Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

見せ場は譲ってやるよ/機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ5話感想


 今回は話のラインがシンプルだなー。



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第5話「赤い空の向こう」
©創通・サンライズ・MBS
151101_14.jpg
151101_15.jpg
 クーデリアを地球へ送り届けるため、いよいよ宇宙へと上がる鉄華団。しかし、案内をするはずのオルクス商会は裏切っており……
 裏切りの中の絆、第5話。冒頭、オルクスは語る。「商売ってのは信用が売り物だ」。この「商売」は「仕事」に置き換える形で今回のキーワードとなっています。まずもってこのオルクス自体が二枚舌の象徴のようなキャラで、全方面に渡って裏切りまくっている。商売相手の鉄華団を裏切ることは前回の時点で視聴者の想像の範囲内ですが、手引をしたトドをもオルクスは裏切る。更にはギャラルホルンがクーデリアを殺すことに意味があるとコーラルに釘を刺されたにも関わらず、恩を売りつけるために自分達でも発砲する。もちろん裏切っているのは彼だけではなく、トドは鉄華団を裏切っているしコーラルはマクギリスを出し抜こうとする。マクギリスはマクギリスでコーラルの狙いを読みつつも自分達の思惑のためにそれを利用する。正に信用なんてあってなきがごときものです。
 そしてこの裏切りの連鎖の中で、オルガは身中の虫であるトドの行動をしっかり読んでいる。「これまでにお前が信用に足る仕事をしたことがあったか」……この言葉は、誰も彼も信用できない事態をバッサリ切り捨てるものであると同時に、彼には「信用に足る仕事をする仲間」がいることを示す描写でも有ります。それはもちろん、ある意味で彼の一部である三日月だけではない。
 1人は「時間通り、いい仕事だぜ昭弘!」……オルクス商会の裏切りを予想したオルガの指示に応え、イサリビで駆けつけた明弘。もう1人は「俺らに黙って船まで用意しやがって。俺にも仕事させろ!」……小惑星に打ち込むアンカーを爆破するという自殺行為同然の役割をオルガに代わって買って出るユージン。裏切って出し抜くのが当たり前のこの状況で、鉄華団の面々が「信用」に足りることをしていくのが非常に対照的で、だから爽快。トドをギャラルホルンに送り飛ばした時の「お前らの仲間らしいから、お前らでケジメをつけろ」というのも、鉄華団以外が「裏切り仲間」であることを示しているわけですね。またトドとは逆に、これまではCGSの「所有物」だった昭弘が「仲間」としての初仕事に「疲れた……」と心地良さそうにつぶやいているのも印象的でした。

151101_16.jpg
 こうしたドラマ的な気持ちよさに加え、今回は前回お預けだったMS戦もたっぷりで映像面でも抜かりない。人間とMSを直接接続する阿頼耶識システムというインターフェースにより、ガンダム・バルバトスは生身の人間のような動きができる……という説明がされたわけですが、これが自在に動ける宇宙空間だからこそその動きが映える、というのが素晴らしい。MSの地上戦って重厚感が「付きまとう」から、動きの描き方にどうしても制約が出てしまうのですよね。弁慶の攻撃をひらりひらりとかわす牛若丸……みたいなことは「人間を模倣した重量物」であるが故にできない。けれど宇宙空間という重力のない世界、そしてMSを「人間の延長としての重量物」にする阿頼耶識システムの組み合わせならばその壁が突破できる。遠距離兵器があまり効果を発揮せず接近戦が決定打となる本作の設定も合わさって、これまでとはまた違った迫力を味わわせてくれるバトル回であったと思います。

151101_17.jpg
 しかし爆発の中でアンカーに捕まって帰投するユージン、この生還劇は神技と言って差し支えないんじゃなかろうかwww

関連:
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話「鉄と血と」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第2話「バルバトス」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第3話「散華」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第4話「命の値段」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3270.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2450.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-5534.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2015/11/gtk-5.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5302.html
http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1267.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12358.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2382.html
http://grhm2307.blog.fc2.com/blog-entry-180.html
http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52137609.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4316.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2015-11-04

6 Comments

MITSUKI  

ラノラミネートアーマーの存在で今までのガンダムとは違う戦闘が面白い。
というか、艦船もすごい堅いですね。砲弾喰らっても中破すらしてなさそう。

ガンダムの戦艦といえばビーム一発で沈むのがお約束ですからね(笑)
オルフェンズ世界ではビーム兵器が出てくるのか分かりませんが。

2015/11/01 (Sun) 20:37 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

>艦船もすごい堅いですね。砲弾喰らっても中破すらしてなさそう。
MSだって高価なのに、それより高価な艦船までボコジャカ沈まれては堪りませんからねー。もちろん、人的にも。
エネルギー兵器が普及していないのは監督の方針だそうですから、仮にあるとしてもそれなりの意味合いを持たされてくるかと思います。
クロスボーンガンダムも接近戦重視の設計に理由付けがされていましたが、1から世界を構築できるこちらもまた違った面白みがありますね。

2015/11/01 (Sun) 20:55 | EDIT | REPLY |   

ロゴ  

>ガンダムの戦艦といえばビーム一発で沈むのがお約束ですからね
そのお約束が嫌であえてビーム出さないということらしいですね。
http://yaraon-blog.com/archives/71014

大人の怖さを思い知らされる第五話。
予想通りの人が予想通りに思い知らされてましたが、帽子が特徴的な人コーラルもさくっと思い知らされるとは、この海のリハクの目を持ってしても見抜けなんだ。
トドさん、リヴァイアスだったら宇宙で凧揚げだったぞ。

初の宇宙戦でも阿頼耶識のおかげで不自由なくこなせるバルバトスの三日月と、阿頼耶識が付いてなくて苦労するグレイズ改のガチムチ昭弘の対比が面白いですね。
お前ガチムチ言いたいだけやろ。

通常のグレイズが全く歯が立たないのに対し、2対1とはいえ、そのバルバトスを苦戦させるチョコの人とその隣の人。
そのうちガンダムに乗る事になるとは思いますが、変にヘタレることなく、ライバルとして最後までいってほしいなぁ。

2015/11/01 (Sun) 21:16 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>ロゴさん

司令官のコーラルはまで死ぬとは意外でしたねー。ムチャシヤガッテ……割と善戦してた筈なんですが、その記憶もマクギリスで上書きされてしまう哀れさ。

グレイズ改は売り物にするつもりだった、ということで今回は阿頼耶識システム用インターフェースなしでしたが、それで曲りなりに援護をやってのける昭弘はよくやってると思います。彼まで活躍してると正規軍wwwってなりかねないので、バランス取りの意味合いもあるのかな。今後はグレイズ改にも阿頼耶識システム用インターフェースを積むのかな。

チョコの人と隣の人、というのは三日月の他人の把握の仕方が出ていて面白いですが、ガエリオは先週から感情を露わにしちゃってたりするのがちょっと不安ですね。長生きしてもらいたいものですが。

2015/11/01 (Sun) 21:49 | EDIT | REPLY |   

UO  

こんばんは。

>鉄華団の面々が「信用」に足りることをしていくのが非常に対照的で、だから爽快。
おっしゃるとおり、このアニメは見せ方が上手いですね。
今後がますます楽しみです。

2015/11/02 (Mon) 20:27 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>UOさん

コメントありがとうございます。

盛り上げ方を心得てますよねー。今回は場面場面だけでなく、ドラマ全体でのエンターテイメント性がある。
「格好いい話」というものにしっかり重点を置いているのだと思います。

2015/11/02 (Mon) 21:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

11 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第5話
  • 「赤い空の向こう」 正式にクーデリア護送の契約が成立した鉄華団。 アバンで、クーデリアの情報をトドがギャラルホルンに売り飛ばしたりで、不穏な匂いがしているわけだけど……。Aパートが始まるといきなりラブコメが始まっちゃった。 地球への出発前夜、見張りをしている三日月を見つけて話をするクーデリア。 自分の名前の由来が、火星からでは見えない「月」とか普通ならいい雰囲気になるんだけど...
  • 2015.11.01 (Sun) 19:53 | 新・たこの感想文
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #5「赤い空の向こう」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第5話を見ました。 #5 赤い空の向こう クーデリアを地球まで護送するためいよいよ宇宙へと上がろうとした鉄華団だったが、契約していたオルクス商会が情報を売ってしまったためにギャラルホルンが待ち構えていた。 「ギャラルホルンのMS!?」 「おい、その奥にもまだ何かいるぞ!」 ギャラルホルンに囲まれてしまう鉄華団だったが、オルガは三...
  • 2015.11.01 (Sun) 20:17 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第5話 『赤い空の向こう』感想
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.10.11バンダイビジュえアル (2015-12-24)売り上げランキング: 55Amazon.co.jpで詳細を見る  オルフェンズ初の宇宙でのMS戦が描かれた今回。  戦闘シーンがカッコよかったのはもちろんですが”、  何より私の心を魅了したのは推しメ...
  • 2015.11.01 (Sun) 21:27 | 新・00をひとりごつ
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第5話「赤い空の向こう」
  • 鉄華団の固い信頼。裏切りまくりの大人達とは対照的で、だからこそ昭弘やユージンの働きが痛快だったなと。昭弘の「つかれた…」が胸に染みた感じ。ほんとにね。初仕事とも言える戦闘に、オルガもリーダーとして強い自覚と成長もあっただろう、けど、このオルガが”大人な判断”をしたら鉄華団はどうなるんだろな。杞憂なら良いが。 三日月とチョコレートの人の正体がお互いバレたが、ちとあっさり過ぎかも。出会った...
  • 2015.11.01 (Sun) 22:06 | 悠遊自適
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第5話
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第5話 『赤い空のむこう』 ≪あらすじ≫ クーデリアを地球まで護送するためいよいよ宇宙へとあがる鉄華団。しかし、トドを始めそこは大人たちの思惑が渦巻く場所だった―― (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ 折り返し一歩手前でいよいよ宇宙へ。 なんといっても小賢しい手を考えていたトドをオルガたちがなんだかんだで出し...
  • 2015.11.01 (Sun) 23:30 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
  •  【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】 第5話『赤い空の向こう』 キャプ付感想
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第5話『赤い空の向こう』 感想(画像付) トドの裏切りにより、宇宙に出た鉄華団は、ギャラルホルンの襲撃を受ける。 初の宇宙戦! 三日月とマクギリとの初対決となります。 お互いを敵と認識しちゃいましたね。 チョコレートの人と言われ続けるのかな(笑)   
  • 2015.11.02 (Mon) 02:06 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第5話 『赤い空の向こう』 三日月宇宙へ!月は見られるか。
  • 月が見たい。三日月に意外な願望がありました。自分の名前のもととなった三日月、つまり月が見たいというもの。火星生まれなら一回も見たこと無いんでしょうね。  いよいよ鉄華団宇宙へ。ここへアトラが炊事係として入団。やはり目的は三日月か。クーデリアに負けては居られんという気合を感じます。 騙し騙され…。鉄華団とギャラルホルンのみならず色んな連中の様々な思惑が絡み合ってましたね...
  • 2015.11.02 (Mon) 10:55 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック