだけのテーマを30分に詰め込めたものだと思います。

メタルヒーローは正直あまり記憶に無いのですが、ジャンパーソンというのは完全に機械のヒーローなのだそうですね。となると、テーマ的に重なるところもあるのかな。

柴の「鋼鉄探偵」というのは元ネタの1つであろうエイトマンが普段は探偵業をしていたことから来ているもので、指名手配犯の彼が普段探偵業をやっているわけではないんじゃないかなーと思いますが、彼主人公の短編は見てみたいですね。

帰還兵など、調べると当時の世相が様々にリンクしていてまた面白いですね。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2015/12/27 21:21 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1513-330a43f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第3話「鉄骨のひと」

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第3話「鉄骨のひと」です。 『コンクリー

藍麦のああなんだかなぁ | 2015/10/20 06:31
ゴマーズ GOMARZ | 2015/10/20 17:07

top △

2017-08