信じていい未来なんだよ/蒼穹のファフナー EXODUS26話感想 


 年末で良かったと思う遅れ&夜更かしぶり。




蒼穹のファフナー EXODUS 第26話(最終回)「竜宮島」
©XEBEC・FAFNER EXODUS PROJECT
 アルタイルの来訪が迫る中、激闘は続く。ジョナサンの駆るマークレゾンの圧倒的な力に仲間は次々と倒れ……
 EXODUSの始まり、第26話。個々の部分が短いというより、シーンの絶対数が多過ぎて見ていて感情を絞り辛い作りと評した方が適当な印象。織姫の「芹ちゃん」呼びは分かりやすいので多くの人の印象に残ると思うのだが(twitterのトレンドに出てたとかなんとか)、その他はどのシーンが印象に残った、と聞かれると意見が別れる所なのではないかと思います。僕としてもこの30分を総覧して脚本展開が云々……といったいつもの感想を書くのは正直難しいので、今回は個人的に印象に残った箇所に触れることにしました。

<1.キース・ウォーターの最後、ビリー・モーガンの最後>
151226_10.jpg
 アルゴス小隊最後の生き残りとして真矢に勝負を挑んだキースでしたが、その最後はコクピットから身を乗り出しワイヤーを切断、フェンリルを再起動させたところでファフナーごと振り払われ、笑い声をあげて落下しながら爆発に巻き込まれる……というものでした。彼女はなぜ笑ったのか。僕は、彼女のこの行動は一種の呪いだったのではないかと思います。
 真矢はヘスターとの対話のために障害となるダスティン達を殺害しキースの恨みを買ったたわけですが、この最後の戦いでは新国連のファフナーの行動力を奪いながらも殺さない方法を取っていました。キースの呼ぶ所の「死神」であることをやめていたわけで、そんな真矢にとってキースは唯一この戦いで「殺した」人間なのですね(一度操作系を奪った機体を取り戻すとはどういう行動をしたのか、そしてその状態の相手の機体を振り払えばどうなるかは真矢は判断できるはずだ)。キース機を振り払った瞬間、再び彼女は人殺しになった。殺そうとしないなんて偽善はやめろ、お前は死神だ――そんな事を思いながら、キースは笑って死んでいったのではないでしょうか。

 そして冷静にキースを殺した一方、真矢が人を殺したくないと思っていたのも確かで、それはキース機と同時に組み付いたビリー機に対してはコクピットブロックを摘出することで自爆を止めようとした行為でも現れています。兄の時のように、マインブレードをコクピットに突き立てればそれで終わっていたはずなのに。でも、それは更にビリーを混乱させることになってしまった。

151226_11.jpg
「兄さんは正しい人だった。アイもミツヒロも。なのに、何が正しいか分からない!」
 ↑同じくモーガン隊の同僚だったキースは正しい人に入ってないwww

 かつて自分の憧れであった兄は交戦規定アルファの名の下にシュリーナガルの民を容赦なく殺し、その癖ビリーは助けようとし、ジョナサンは新国連のスパイ(パペットだとか知らない)でバーンズ麾下の英雄になり、アイは兄の仇として友人だった筈の真矢を殺せと言う。でも、兄を殺した真矢は自分を助ける。もうこんなの訳が分からんよ(´・ω・`) もちろん彼が強い人間ではなかったことも最後の結果になった一因ではあるのですが、彼の周囲の人々の行動は余りに複雑で神の視点でもなければ理解を超えている。そんな状態の彼が確かに言えるのは、もう真矢が兄を殺したという事実しかない。そして彼の血飛沫は、ダスティンやチェスター、キースの代わりに真矢への「返り血」になる。
 最終的に美羽の言葉に真矢は救われるわけですが、2人の退場は真矢の精神と肉体に自分の罪を再認識させるためのものだったのではないでしょうか。

<2.芹にとっての広登の存在の意味>
151226_12.jpg
 先週消化不良と書いた広登の死に対する芹の反応の不足ですが、最終回でも彼に対する言及はなし。何のための恋愛フラグだったんだ、としょんぼりしたのですが、最終的に芹が島に残る選択をしたことで、なんとなく意味が掴めたように感じました。
 全体に今回は竜宮島のパイロット達の交流が少なめでしたが、芹の場合はそれが他のキャラよりも徹底しています。SDPが他を同化してしまうものだった彼女には隔離措置が取られ、他のキャラが交流している所に一緒に入るのが難しくなってしまう。その状況で彼女に取って変わらなかったものが「広登のテレビ映像」でした。何せ彼は島の外にいるわけですし、隔離措置の影響もへったくれもない。彼の存在こそは芹にとっての「織姫以外の島の人達」の象徴だったのですね。けれどそれは広登の死によって届かないものになってしまった。だから彼女は織姫と一緒にいることを選ぶ。家族や里奈といった、本来他にもあった筈の繋がりもかなぐり捨てて。芹の最後の選択は、「描写が少ないからこそ」自然に受け入れられたものだったのではないかと思います。


 以上、この2点が最終回を見て僕が印象に残った部分でした。しかしこの結末、続編を出す気満々にも見えるしアルタイルとの対話が実現は「いつか来ると信じる日」であるからこそ美しい希望のようにも見えるし、自分の中で終わらせていいものなのか迷ってしまうなあ……個人的にはこれで終了でもいいんじゃないかと思いますが、どうにもモヤモヤしてしまうのも正直なところ。
 とはいえ、非常に高いテーマ性を持った脚本、SDPという新要素を違和感なく取り込んだバトル要素等など終始クオリティは高く、HAEから完結まで5年の歳月がかかっただけの満足度のあるものであったと思います。スタッフの皆様、お疲れ様でした。

関連:
蒼穹のファフナー EXODUS 感想リスト

蒼穹のファフナー EXODUS 第1話「来訪者」
蒼穹のファフナー EXODUS 第2話「希望の名は」
蒼穹のファフナー EXODUS 第3話「対話の代償」
蒼穹のファフナー EXODUS 第4話「継承者たち」
蒼穹のファフナー EXODUS 第5話「新世界へ」
蒼穹のファフナー EXODUS 第6話「祝福のとき」
蒼穹のファフナー EXODUS 第7話「新次元戦闘」
蒼穹のファフナー EXODUS 第8話「平和を夢見て」
蒼穹のファフナー EXODUS 第9話「英雄二人」
蒼穹のファフナー EXODUS 第10話「希望の地へ」
蒼穹のファフナー EXODUS 第11話「変貌」
蒼穹のファフナー EXODUS 第12話「戦場の子供たち」
蒼穹のファフナー EXODUS 第13話(最終回)「闇の中の未来」
蒼穹のファフナー EXODUS 第14話「夜明けの行進」
蒼穹のファフナー EXODUS 第15話「交戦規定アルファ」
蒼穹のファフナー EXODUS 第16話「命の行方」
蒼穹のファフナー EXODUS 第17話「永訣の火」
蒼穹のファフナー EXODUS 第18話「罪を重ねて」
蒼穹のファフナー EXODUS 第19話「生者の誓い」
蒼穹のファフナー EXODUS 第20話「戦士の帰還」
蒼穹のファフナー EXODUS 第21話「目覚めの時」
蒼穹のファフナー EXODUS 第22話「憎しみの記憶」
蒼穹のファフナー EXODUS 第23話「理由なき力」
蒼穹のファフナー EXODUS 第24話「第三アルヴィス」
蒼穹のファフナー EXODUS 第25話「蒼穹作戦」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5953.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-4308.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/exodustbs122526.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3418.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-4197.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2015/12/27 Sun. 02:04 [edit]

CM: 2
TB: 4

top △

« 声が聞こえたような/ご注文はうさぎですか??12話感想  |  それまではせめて/うしおととら26話感想 »

コメント

ファフナーEXODUS、戦闘や他の描写などファフナーらしい素晴らしさを
最後まで見せてもらいましたが、最終回はやはり尺が足りなかったかな?
という詰め込みのような忙しさ。展開の速さでした。

1期から約10年ぶりとなった今作。最後まで楽しませてもらいました。
ただ、やっぱり終わらなかった。完全に続きを作れそうな最終回。

生き残ったヘスターやバーンズ、レゾンにミツヒロ。アルタイルとの対話。
竜宮島へまた「皆が帰る」という目標。生まれ変わって転生した総士…。

3期があっても全然かまいません。いつになってもかまわないので
続きが作られるのなら、またあってほしいですね。

MITSUKI #SmnxvMFg | URL | 2015/12/27 08:41 * edit *

>MITSUKIさん

>最終回はやはり尺が足りなかったかな?
>という詰め込みのような忙しさ。展開の速さでした。
 展開1つ1つがおざなりになっているわけではないですが、ちょっと感情の処理が追っつかないところはありますね。でも理解はできる。だからもっと見たいと感じてしまうのではないでしょうか。

 アルタイルは「対話」というテーマの象徴みたいなものですから、それが完全に成立するとこの世界の人類が本当に遠い所に行ってしまうのではないかなとも思いますね。そういう意味で残った部分を未来に預ける……というのは相応しい結末のようにも感じますが、うーん、続きを作れないわけではないからなあ。
 続くのでも続かないのでも、ハッキリさせたいのが正直なところですw

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2015/12/27 12:24 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1637-bd5f4f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日見たアニメ二言三言感想 2015/12/26(アニメイズム編)

おしながき ・K RETURN OF KINGS #13 Kings ・蒼穹のファフナー EXODUS 第26話 竜宮島 ・ノラガミ ARAGOTO 第13話 福の神の言伝

アニメガネ | 2015/12/27 07:34

蒼穹のファフナー EXODUS 第26話(最終回) 「竜宮島」 感想

最後は駆け足でしたが面白かったですね。 一応ちゃんと畳んだとはいえ、やっぱり尺の足りなさは感じました。 一時間SPでもよかったのに。 または劇場版に続くでも。 劇場版に続くという展開は好きではないですが、それでもいいと思える 面白い作品でした。 3期もあると嬉しいなぁ。 ↓画像クリックで『蒼穹のファフナー EXODUS』公式サイトへ↓ http://craft89...

ひえんきゃく | 2015/12/27 07:51

蒼穹のファフナー EXODUS TBS(12/25)#26終

最終回 第26話 竜宮島 接近するバーンズ率いる艦隊に総ての持てる資料を公開する。彼らの対応に動揺が走る。新国連から脱退したことで呪縛から解けて冷静な判断が下せる。急遽、フェストゥムに攻撃目標を変更する人類軍。しかしアトランティスコアが艦隊の制御を奪う。ジョナサンが操るザルヴァートルモデル、マークレゾンは4人がかりでも倒せない。一騎がアイを攻撃する、フェンリルを暴走させて自爆する。グレゴリ型...

ぬる~くまったりと | 2015/12/27 09:55

蒼穹のファフナー EXODUS 第26話 「竜宮島」(最終回) 感想

希望の未来へ。『蒼穹のファフナー EXODUS』最終話の感想です。

Little Colors | 2015/12/27 15:28

top △

2017-08