Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

人の心を学びなさい/ディメンションW12話感想


 良かった、このアニメを見られて。

>拍手返信:ひそかさん
 ひそかさんもブブキ感想お疲れ様でした! 付いていくのがなかなかな大変な最終回でしたねー……続編は感情を乗せやすいといいんですけど。



ディメンションW 第12話(最終回)「辿りついた未来」
©岩原裕二/スクウェアエニックス・DW製作委員会.
160328_03.jpg
160328_04.jpg
160328_05.jpg
 シーマイヤーによって変わり果てた姿となったソフィアを見せられ、なおも彼と対峙するルーザー。一方、キョーマは取り戻した記憶に打ちのめされ……
 過去があるからこそ生まれる未来、第12話。今回は10巻のイースター島編終了部分、約160ページ分の進行。構成そのものはそれほど大きな変更はないのですが、3つの「2人組」がそれぞれ相棒に思いを伝えるよう変更されているのが印象的です。

 妻の魂が解放されるのを見届けて、ルーザーは逝く。ずっと彼を助けてくれた義理の娘に「エリー、ありがとう」と言い残して。
 弟に消えない傷を負わせてしまったサルバは、それを救う手段を得られなかった事を素直に詫びる。あの傲岸不遜な彼が「すまない、ルワイ」と。
 そして、失った過去にくじけたところを救われたキョーマは、初めてミラをポンコツではなく名前で呼ぶ。「ありがとよ、ミラ」と。

 この内ルーザーとサルバの台詞はアニメオリジナルなのですが、キョーマの感謝だけは原作ではもっと前にあったものです。球体に触れて意識を失っている間自分を守ってくれたことに対して、頭をなでるのと一緒に口にしたのがこの台詞だったのでした。もちろん単純に温存したと理解しても素敵なシーンなのですが、2人組としてキョーマに近い立場にあるルーザーとサルバの台詞が重ねられると、「無駄なことなんてなかった」というキョーマの言葉により味わいが増して感じられます。

 イースター島でのシーマイヤーの凶行でルーザーは妻や自分の肉体の多くを失ったけれど、それによってエリーという存在を得ることができた。
 事故とは言え自分の過失でルーの体を壊してしまったサルバは、それによってルーが自分にどれだけ大切なのかを知ることができた。
 雅を救うことができず心に大きなトラウマを抱えたキョーマは、雅の義体を使って生まれたミラによってそれを吹っ切ることができた。

 確かに彼らは取り返しのつかないものを失った。けれど、だからこそ得られたものがある。3つもの2人組を配するが故にそれはけして特別なことではなく、力強いメッセージになる。それは、2人組ではないですがシーマイヤーにすら言えることです。凶行を重ね、5年間アドラステアで孤独に耐えた彼は結局、ジェネシスを得ることはできなかった。けれど、だからこそ彼は最期の瞬間に百合崎士堂博士に再会し、彼のかつて持っていた「尊敬する師」への思いを取り戻して逝くことができた。もちろん彼の行いは許されるものではないのだけど、一面やはり「無駄なことなんてなかった」のです。

 本アニメは原作10巻が12話に収まるよう大胆に展開をカットしていますが、それによって持ち味が薄れてしまうどころか、むしろそのテーマ性や魅力がよりシャープに出ているのが原作ファンとして非常に驚かされた作品でした。単行本で期間を空けつつ読んでいることもありますが、こんなにはっきり中身が込められた作品だったんだなあ……いや、原作は原作でディティールが豊かで好きなんですけどね。
 特にヒロインであるミラは映像面のピックアップはもちろん、「機械であるが故の固さと純朴さ」が上田麗奈の演技によって見事に表現されており、彼女のかわいさは間違いなく本アニメを見る上での大きな楽しみとなってくれていました。
 惜しむらくはミラがあまりに魅力的になってしまったが故に、このイースター島編でキョーマに主軸が移って彼女が中衛に回ってしまうとそれが寂しく感じられてしまうこと、そしてそのイースター島編自体がいくらなんでも長過ぎたことでしょうか。12話中7話がここに割かれてるんだもの。イースター島編はあくまでキョーマの過去の決着を主軸としたものなので仕方ないところではあるし、結末自体は文句なしなのですが。寂しいものは仕方ない。そう駄々をこねたくなるくらいかわいいんだから仕方ないwww 二重コイルを埋め込まれたミラの物語はここからがスタートですので、彼女のかわいさをより堪能したい人は原作を買って脳内アテレコしましょう(ダイマ)

 「原作をできるだけ忠実に再現する」だけがアニメ化のあり方じゃない。そんなことを感じさせてくれる作品でした。本当に素晴らしい仕事をしてくれたと思います。スタッフの皆様、どうもお疲れ様でした!

関連:
ディメンションW 感想リスト

ディメンションW 第1話「回収屋」
ディメンションW 第2話「ルーザー」
ディメンションW 第3話「ナンバーズを追え」
ディメンションW 第4話「八十神湖に潜む謎」
ディメンションW 第5話「亡者の可能性」
ディメンションW 第6話「アフリカの風」
ディメンションW 第7話「過去からの呼び声」
ディメンションW 第8話「虚無に落ちた島」
ディメンションW 第9話「アドラステアの鍵」
ディメンションW 第10話「蘇る悪夢」
ディメンションW 第11話「消えたジェネシス」

漫画感想(「となりの関くん」3巻、「Dimension W」2巻)
漫画感想(「スイーツどんぶり」1巻、「Dimension W」3巻)
漫画感想(「ディメンションW」4巻)
漫画感想(「ディメンションW」5巻)
漫画感想(「ディメンションW」6巻)
漫画感想(「ディメンションW」7~9巻)
漫画感想(「ディメンションW」10巻)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

4 Comments

ロゴ  

ラストで主題歌と共にルワイが出てきたときはひょっとして踊るんじゃないかと期待してしまいました。

ルーザーはここで退場してしまうのですね。
仮面を付けて再登場はないかぁ。(もう付けてるって

とりあえず少しずつダイマには乗ってみようかと。
電子版ですが。

2016/03/28 (Mon) 23:10 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>ロゴさん

>ラストで主題歌と共にルワイが出てきたときはひょっとして踊るんじゃないかと期待してしまいました。
 搭乗していたロボットを両脇に踊るとまた面白いかも(作画が死ぬ)

>ルーザーはここで退場してしまうのですね。
 寂しくはありますが、やること終わっちゃいましたからね。エリーがどうそれを継いでくれるか、でしょうか。

>とりあえず少しずつダイマには乗ってみようかと。
>電子版ですが。
 ぜひぜひーw 圧縮されたアニメを見た後だと、原作のディティールもより詳しく感じられるかと思います。

2016/03/28 (Mon) 23:19 | EDIT | REPLY |   

IDE  

闇鍋はにわさん、こんにちは。
たぶんコメントさせていただくのは初めてのIDE(イデ)と申します。
(結構前から読ませていただいてはいたのですが、コメントとかは記憶が曖昧で…m(_ _)m)

僕は原作未読なのですが、今作で強く思ったのは…本筋から外れちゃいますが、キョーマ役のオノDこと小野大輔さんです。

ラジオ・パーソナリティとしては好きなのですが、
前々から他作品でも少し感じていたのですが、オノDって演技「ヘタ」じゃないですか?
特に今作、勢いや棒読みに終始していた様に感じられたんです。
ストーリーや絵があったから「キョーマ」という役は何とか理解できたのですが、演技は合っていたのでしょうか?
感情的に共感できなかった、というのが僕の感想なのですが…。

2016/03/29 (Tue) 17:53 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>IDEさん

 こんばんわ。おそらくコメントいただくのは初めてかと思いますが、以前から読んでいただいていたということで、それを含めてありがとうございます。

 うーん……個人的には特に違和感はなかったですかねえ。本当によほど酷いのでないと、演技に対する僕のダメ出しセンサーって反応しないので……
 アニメのキョーマはカットの結果、原作以上に格好いいキャラになっていましたのて、格好いい声を出せる小野大輔は適役だったのではないかなと思います。まあ、1番感じ入ったのは感想に書いたように上田麗奈なんですが。
 IDEさんが違和感を持ったとしたら、それは演技力以上に、格好良くなったキョーマそのものに対する部分なのかもしれません。

2016/03/29 (Tue) 21:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  Dimension W TokyoMX(3/27)#12終
  • 最終回 第12話 辿り着いた未来 シーマイヤーはソフィアの肉体を利用して怪物を生み出していた。心臓と手首だけは生体認証に必要だから残してある。そんな怪物に立ち向かうルーザー。肉体に5つのナンバーズを組み込んだのはゲートを開くためだった。これでゲートを開いてシーマイヤーを、現実の世界に引きずり出してやる。狡猾なシーマイヤーは妻ソフィアの肉体をハリボテで作って ルーザーの攻撃の手を止めさせる。そ...
  • 2016.03.29 (Tue) 02:08 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  【Dimension W】 第12話『辿りついた未来』キャプ付感想
  • Dimension W 第12話『辿りついた未来』 感想(画像付) 椿と選び辿り着いた未来…。 ジェネシスの起こした事件に決着。 おっさんと女の子の異色のコンビの物語、面白かったですね! ミラちゃんが託された色緑のコイルの可能性。 続きも気になる終わりですw 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
  • 2016.03.29 (Tue) 22:45 | 空 と 夏 の 間 ...