Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

急がなきゃなんねえぞ/うしおととら27話感想


 文庫本をまとめて購入……したが3ヶ月後まで封印。

>拍手返信:と~しきさん(だがしかし12話)
>>ほたるさんやサヤ師の唇が色っぽくって良かった!
 口元を描写する必然性もあって、強調が納得できるサービスでしたね。このあたりの艶っぽさはアニメの強み。今回は元がある話の組み合わせで上手いことテーマを持たせてあったなと思います。こちらこそ、拍手コメありがとうございましたー。



うしおととら 第27話「風が吹く」
©藤田和日郎・小学館/うしおととら製作委員会
160402_51.jpg
160402_52.jpg
160402_53.jpg
 白面の者との決戦を控え、やれることをやっておこうと決意したうしお。麻子にも少しだけ素直になれたのだが……
 再会と断絶の27話。3ヶ月前の26話の締めでは紫暮に「それまではせめてこのひとときの日常が続くように」と語らせていたのだが、3ヶ月後の再開早々にその日常を終わらせるという苛烈な展開に愕然。しかも日常を離れなくてはならないというのではなく日常そのものがなくなってしまうこと、そしてうしお自身がその大切さを認識したタイミング (「俺には来年なんか、こねえかもしれないじゃねえか」)というのがえげつない。何かものすごい話が吹っ飛んでいるそうではあるのだけど、原作ほぼ未読の身としては3ヶ月のブランクが上手いことインパクトに繋がってくれていました。うわーうわーうわーほんと返してくれよあの3ヶ月前を。

 アニメでも半年はかけて描かれた信頼関係が破壊されるのは実に無残な一方で、それは新しい関係性の芽生えの機会でもあります。うしおの存在が空想とされることで真由子のうしおと麻子に対する秘めた思いは漏出するし、現在の獣の槍の使い手の記憶が失われたことで妖怪達は新たな獣の槍を作り出そうと真由子とジエメイの血縁を掘り出す。そうした部分から言えば、記憶の消去と繋がっていなくともキリオが真由子の家に引き取られたことも「新しい家族」という関係性の発端になっている。これからうしおを取り巻く人々の様相は、物語とともに急変していくのだろうなと思える再開第1話でした。
 ただ本当に誰もがうしおの事を忘れてしまうととっかかりもなくなってしまう所、最初にうしおの事を「覚えている」のがとらというのがタイトルに忠実よね。小夜だとヒロインが交代しかねんwww 覚えてくれていたことに涙するより抱きつくより先に、ガッツポーズ。暗く湿っぽい展開を晴らす……というより吹き飛ばす、この作品の掲載誌が少年漫画であることを思い出させてくれる良いワンシーンだったと思います。
 さてさてのっけからフルスロットル(というかそうでないと間に合わないのであろうな)、次回はどんな試練が待ち構えているのでしょう。

関連:
うしおととら 感想リスト

うしおととら 第1話「うしおとらとであうの縁」
うしおととら 第2話「石喰い」
うしおととら 第3話「絵に棲む鬼」
うしおととら 第4話「とら街へゆく」
うしおととら 第5話「符咒師 鏢」
うしおととら 第6話「あやかしの海」
うしおととら 第7話「伝承」
うしおととら 第8話「ヤツは空にいる」
うしおととら 第9話「風狂い」
うしおととら 第10話「童のいる家」
うしおととら 第11話「一撃の鏡」
うしおととら 第12話「遠野妖怪戦道行~其の壱~」
うしおととら 第13話「遠野妖怪戦道行~其の弐~」
うしおととら 第14話「婢妖追跡~伝承者」
うしおととら 第15話「追撃の交差~伝承者」
うしおととら 第16話「変貌」
うしおととら 第17話「カムイコタンへ」
うしおととら 第18話「復活~そしてついに」
うしおととら 第19話「時逆の妖」
うしおととら 第20話「妖、帰還す」
うしおととら 第21話「四人目のキリオ」
うしおととら 第22話「激召~獣の槍破壊のこと」
うしおととら 第23話「永劫の孤独」
うしおととら 第24話「愚か者は宴に集う」
うしおととら 第25話「H・A・M・M・R~ハマー機関~」
うしおととら 第26話(最終回)「TATARI BREAKER」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/tokyomx40127-81.html
http://tarasite.blog.fc2.com/blog-entry-1521.html

2 Comments

tara  

文庫版、あと3ヶ月の辛抱ですね。
今回の話なんかも、原作だと“うしあさ”成分が一層多めだったりするので楽しみにしちゃって下さい(^^)

うしおのガッツポーズのシーンは、原作でもとりわけ印象に残っている大ゴマです。麻子の「誰…?」との対比という意味でも…
この2つのシーンを前半パートの中に収めた、ジェットコースターな乱高下が素晴らしかったです(^^)

2016/04/09 (Sat) 22:35 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>taraさん

>文庫版、あと3ヶ月の辛抱ですね。
>今回の話なんかも、原作だと“うしあさ”成分が一層多めだったりするので楽しみにしちゃって下さい(^^)
 ついつい読みたくなってしまうのですが、縛ってんなんとか封印しておりますw 3ヶ月後が待ち遠しいですねー。

>うしおのガッツポーズのシーンは、原作でもとりわけ印象に残っている大ゴマです。麻子の「誰…?」との対比という意味でも…
>この2つのシーンを前半パートの中に収めた、ジェットコースターな乱高下が素晴らしかったです(^^)
 おお、あのシーンは大ゴマなんですね。納得です。原作とアニメではやはりスピード感も違うでしょうから、その辺り読むのが改めて楽しみになってきました。ありがとうございます。

2016/04/10 (Sun) 07:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  うしおととら TokyoMX(4/01)#27新
  • 第弐拾七話 風が吹く 2300年前に獣の槍に恐怖を感じた白面の者。あの槍と持ち主を警戒する。 最終決戦が近いと感じる潮、今のうちに出来ることはやっておかないと。麻子に借りたノートを返した帰りに偶然遭遇する。麻子は潮のために名前を刺繍したバッグを作ろうと準備していた。出会うと、照れくさくて口喧嘩してしまう。来年も会えるとは限らない、素直になろうとする潮。 しかし白面の者が操る婢妖が麻子の記憶を...
  • 2016.04.03 (Sun) 00:35 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  うしおととら 第27話 「風が吹く」 感想
  • 分割3クール目ですが、尺の都合でカットされた影響で え!?と思う場面がいくつも。 やっぱり5クールはほしかったなぁ。 白面の者との最終決戦が近づいていることに焦りと 不安を隠しきれない潮。 そんな潮は学校の帰り道、偶然に麻子と出会うが いつものようにケンカをしてしまう。 いつも通りの日常が続くとは限らないと本当の気持ちに 少しだけ正直になり、からかい、ふざけあう。 しか...
  • 2016.04.05 (Tue) 01:37 | ひえんきゃく
この記事へのトラックバック
  •  アニメ感想 『うしおととら』第弐拾七話「風が吹く」
  • 早い地域ではもう2話目が放送されていますが(^^;) ともあれ、『うしおととら』放送再開です。最終章の1クール! 原作を読んでいる身としては、この先の展開を残り13話にどう収めるのか、どうまとめるのか…という点に注目しつつ懸念も感じていますが、勢い重視で突き進んで欲しいです(^^) そんな期待に応える内容だった再開1話目。 再開早々にこの展開か!って感じでしたね~
  • 2016.04.09 (Sat) 03:46 | たらさいと