FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

満足させてごらんなさい/だがしかし1話感想


 うへ、寝落ちしてしまった。



だがしかし 第1話「うまい棒とポテフと…」
©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子
160108_03.jpg
160108_04.jpg
160108_05.jpg
 鹿田ココノツは漫画家を目指す駄菓子屋の息子。家業を継ぐ気はないと父と言い合っていたところに、現実離れした美少女が現れ……
 週刊少年サンデーに好評連載中、コトヤマの漫画をアニメ化した第1話。原作は基本1話に1駄菓子なので、副題×2からも分かると思いますが原作4話分を2パートに構成するスタイルなのかな。と言いつつこの1話は5話分なのだけど(アニメのAパートは確か連載開始時に一挙掲載された3話分)。Aパート部分は原作から構成が結構いじってあり、ココノツの漫画家志望や駄菓子屋としての才能などを初めとした原作第1話の部分はスピーディーに詰め込まれています。特に半島の海沿いの田舎町という舞台設定はココノツに語らせず冒頭の風景描写でササッと済ませてある。ぶっちゃけ田舎と分かればそれ以上は必要ないしな!
 何をそんなに急ぐのかと言えばもちろん本作の顔である枝垂ほたるの登場であり、視聴者は開始5分程度で彼女の美貌を拝めるわけです。彼女の姿をココノツの漫画と重ね合わせてみせるのも、原作の「2次元から出てきたみたい」という形容と同時にココノツのドキドキがひと目で伝わって分かりやすい。何せ女キャラに理想が入り過ぎているとか父親のヨウにツッコまれてるしwww
 またほたるが自己紹介に名刺を出すのはアニメオリジナルの演出ですが、これも彼女の属性の表現としてスムーズ。「枝垂(しだれ)」は難しくはないけれど音だけで字面まで想像するには少し距離感のある苗字だし、また名刺は社会人の道具としての役割を持っているので、有名お菓子メーカーの社長令嬢という彼女の立場の前置きとして効果的。
 なおバキの鬼の背中みたいなヨウの「背中の筋肉でポッチくんの顔作り」のギャグがカットされたり、ほたるさんのヌードを拝んでしまったトウへのサヤの鉄山靠があっさり目になってたりしますが、これらはその後の本作ではあまり見られない描写なので統一感を出したのかなあ、というのが現在の印象。

 ただ不満も正直多く、駄菓子のうんちくを台詞だけで語ってしまってしかもカット気味なので、せっかくの駄菓子の魅力が伝わり辛い。ポテトフライに至ってはいきなり略称のポテフになるは、「開ける前から割れてることがあるくらい薄い→一気食いは強度を増してくれるので歯ごたえ最高」という肝心の部分がすっ飛ばされているので「ちょっとやってみたい」って気になれないのですよね。いや一定のペースでサクサク言う竹達彩奈の演技はかわいかったけどさ。
 またギャグの受け側の要であるココノツのリアクション&ツッコミも全体に大人しめに作られてしまっていること、Bパートの出番が少ないことで正直この1話の彼の印象は薄い。彼にはツッコミ役や少年らしいスケベ心といった意味で存在感はちゃんと出さないといけないと思うのだけど、ちょっとほたるさんに割り振り過ぎじゃないかしらん。
 なおアニメオリジナルの無節操な他作品パロもあまり好きではないが、メガネドラッグだけは妙な意外性があったので可。いややっぱほたるさんに眼鏡かけてないから不可で。

 全体に、引き延ばす以外の工夫も感じるけど全てが上手く行っているとは感じにくい第1話だったかな。原作のイメージからはもっとポンポン台詞を応酬してもらってもいい気もするけれど、果たしてこの30分の作りは吉と出るか凶と出るか。とりあえずは3話で正式公開予定らしいOPとEDを待ちたいところ。

関連:
だがしかし 感想リスト

漫画感想(「だがしかし」1巻)
漫画感想(「だがしかし」2~4巻)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4515.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/tbs10701-c276.html
http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1365.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-4320.html
http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-5841.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-3762.html
http://blog.livedoor.jp/kuma_road51/archives/52608243.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-3411.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2016-01-14
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3501.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

4 Comments

MITSUKI  

私も原作買って4巻まで読みましたけど
んんん・・・アニメは変なパロディとかいらなかったんじゃないですかね。
なんていうかテンポが・・・なんだろう。期待しすぎたのかな。

竹達さんのほたるは当初どうだろ?と思いましたが次第に慣れるでしょう。

アニメはどこまでやるのかな。4巻全部内容使い切っちゃいそう?

2016/01/09 (Sat) 14:00 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

>なんていうかテンポが・・・なんだろう。期待しすぎたのかな。
 駄菓子うんちくとか特にそうですが、漫画だと1コマに詰め込めるものをアニメでは動きを付けないといけないですからねえ。その辺りの補完(としてのパロディ)はあまり上手く行っていないように思います。

>竹達さんのほたるは当初どうだろ?と思いましたが次第に慣れるでしょう。
 特別おかしいってことはないかなあと思います。終わる頃にはしっくり感じてそうですね。

>アニメはどこまでやるのかな。4巻全部内容使い切っちゃいそう?
 4巻までで74話収録ですから、1回4話ペースなら19話分近くの計算になります。単純に並べるのでなく組み合わせる必要もあるし、ストックは残るんじゃないでしょうか。

2016/01/09 (Sat) 15:24 | EDIT | REPLY |   

tara  

案の定と言うべきか、30分の枠を持て余してる感が…
でも、活き活きと動いて喋るほたるさんが見れるのはやっぱり嬉しいです(^^)
テンポはもう少し頑張って欲しいですが(^^;)

名刺のくだりは確かに上手かったですね。自然過ぎて違和感ゼロでしたw

2016/01/10 (Sun) 16:27 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>taraさん

>でも、活き活きと動いて喋るほたるさんが見れるのはやっぱり嬉しいです(^^)
 ポージングもあってアニメ映えしてますねー。30分の作り方はこれからこなれてくれている事を願いましょう。

>名刺のくだりは確かに上手かったですね。自然過ぎて違和感ゼロでしたw
 こういう部分とか上手さもちゃんとあるわけですし。工夫自体はちゃんとしてある。

2016/01/10 (Sun) 16:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

8 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ( ・`ω・´)待望のアニメ化だがしかし… ~だがしかし 第1話「うまい棒とポテフと…」~
  • 原作既読でアニメ化楽しみにしてたが、原作は1話につき8ページくらいで既刊4巻。それに対し初回のサブタイも駄菓子2つだけだし、どういう構成なんだっていう懸念もあった。前期の『進撃!巨人中学校』みたいな、前半はアニメで後半が円盤特典でやれと言いたくなる中の人達のお遊びみたいなウンザリ構成かとか勘ぐったり。まあ、その点は杞憂で良かった。その点は。だがしかし…
  • 2016.01.09 (Sat) 08:50 | 悠遊自適
この記事へのトラックバック
  •  【だがしかし】第1話『うまい棒とポテフと…』キャプ付感想
  • だがしかし 第1話『うまい棒とポテフと…』キャプ付感想 サンデー連載の駄菓子屋コメディ漫画のアニメ化。 うまい棒など、実在の駄菓子も登場(笑) アニメとかのパロディも多めでツッコミどろこ満載の1話ですね! 不思議少女ほたるちゃんの貞操観念が心配になる(笑) 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
  • 2016.01.09 (Sat) 11:26 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  だがしかし TBS(1/07)#01新
  • 第1話 うまい棒とポテフと・・・ 鹿田ココノツは将来漫画家になりたい。シカダ駄菓子店の跡取り息子で父親のヨウは店を継いで欲しい。枝垂ほたるがヨウを訪ねてくる。彼女は枝垂カンパニーの娘で社長となるつもりらしい。 駄菓子屋の息子に勝負を挑むほたる。うまい棒の組み合わせを考えろと上から目線。適当な組み合わせでは、ほたるは満足しない。実際に焼いてみるとか?ピッツア、オニオンサラダ、コーンスープ味でイ...
  • 2016.01.09 (Sat) 13:20 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  だがしかし 第1話
  • 駄菓子をテーマとした『だがしかし』が始まりました。コトヤマ先生の原作で週刊少年サンデーでは一昨年(2014年から連載が始まった作品ですね。
  • 2016.01.11 (Mon) 14:41 | ホビーに萌える魂
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック