帰ってくるのよ/うしおととら18話感想 

151031_09.jpg
 今更ながら「弱酸性ミリオンアーサー」がアニメ化することを知る。ゲームはやってないんですがあいまいみー好きなら楽しめますかね。




うしおととら 第18話「復活~そしてついに」
©藤田和日郎・小学館/うしおととら製作委員会
151031_06.jpg
151031_07.jpg
 「くしけずられる」ことで少しずつ人間へと戻りだすうしお。果たして麻子たちは、彼を救い出すことができるのか。
 人間へと戻る時。そして帰る時はお預けの第18話。「相棒」と「ヒロイン」は時として境界線が曖昧になるものですが、両方を同時に描きつつしっかりと分けた作りが心地よい。そして同時に、うしおにとても優しい。
 うしおのために麻子が危険を顧みず奮闘する姿はとても感動的なのだけど、それは同時に、小夜が言うようにうしおを深く傷つけることにもなる。自分のせいで誰が傷つくことに、あんなに心を傷めてきたうしおなのだから。だから麻子達は、うしおが自分達と「夢の中で」再会したと思っているならあえてそれを壊そうとしない。うしおが彼女達を危険という非日常に巻き込みたくないからこそ、麻子は自分達が日常という枠を飛び出したことをうしおには秘密にする。この図式、「日常世界で過ごすヒロインを巻き込みたくない主人公」のまるっきり裏返しなのですよね。そしてその間を繋ぐのが非日常における「相棒」で、真由子と繋がりのあるとらだというのがまた面白い。単純なコンビという以上に、とらはうしおにとって重要な存在になっているんだなあ……彼が独自で繋がりを持つ相手にしても、麻子ではなく真由子であることで広がりができているのだなと思います。「おかえり」と「ただいま」をお預けにすることでうしおの「帰る先」を明確にする姿勢を始め、劇的でありながら同時に象徴的な回でした。

151031_08.jpg
 なお日常/非日常という意味で、うしお自身がどう見ているのかはともかく、白面の者を倒すという「非日常」から出会った日輪と純が麻子たちとは別の立場になるのに改めて納得。そして夢心地の中での触れ方が日輪だけ他と違っているのも微笑ましくも楽しい。そう、怖い顔して必死で結界張ってたんだぞ彼女は。

関連:
うしおととら 感想リスト

うしおととら 第1話「うしおとらとであうの縁」
うしおととら 第2話「石喰い」
うしおととら 第3話「絵に棲む鬼」
うしおととら 第4話「とら街へゆく」
うしおととら 第5話「符咒師 鏢」
うしおととら 第6話「あやかしの海」
うしおととら 第7話「伝承」
うしおととら 第8話「ヤツは空にいる」
うしおととら 第9話「風狂い」
うしおととら 第10話「童のいる家」
うしおととら 第11話「一撃の鏡」
うしおととら 第12話「遠野妖怪戦道行~其の壱~」
うしおととら 第13話「遠野妖怪戦道行~其の弐~」
うしおととら 第14話「婢妖追跡~伝承者」
うしおととら 第15話「追撃の交差~伝承者」
うしおととら 第16話「変貌」
うしおととら 第17話「カムイコタンへ」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-5667.html
http://yaplog.jp/tiwaha/archive/109
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-4250.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2015/10/31 Sat. 16:12 [edit]

CM: 0
TB: 2

top △

« 少し楽になった/蒼穹のファフナー EXODUS18話感想  |  不思議なソメラちゃん4話感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1536-4809e4ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うしおととら TokyoMX(10/30)#18

第拾八話 復活~そしてついに 勇が陸上部の健脚を利用して壊れかけた橋を梳りに向かう。 終わったら皆で一晩中大騒ぎしようね。 勇の到着に合わせて結界を解く日輪と純。 勇が髪を梳ると一瞬、うしおの顔が現れるが、すぐに戻ってどこかに向かう。 橋が砕け落ちて櫛を受け取ろうとする真由子を助けるとら。 麻子も実は会っていることを思い出して礼を述べる。 とらちゃんは良い人なのよとペット扱いの真由子。 ...

ぬる~くまったりとII | 2015/10/31 22:09

うしおととら 第18話 「復活~そしてついに」 感想

やっぱり潮ととらのコンビが一番ですね。 お似合いの二人です(笑) 霊体「ジエメイ」に導かれカムイコタンに集結した麻子たち、 そして潮の父紫暮をはじめとする光覇明宗の面々。 紫暮は、獣化してしまった潮を元に戻すためには、須磨子の 櫛で潮の魂に触れたことのある麻子らそれぞれが髪を 梳かねばならぬと続けた。 だが、獣の槍破壊の為に向けられた白面の刺客、 婢妖の大群も槍を持った潮...

ひえんきゃく | 2015/11/03 00:42

top △

2017-08