Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

ここもその1つだ/鉄血のオルフェンズ25話感想


 戦いと共に少しだけ「終わる」約束1つ。



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話(最終回)「鉄華団」
©創通・サンライズ・MBS
160327_13.jpg
160327_14.jpg
160327_15.jpg
 グレイズアインと激闘を繰り広げる三日月だが、完全に人機一体と化した敵に苦戦を強いられる。一方、ガエリオの前にはマクギリスが立ちふさがり……
 戻ろう、火星へ。第25話。前回生存を不安視されたシノ、ラフタ、アジー生存という結果だったわけですが、ドラマ的にはいくつか理由が考えられます。1つには、この物語における名有りキャラの死は生き残る者と視聴者へ心の傷を追わせるものであったという一貫性。今回この場で誰かが死ねば、誰かがそれを強く受け止めなければならない。でも、それを受け止め立ち直る時間は用意されていない(秋の放送再開までに視聴者はその死を受け入れてしまう)。1つにはオルガの「死ぬな、生きろ」という命令のため。あの言葉は半モブのガットとディオスが死に、名有りのシノ達ですら生存のラインが危うくなり、それでも生きていたからこそ輝ける。生きていて欲しい、という命令(願い)の下で、ヤマギやエーコがシノやアジー達の死の悲嘆に暮れていたら、その言葉は虚しくなってしまうわけです。

 そしてもう1つは、死や絶望といったものは今回、ガエリオが持って行っているから……です。幼い頃からの親友が、自分を変えてくれた部下を、己に思いを寄せてくれていた女を、そして自分に至るまで、その生命をも利用していた。マクギリスは内に隠した憎しみを語ることはなく、利用されていたものをあざ笑うでもなく、ただ淡々と事実だけを語る。だから彼の「彼女の幸せは保証しよう」という言葉は本気なのだということがマクギリスには分かる。同時に、妹の未来を保証するその言葉は彼の裏切りも本気なのだということも保証している。親友が裏切ったことを認めたくない彼の思いは、この言葉を聞いた瞬間に完全に断ち切られた。だからもう彼は、感情の獣になるしかなくなってしまうのです。主人公サイド補正がないにしても、一矢報いることもできない、全く救いのない結末。どれだけ絶望的だよ。
 鉄華団の分までガエリオは陰を背負った……と言えますが、でも、陰を背負ったのはガエリオだけではきっと、ない。先に述べたように、本作における名有りキャラの死は必ず誰かの心を傷つけてきた。ガエリオの死が誰を傷つけるか――それはやはり、家族なのだと思います。アルミリアももちろんなのですが、もう1人、家族になるはずだった男を。そして泣きじゃくるアルミリアと異なり、彼は、マクギリスはその悲しみを吐き出すことができない。それは2クールの休止期間の間に潜んでしまう傷だし、きっとマクギリスも傷を表に出すことはないでしょう。でもその傷は、マクギリスの結末に大きな影響をもたらすのではないかと思います。

 一方で、やはりこの陰の分だけ鉄華団が「陽」を手にすることができたのも確かで。1番大きなのはやはり「本当の居場所」(の1つ)に行けたことでしょう。三日月はそこに行くまで止まれないし、オルガはそこへ連れて行かなくてはならなかった。だから三日月は「次は何をすればいい」と問い続けオルガは応え続けなくてはならなかったわけだけど、今回やっと、その約束が少し果たせたことになります。だからオルガはようやく三日月に「次は何をすればいい」と問うことができる。少しだけ荷を分かちあうことができる。
 激闘の末にバルバトスがCGS収蔵時に近い姿に戻ったように、鉄華団が子供に戻れたように、旧OPのワンシンーンに「戻る」ように、オルガと三日月の関係も少しずつあの約束の時よりも前に戻っていけるのではないか。そんな風に感じたラストシーンでした。

 それにしても、ブルワーズ戦でも装甲の隙間を狙うに留まり使いづらいと文句言われていた長ドスが最後の決め手になるとは思わなかったな。本作の格闘兵装が打撃武器の類が中心だったのはもちろん、装甲が厚くて武器が効きづらいという設定のためなわけだけど、その中で機能しない筈の斬撃武器がちゃんと通用するとなればそりゃ恐ろしい武器にもなるわ。見せられてみれば当然の帰結なのですが、「ありふれた筈の武器」を必殺兵器に仕立てあげるのによく仕込んだものだなあ……

 というわけで、前回破滅に突っ走っていたのが嘘のように鉄華団にはひとまずハッピーな第1期終了劇でした。サブタイがAパート終了時に挿入されるという印象的な作りもあいまって、その回その回のテーマを考えやすい作品だったなあ。それによってキャラがそれぞれ動いているようでそのテーマに密接に関わっていることなども掴みやすく、アニメを視聴する上でとても勉強になる作品だったなとも思います。
 そして何よりビスケットの死からの物語の変転がすさまじく、1人の死が鉄華団全体の死を想起させる焦燥感は相当なものでした。これだけ1人の死が「1通過イベント」で済まされず全体の雰囲気を変えてしまった作品も珍しいのではないでしょうか。そしてそこから気持よく終わらせてくれたこと、これはもう見事としか言いようがありません。
 果たして、マクギリスの奸計が成功した後のギャラルホルンはどうなるのか。これからの三日月達の運命は、向かう先は。秋の再開を楽しみに待ちたいと思います。スタッフの皆様、ひとまずお疲れ様でした。……ガエリオ生きててくれないかなあ(´・ω・`)

関連:
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話「鉄と血と」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第2話「バルバトス」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第3話「散華」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第4話「命の値段」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第5話「赤い空の向こう」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第6話「彼等について」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第7話「いさなとり」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第8話「寄り添うかたち」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第9話「盃」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第10話「明日からの手紙」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第11話「ヒューマン・デブリ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第12話「暗礁」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第13話「葬送」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第14話「希望を運ぶ船」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第15話「足跡のゆくえ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第16話「フミタン・アドモス」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第17話「クーデリアの決意」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第18話「声」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第19話「願いの重力」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第20話「相棒」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第21話「還るべき場所へ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第22話「まだ還れない」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第23話「最後の嘘」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第24話「未来の報酬」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3744.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5537.html
http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52151396.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/03/gtk-25.html
http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1504.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4819.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2477.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2545.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12904.html
http://grhm2307.blog.fc2.com/blog-entry-209.html
http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1753.html#trackback8298
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2016-03-31
http://tarasite.blog.fc2.com/blog-entry-1512.html

10 Comments

MITSUKI  

2期おめでとう!…本当に面白いガンダムだった。
いや、Gレコもよかったですけど、オルフェンズはそれ以上に最高でした。
私的に今期のアニメの中でナンバー1です。

最後もきちんとまとめて終わり、丁寧な最終回でした。
ガエリオについては悲惨な最期となってしまいましたが、これを含め
マクギリスについては2期からが本番となるのでしょう。彼がラスボスか?

前回のシノたちは全員無事でした。アイン君、一人も倒せなかった。
三日月は体の不調、という形を迎えましたが、これが代償なんでしょう。

今作、1話から少年兵の熱い物語として始まり、地球について終わる。
確かにまだ火星へ戻らなければならない、道はまだ半場ですから。
2期がどうなるか分かりませんが、秋からも期待大です。

2016/03/27 (Sun) 22:39 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

>いや、Gレコもよかったですけど、オルフェンズはそれ以上に最高でした。
 方向性全然違いますからねえ。オルフェンズは「ドラマ」的という意味でドラマチックな作品ですから。

>最後もきちんとまとめて終わり、丁寧な最終回でした。
 お前この状態で3ヶ月だか6ヶ月だか待てと!?って番組も多いですからね。加えて鉄華団半壊くらいは覚悟させられる展開でしたから、彼らの周りだけでもスッキリ終わったのがきれいなまとまりを感じさせる理由じゃないかと。……でちょっと振り返るとガエリオー!って気になるわけですが。

>三日月は体の不調、という形を迎えましたが、これが代償なんでしょう。
 バルバトスに乗ってる間は動く、というのが救いのはずなのに怖いですね。というか筋力とかどうなるのこれ……

>2期がどうなるか分かりませんが、秋からも期待大です。
 枠がどうなるか分からない、という不安要素がありましたが、とにもかくにも放送時期が分かってありがたいです。
 今度はこの規模では物語は済まないでしょうが、そこにはどんなドラマが待ち受けているのでしょうね。



2016/03/27 (Sun) 23:08 | EDIT | REPLY |   

ロゴ  

あーくまのちからぁ~みに~つ~けた~

アジー「ヘルメットがなければ即死だった」…え?

ガエリオがあまりにも哀れすぎてマジ涙目。
つか、ガンダムフレームを余裕であしらうグリムゲルデってどんだけ高性能なんだ。
阿頼耶識搭載してないのをさっ引いてもそれはマクギリス側も同じなんだし。
二人の技量にそんなに圧倒的な差があるとも思えないが。
いろいろ衝撃的な事を親友と思っていた男に告げられ、精神的に追い詰められて実力が出せなかったのだろうか。
本当に人間的にはいい奴なんで生きていて欲しいと思う反面、あそこから復活だとアインと同じ道に走りそうでなぁ。

一方で追い詰められながらも最後までいつもの調子で淡々と「仕事」をこなす三日月。
最後にはバルバトスに全てを要求し、身体機能に障害をうける「犠牲」を払ってまで勝利を手にする。
私たちにとっては重大事だけど、三日月にとってはたいした事ではないらしいのがまた恐ろしい。
ともあれメンタルって大事だなぁ。

三日月「おい、バルバトス、ちょっとそこでジャンプしてみい。ん、まだ音がするじゃねえか。全部よこせっつっただろ。」

一瞬諦めたかのように目を閉じ動きを止めたところで、オルガの「何やってんだ、ミカァー!」の声でリブートするのがまたいいですね。
これがなくて三日月だけでグレイズアインを倒してても作劇には問題ないんだけど、ここでこれを入れる事でオルガと三日月の絆が改めて描かれてる。
一期最終回だし、こういうのないとね。

「この化け物がぁー!」
あとで突っ込もうとしたら即三日月さんがドスをツッコんでた。
三日月さん、やっぱパネェ。

最後にちょっとだけ出てきてかっこいい事言っていく名瀬の兄貴もパネェ。
まあ、3人とも生きてたから、と言う事もあるんだけど、最悪2人いなくなってたら…それでもオルガを責めたりしないんだろうな。

赤面しているアジーさんを見てはにわ氏は悶え苦しんでるはずだ。
喜びでな!

「ねえオルガ。ここがそうなの?俺達の本当の居場所?」
「ああ。ここもその一つだ……あれも本当の居場所だな。ついでに言うとその隣の建物が本当の居場所で、その手前に建つ建物も本当の居場所。ま……ここから見える本当の居場所的な建物は全部本当の居場所だ。」
これはすてきだ台無しだ。

いろいろ不安も多かったですが、良い最終回でした。
二期がどのようになるのか全く見えないですが、期待して待ちましょう。

2016/03/27 (Sun) 23:15 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>ロゴさん

>アジー「ヘルメットがなければ即死だった」…え?
 よく生きてたよ(;´Д`)

>ガンダムフレームを余裕であしらうグリムゲルデってどんだけ高性能なんだ。
 設定を見ているとグリムゲルデは小回りが優秀な機体という印象を受けます。攻撃力自体はむしろ高くないみたいで。阿頼耶識なしで三日月達と渡り合うガエリオが凄腕で、初見で阿頼耶識の欠点まで見抜くマクギリスは更に凄腕ということでしょう。あとはおっしゃるようにメンタルをボロボロにされた状態だったので、キマリス得意の一撃離脱戦法を活かせなかったというのもあるかと。
 生きてて欲しいですねー、ホントいい奴ですから……

>三日月「おい、バルバトス、ちょっとそこでジャンプしてみい。ん、まだ音がするじゃねえか。全部よこせっつっただろ。」
 バルバトスの能力をカツアゲする三日月www

>私たちにとっては重大事だけど、三日月にとってはたいした事ではないらしいのがまた恐ろしい。
 オルガ言う所の「死んでも生きろ」ってことなんでしょうが、それでも最後に目を閉じようとするくらいには強敵でした。で、それを奮い立たせるのがオルガと言うのが実に格好いい。指示を実行するのてはなく突き動かされる、というのは2人の関係としてとても良かったと思います。

>あとで突っ込もうとしたら即三日月さんがドスをツッコんでた。
 うまい具合に張り詰めた空気が抜けましたけど、生身で「化物」を超えてるんだからやっぱり化物だと思いますw

>最後にちょっとだけ出てきてかっこいい事言っていく名瀬の兄貴もパネェ。
 ビスケットが死んだ時も彼がいてくれたらな、と思うのですが、それだとおんぶ抱っこになってしまいますからね。兄貴はいつも格好良くないといけない、それもまた物語。

>赤面しているアジーさんを見てはにわ氏は悶え苦しんでるはずだ。
>喜びでな!
 花京院?w
 まあ3人の中で死ぬならアジーだろうなと思っていたので、生きてくれていてホッとしてます。Web版予告でもデレてましたが今回は顔に出てましたねw

>いろいろ不安も多かったですが、良い最終回でした。
 こんなに鉄華団に希望のある終わり方になるとは思わなかったですね。2期はどこまで世界を変えることになるのかな。

2016/03/28 (Mon) 23:15 | EDIT | REPLY |   

tara  

サブタイトルが墓標的な意味合いでなくポジティブなものでホッとしました…

>バルバトスがCGS収蔵時に近い姿に戻ったように
成程、そこにも暗合があるんですね。
原点に回帰して仕切り直しての最終話。秋からの2期で彼らがどの方向へ向かって行くのか注目したいと思います。

ガエリオ…
あまりのあっけなさが逆にまだ何かあると思わずにはいられません(祈)

2016/03/29 (Tue) 00:01 | EDIT | REPLY |   

IDE  

闇鍋はにわさん、こんばんは。
こちらにもお邪魔します。

>「ありふれた筈の武器」を必殺兵器に仕立てあげる

リアルタイムでは正直「展開」について行けてなかった自分がいて気づかなかったのですが、確かにそうですね!
やっぱり「プロ」が創るものってのは凄いんだなぁ…。

2016/03/29 (Tue) 18:24 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>taraさん

>サブタイトルが墓標的な意味合いでなくポジティブなものでホッとしました…
 後半最終回に使っても良さそうなサブタイでしたからねえ。逆にそっちどうするんでしょう。

>>バルバトスがCGS収蔵時に近い姿に戻ったように
>成程、そこにも暗合があるんですね。
 バルバトスの姿と相まって、あの場面が火星を思わせる赤茶けた色彩になっていたのはとても美しかったと思います。苦しい生活を送った場所であっても、やっぱりあそこは三日月達の帰る場所なんですね。

>あまりのあっけなさが逆にまだ何かあると思わずにはいられません(祈)
 こうなるしかないよな、という展開でしたからねー……できれば彼にはマクギリスの本当の目的を知って、それに対して何か動いてほしいです。

2016/03/29 (Tue) 21:57 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>IDEさん

 こちらにもコメント、ありがとうございます。

>リアルタイムでは正直「展開」について行けてなかった自分がいて気づかなかったのですが、確かにそうですね!
>やっぱり「プロ」が創るものってのは凄いんだなぁ…。
 多くの人が関わるが故に、アニメって計算の産物ですからね。そしてオルフェンズはそれが伝わりやすい。落ち着いて見直してみると、新たな発見があると思いますよ。

2016/03/29 (Tue) 22:01 | EDIT | REPLY |   

towa  

こんにちは、towaです。遅まきながら闇鍋さんの1期までの感想を拝見しました!
鉄血はとても考えて作られているのが(わからないなりにも)感じられて、それでも富野ガンダムよりはまだ解り易いと思っていたのに、闇鍋さんの感想を読むとまだまだ全然理解できてなくて深いところが見えてなかったのでまた観たくなりますw

テーマのひとつの「家族」は名瀬さん家と鉄華団の共通点として描かれていたのはわかりましたが、もっと細かい部分で色々な所に対比等でも取り上げられているのですね。ビスケットや昭弘等の直接的な家族描写以外でも、感想を拝見していると様々な「家族」が言及されていて面白かったです!

>名有りキャラの死は生き残る者と視聴者へ心の傷を追わせるものであったという一貫性
このお言葉にすごく同意で、人死にの出るあらゆる創作物の理想の形じゃないかなと思います。鉄血はそこが本当に徹底していて、残されたキャラやその後のお話に影響を与えない死者は居なかったと感じました。死ぬキャラはいるけど無駄死にが全く無くて、キャラ好きにも安心して観られる作品でした。

いつもながら、感想面白かったです!2期の感想も楽しみにさせていただいております。それでは。

2017/01/30 (Mon) 15:50 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>towaさん

>鉄血はとても考えて作られているのが(わからないなりにも)感じられて、それでも富野ガンダムよりはまだ解り易いと思っていたのに、闇鍋さんの感想を読むとまだまだ全然理解できてなくて深いところが見えてなかったのでまた観たくなりますw
 ありがとうございます。感想本文にも書きましたが、とても勉強になる1期でした。去年は僕がアニメ感想を書く上でのブレイクスルーとなった年でしたが、それには2015秋からの本作という下準備が欠かせなかったように思います。本当に見方を広げてくれました。

>このお言葉にすごく同意で、人死にの出るあらゆる創作物の理想の形じゃないかなと思います。鉄血はそこが本当に徹底していて、残されたキャラやその後のお話に影響を与えない死者は居なかったと感じました。
 だからこそ辛いわけでもあるのですけどねー……orz ぐさぐさと刺されまくっております。そんな状況下で書いている2期感想もおいおい読んでいただければ。コメント、ありがとうございました。

2017/01/30 (Mon) 23:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

12 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話[最終話]
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話[最終話] 『鉄華団』 ≪あらすじ≫ グレイズアインの暴走によってついにエドモントン市街地でもMS戦を始めなければならなくなった鉄華団。阿頼耶識システムと真の融合を果たしたアインの前に苦戦する三日月は、バルバトスにあるものを要求して―― 公式ホームページ更新後に改訂予定 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ ◆生き...
  • 2016.03.27 (Sun) 22:43 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #25「鉄華団」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第25話を見ました。 #25 鉄華団 議事堂へと急ぐオルガ達の前に現れたクーデリアを狙うアインのもとに三日月が駆けつける。 『俺達は議事堂へ向かう。そっちは任せたぞ』 「あぁ、任され、た!」 その頃、ガエリオの前に立ちはだかったマクギリスは正体と目的を明かす。 「ギャラルホルンが提唱してきた人体改造は悪であるという思想を真っ向...
  • 2016.03.27 (Sun) 22:45 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  「鉄血のオルフェンズ」は「心が叫びたがってるんだ」であるーオルフェンズの総評
  • 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」25話「鉄華団」を視聴。 ※サブタイトルが出る直前のこの絵が美しい。この絵を見せたいがために、 オルフェンズの物語を帰納法的に作ってきたのではないだろうか。 1話の感想記事で、長井龍雪・岡田麿里コンビの映画になぞらえて 「ガンダムが叫びたがってるんだ」と書いたのだが、 案外、1期最終話はここさけではないかと思った。 その...
  • 2016.03.27 (Sun) 22:48 | 失われた何か 
この記事へのトラックバック
  •  【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】 第25話『鉄華団』キャプ付感想
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話『鉄華団』 感想(画像付) ラジオで最終話は視聴率10%超える祈願をしてたけど、どうなったのか? とりあえず2期が秋からあってめでたしめでたしの最終回。 何よりラフタとアジーが生きてたのでノープロブレムです!w アインとガエリオだけ超不幸だった、何も救いがないね~。 マクギリスの最悪なロリコン野郎には2期では報いが来いと祈ら...
  • 2016.03.27 (Sun) 22:51 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第25話 (最終話)『鉄華団』感想
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.03.22バンダイビジュアル (2016-04-22)売り上げランキング: 209Amazon.co.jpで詳細を見る  とりあえず、業務報告。  ガエリオのことで泣き過ぎて、泣き疲れました。  加えて、最終回に相応しく、書きたいことがとても多くなりました。 ...
  • 2016.03.27 (Sun) 23:45 | 新・00をひとりごつ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第25話「鉄華団」
  • おしまい。死んだかどうか不明だったパイロットは皆無事で良かった。他の家族もそれなりの数が生き残った様子。もっと悲惨な結末さえ予想してた(汗)。しかしアインはラスボスとしてちょっと物足りなかったかも。ガエリオとマッキー、そして三日月くんは良い役回りしてたおかげでアインの存在感が薄くなった感じだし、そもそも(前述と矛盾するようだが)結局誰も殺せてないし。悲愴な叫びをまともに聞く人いないとは。最後...
  • 2016.03.28 (Mon) 18:23 | 悠遊自適
この記事へのトラックバック