FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

過去は消せない/コンクリート・レボルティオ10話感想


 以前買ってストックしてあった塩担々麺のカップ麺を食べてみたのですがこれがなかなか美味しい。店でも食べられる所近くにないかしらん。



コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第10話「運命の幻影」
©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会
151207_04.jpg
151207_05.jpg
151207_06.jpg
 悪と認定した人間を容赦なく殺していく組織、IQが日本にもやってきた。なんとそのリーダーには兵馬ではないかという疑惑があり……
 時間を旅する男の交錯する今昔、第10話。これまで時間をシャッフルさせる手法を用いてきた本作ですが、この第10話はその方法はなし。いや、厳密に言えば最初と最後が25世紀なのですが、「最初の兵馬」にとっての時間の流れは逆にこれで一直線。そして今回の主な舞台である神化43年では「最初の兵馬」に加え「IQの兵馬」「超人課の兵馬」が入り乱れる。そう、今回シャッフルされているのは時間ではなく人なのですね。人がシャッフルされているというのも奇妙な話ですが、時間移動を本作で扱えば自然こうなるのか。というか、この内容で時間シャッフルするとどれがどの兵馬なんだか分からなくなってしまうwww

 シャッフルされているのは3人の兵馬だけではなく、彼の中の「大人」と「子供」も同様。「IQの兵馬」は自分を大人として敵を問答無用で抹殺しエクウスを非効率的と断じる一方、悪人を倒せば世界が変わると発想しIQ号というおもちゃの優秀さを鼻にかける。「超人課の兵馬」はそんなかつての自分を子供の恥ずかしい過去と考える一方、効率的なIQ号より後に作ったエクウスは笑美に子供っぽいと評されてしまう。加えて目的のために自分が消滅する覚悟を決める一方、そこには恥ずかしい過去を消し去りたいという思いもこもっている。これに43年の時点では立てこもり犯に同情したりもする子供じみた正義感の持ち主である爾朗が加わり、男の中の大人と子供が面映さすら抱いて入り交じる30分となっていました。
 また、これらを笑美と輝子がそれぞれ異なった形で見守っているのも印象的な部分。笑美は「男っていくつになっても」「大人ぶってる男に限って」と直接的に子供っぽさを指摘する一方、輝子は「歴史は消えない、ただ上から書き足されていくだけだ」という兵馬の歴史改変の説明に別の意味を見出してみせる。自分という存在には可逆性は無く積み重ねられていくものだし、大人でも子供でもその積み重ねの上に自分があるのだと。2つの時制を主軸に描くこの作品だからこそそのことは重要な意味を持つように思いますが、単純に30分だけで見ても、男女の見方に起こりがちな差異を厳しくも優しく包むような回であったのではないかと思います。

 しかし元ネタがタイムパトロールものである「スーパージェッター」の悪役「ジャガー」だと目する声の多かった兵馬ですが、明かされてみればスーパージェッターでもジャガーでもあったという……しかもタイムパトロール時代の名前が「スーパージャガー」というのがまた振るっている。25世紀には超人はおらず、にも関わらず兵馬は獣化能力を持っている。そして彼は輝子に人間の獣化と獣の人間化のどちらが扱いやすいかと問うている。即ち彼は超人ではなく超豹、つまり「スーパージャガー」なのですね。

関連:
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 感想リスト

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第1話「東京の魔女」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第2話「『黒い霧』の中で」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第3話「鉄骨のひと」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第4話「日本『怪獣』史 前篇」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第5話「日本『怪獣』史 後篇」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第6話「やつらはいつでも笑ってる」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第7話「空も星も越えていこう」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第8話「天弓ナイトをだれもしらない」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第9話「果てしなき家族の果て」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://yaplog.jp/tiwaha/archive/300
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2015/12/post-3a7d.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2015-12-12
このエントリーをはてなブックマークに追加

4 Comments

ロゴ  

「奥さんいいだろう?」(やめろ)
おかげさまであのシーン、笑いしか出ませんでしたわ。
また出ないかな、赤光さん。

さすがにスーパージェッターまではフォローしきれませんわ。
どうも自分はジャガーというと笛を持った人を思い出してしまう。
全然関係ないけど。

今頃気付いたけど、超人課の電話機、両側にダイヤル付いてるやつだ。
とんでもないもの拾ってくるなぁ。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/7911/setumei.html

IQ号製作はとりあえずダイソンの羽なし扇風機を4台用意して(無理だ
すごいや、25世紀!

忘年会のついでに聖地巡礼してきました。(例のスペースシャトル)
EDに出てくるだけのものを聖地と言っていいものかどうかは定かではありませんが。

IQ関連で途中までなんか小難しいことこねくり回してたけど、収拾が付かなくなって結局小ネタ感想になってしまいましたとさ。
「正義」とか語り出すと、心の底から偽善者の自分は薄っぺらいことしか書けなくなってしまう。
やれやれ。

2015/12/09 (Wed) 23:23 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>ロゴさん

>「奥さんいいだろう?」(やめろ)
それは言ってないw マスクから髪の毛は出しているデザインがまたそれっぽいんですよねー。
立場的にはこれまで出番が無かったのが不思議なくらいですし、今後が期待できそうです。
一般隊員がレーザーで消滅させられてたのは(;゚ロ゚)アッ……って感じでしたが。

>今頃気付いたけど、超人課の電話機、両側にダイヤル付いてるやつだ。
両側にダイヤルがついたデザインなのは聞き知っていましたが、実在するんですね。
うーん、これも当時ならではの代物だな。

>IQ号製作はとりあえずダイソンの羽なし扇風機を4台用意して(無理だ
この作品にダイソンの扇風機持ち込んだら驚かれるとは思いますが、それより無茶なものが平然と飛んでるのもまたすごい。実際、燃料なんなんでしょう。

>忘年会のついでに聖地巡礼してきました。(例のスペースシャトル)
おおー、行動的ですね。聖地というと大仰ですが、ゆかりのある場所を見るのは十分意義あることだと思います。などと偉そうに語る出不精の僕。

>局小ネタ感想になってしまいましたとさ。
いえいえ、楽しませてもらいました。僕もあまり道徳を語れるような人間ではないですしねー……もちろん、感じるところはあるんですが。

2015/12/10 (Thu) 21:17 | EDIT | REPLY |   

シンジン  

真面目に観たほうがいいのかもしれませんが、いろいろなことがありすぎてたくさんツッコミを入れちゃいました(爆)

ジャガーさんが自分の考えたエクウスのデザインを否定する場面は自分生き方を完全否定しているようで可笑しかったです。

輝子ちゃんの想いの行方は別に気にしていませんでしたが、この回を観て(頭撫でてやりたいな。)と思ってしまいました(てへぺろ)

2015/12/27 (Sun) 15:53 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

過去を振り返った時に黒歴史として抹消したくなる、というのは実際にあることですが、未来をある意味黒歴史にしてしまうのはSF的ですねえ。
輝子の純粋な魅力が発揮された回でもあったと思います。

2015/12/27 (Sun) 21:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment