まるで、希望のように/鉄血のオルフェンズ16話感想 


 クーデリアをニュースで見たという男はノブリスの仕込みなのかもしれないが、そうだとしてももう少し混乱しないように見せてくれないかしらん(;´∀`)



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第16話「フミタン・アドモス」
©創通・サンライズ・MBS
160124_11.jpg
160124_12.jpg
 クーデリアの下を去ったフミタン。その胸を去来するのは、かつて彼女に火星のことを教えてほしいとねだったクーデリアの姿で……
 避けられぬ宿命と、訪れる試練の時。第16話。フミタンの回想を織り交ぜることで、過去と現在を重ねていく作劇が印象的。一見すると火星のスラム街での置き去りに現在のドルト3での出奔だけが覆い被さり、フミタンがもう一度クーデリアを救うかどうかという現在だけが問われているようでいて、実はその行動はフミタンがクーデリアに見せられた本の挿絵という過去にべったりと裏打ちされている。
 クーデリアの姿をつい先程まで知らなかった労働組合の女性は、伝聞で思い描いていた「革命の乙女」の安全を確保しようとして結果自らの命を落とす。クーデリアを誰より側で見守ってきたフミタンは、本で見せられた革命の絵に描かれた乙女に感じた希望を彼女に見出し、それを庇って命を落とす。全く違う経緯をたどってきたはずの2人の行動の一致は、クーデリアが「輝きを失わず」進むのであれば、否応なしに他の人は彼女に物語を見出してしまうという宿命を彼女に突き付けるものだったように思います。

 なお、死に際のフミタンの言葉が先週別れを告げようとした時のそれと似通っているのに最初は違和感があったのですが、考えてみればこれは必然なのですね。クーデリアが「フミタン、お願い。分かるように言って」と乞うたように、先週の会話だけでは彼女も視聴者もフミタンがクーデリアに何を見ていたのかがはっきりとは分からない。けれどそこに今週回想された「希望のように見えた乙女」の存在が付加されることで、フミタンが一体何を語っていたのかが理解できるようになる。いわば今回は命を使った、劇的な説明回だったのではないでしょうか。

160124_13.jpg
 形見となったアクセサリーに落ちる涙は、クーデリアの瞳に代わる悲しみの表現であり、かつてフミタンが少女の絵に希望を見出し瞳からこぼした涙の再提示でもある。果たしてクーデリアは、自分が他の人に真贋入り混じった物語を見せてしまうという事実に飲み込まれずにいられるのか。久しぶりの戦闘シーンということもありますが、次回の待ち遠しい16話でした。

 しかしフミタン、どうせならフミタンがいいと抱きついてきた鉄華団の子供はどうする気だ。あの子泣くぞ。というか僕が泣くぞ。

関連:
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話「鉄と血と」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第2話「バルバトス」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第3話「散華」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第4話「命の値段」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第5話「赤い空の向こう」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第6話「彼等について」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第7話「いさなとり」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第8話「寄り添うかたち」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第9話「盃」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第10話「明日からの手紙」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第11話「ヒューマン・デブリ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第12話「暗礁」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第13話「葬送」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第14話「希望を運ぶ船」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第15話「足跡のゆくえ」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3511.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12658.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/01/gtk-16.html
http://grhm2307.blog.fc2.com/blog-entry-196.html
http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-5891.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2464.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2488.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5447.html
http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1397.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-4253.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4575.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/01/24 Sun. 21:48 [edit]

CM: 4
TB: 11

top △

« 私の部屋!/ディメンションW3話感想  |  アウトライターズ・スタジオ・インタビューに追加回答いたしました。 »

コメント

フミタン死す…。
彼女には彼女なりの考えがあったのでしょうし、分かり合えなかったのかな。
今となってはもう遅いか…。

しかし、ガンダムなのに、最近全然MS戦ありませんね。
メカ好きとしては、そろそろ戦闘シーンが見たいのですが(;´Д`)

MITSUKI #m/HJAH5s | URL | 2016/01/24 23:43 * edit *

>MITSUKIさん

彼女がどういう経緯でスパイになっていたのかは語って欲しかったところですねえ。まあ、何よりも次週クーデリアがどう受け止めるか次第か。

ブルワーズ編がアクションとしてはあっさりした決着だったこともあって、手に汗握る感が恋しい気持ちはありますね。まあ次回はいよいよガンダムvsガンダムということで、挽回を期待しましょう。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/01/25 20:28 * edit *

「これは…紙の本…? 初めて見ました。とてもきれいな物ですね。表紙だけは。中は下描きばかりで1500円とか同人誌でもぼったくりじゃねーか!」
…あれ?

いつの日かと恐れていた。
いつの日かと夢見て…はいなかったけど、ついにこのときが来てしまった。
「背中を刺されて仰け反ったおかげで弾丸は皮膚と頭蓋骨の一部を削り取っただけでな。」という復活は…ないよなぁ。(それどのみち後でガオン)
ただ、世間にはごん太ビームをまともに受けて機体が爆散して、ヘルメットが宇宙空間に漂ってたのにも関わらず、記憶がちょっとアレだったくらいで五体満足だった輩もいるからなぁ。(アレと比べてはいけない)

三日月の「もう…フミタンじゃない」がより事実を強調させる。
三日月…ひょっとしてお前鉄で出来てるんじゃないか?

仕組まれた暴動、仕組まれた虐殺。
おおよそ考えられる限り最悪な結末を辿ってしまった。
すでに万策尽きているにも関わらず、なんとかして食い下がろうとしているサヴァランの姿が空しくも哀しい。

さて、次回フミタンの死を乗り越えてクーデリアがどのように変わるのか。
マクマードの言う「小さな火種」から真の革命の女神になりうるのか。

ロゴ #Mz.nJuUI | URL | 2016/01/25 23:40 * edit *

>ロゴさん

>中は下描きばかりで1500円とか同人誌でもぼったくりじゃねーか!
盛大な紙の無駄遣いwww

>「背中を刺されて仰け反ったおかげで弾丸は皮膚と頭蓋骨の一部を削り取っただけでな。」という復活は…ないよなぁ。(それどのみち後でガオン)
だか待ってほしい、その場合平行世界でまたフミタンの姿が見られるということではないかと。そう薄いほ(ry
あの位置を撃たれて生きているのはさすが辛い気がしますねー、背中が突っ張るどころじゃ済まないでしょう……
不可能を可能にする人は作品ちゃんと見てないのでパスw スパロボではメビウスゼロでかばった上で生還なんて無茶もあったりしたなあ……

>三日月…ひょっとしてお前鉄で出来てるんじゃないか?
表情を歪めているだけ、感情は動いているかと。フミタンとの距離と死人慣れってことでしょうねえ。下手人に会ったらただしゃおかないかとは思います。

>すでに万策尽きているにも関わらず、なんとかして食い下がろうとしているサヴァランの姿が空しくも哀しい。
サヴァランはこの後どうなる、というよりどうするんでしようねえ。怒りの矛先をどこに向けて、どう生きていくのか。更なる悲劇が待っていないといいのですが。

>さて、次回フミタンの死を乗り越えてクーデリアがどのように変わるのか。
クーデリアについては本来は「経済的独立」を目指しているのであっても闘争を望んでいるのではないわけですが、それでもこうなってしまうということをどう受け入れるか。決意、注目どころです。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/01/26 22:29 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1673-287643ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アニメガネ | 2016/01/24 21:56

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第16話

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第16話 『フミタン・アドモス』 ≪あらすじ≫ ドルト3での労働者たちの挙兵はドルト全体へと広がっていた。そして裏のシナリオではここでクーデリアは革命の乙女として死ぬ。その筋書きを前にクーデリアの前から姿を消したフミタンの目に映ったものとは…。 公式ホームページ更新後に改訂予定 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ ◆フミ...

刹那的虹色世界 | 2016/01/24 22:01

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #16「フミタン・アドモス」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第16話を見ました。 #16 フミタン・アドモス クーデリアはフミタンに会って本当のことを聞きたいと探す中で組合のメンバーが決起を始めてしまう。 ドルド3の宇宙港が閉鎖され、三日月達を迎えにいけない事態に陥ったことに名瀬はきな臭さを感じていた。 ノブリスの部下に出会ってしまい、自分の仕事を果たせと忠告されたフミタンはクーデリアとば...

MAGI☆の日記 | 2016/01/24 22:04
ぐ~たらにっき | 2016/01/24 22:13

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第16話「フミタン・アドモス」

悪化する状況の中でクーデリア暗殺という最悪の事態は免れたがその代償は大きかった。クーデリアにとっても視聴者にとっても。”フミタン”トレンド入りとかやっぱ皆フミタン大好きなのね......w 嫌いだった。無知で無垢な少女。そのどこまでも真っ直ぐな瞳。 だが、そこに見てしまった希望。そしてそれに賭けたフミタン・゜・(ノД`)・゜・ フミタン逝く、の回。ふー、そうですか。...

悠遊自適 | 2016/01/24 23:24
Little Colors | 2016/01/25 00:45

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】 第16話『フミタン・アドモス』キャプ付感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第16話『フミタン・アドモス』 感想(画像付) コロニー編のクライマックス、そして物語の重要な分岐点となるエピソード。 フミタンの死が、クーデリアに決意を促して、革命の中枢となっていくのか? 戦火を望むギャラルホルンと暗躍する仮面の男がどんな役割を演じるのか…。 鉄華団は戦いの歴史の中に生きざまを残せるのか、歴史の中に消えたあだ花に終...

空 と 夏 の 間 ... | 2016/01/25 02:09

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第16話 『フミタン・アドモス』 サブキャラがサブタイトルになる意味、それは...。

死ぬ時。やはりこうなってしまったかという展開でしたね。彼女自身も貧しい出自であり、生きるため・食うためにノブリス・ゴルドンの元で働いてきた。そんな彼女から見たら、「何の苦労も不自由も知らずに綺麗事ばかり言うクーデリア」はさぞかし鬱陶しく、そして眩しく映ったことでしょう。逆境に陥ればそんなことも言えなくなる。なんて意地悪いことを考えたりもしましたが、彼女は理想を抱いたままスクスクと育ったと。そ...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2016/01/25 12:04

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第16話 『フミタン・アドモス』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.12.27バンダイビジュアル (2016-01-29)売り上げランキング: 72Amazon.co.jpで詳細を見る  先にお断りしておきますが、今回の感想記事はいつもと比べて短いです。  精神的ショックが大きすぎて、記事を書いている間に立ち直ることが遂にで...

新・00をひとりごつ | 2016/01/25 17:52

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第16話「フミタン・アドモス」感想

うーん。今回も、個人的には評価できない回ですね。 脚本はまだいいとして、絵コンテというか、演出がよろしくない。 あの煙幕と縦断の中で、クーデリアだけが無傷っていう ...

ガンダムFWブログ | 2016/01/25 21:17

機動戦士ガンダム_鉄血のオルフェンズ 第16話「フミタン・アドモス」感想

予測可能回避不可能。 どうしても通っちゃう。 労働者のデモも逆手に取られちゃいました。 全体的にフミタン、鉄華団、組合以外を悪に見せていましたね。 以下ネタバレあり

こう観やがってます | 2016/01/25 22:08

top △

2017-03