その感覚を忘れるな/ドラゴンボール超37話感想 


 ぶっちゃけ騙されて超サイヤ人レベルに怒ったキャベよりも、「皆が殺される」という意図的な想像の怒りだけで超サイヤ人になった悟飯の方がとんでもないと思うの。

>拍手返信:雪光さん
 最初は「逆ギレメンタルvs豆腐メンタルwww」とかやろうと思ったのですが、書いてる内にこんな意味があるのではないかなと考え直しました。
 ベジータは最終決戦は悟空に譲らざるを得ないでしょうから、こういうところで釣り合いをとっているのかもしれません。



ドラゴンボール超 第37話「サイヤ人の誇りを忘れるな! ベジータVS第6宇宙のサイヤ人」
© バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

160403_08.jpg
160403_09.jpg
160403_10.jpg
 フロストに続いてマゲッタも撃破したベジータの相手は第6宇宙のサイヤ人・キャベ。ノーマル状態では自分と互角のキャベにベジータは期待するが、キャベは超サイヤ人になることができず……
 宇宙を越えて繋がるサイヤ人のアイデンティティ、第37話。全く関連性のない相手だったマゲッタ戦を挟んだ後ということもあってか、今回は主役である2つの宇宙のサイヤ人の関係性を描くために対の描写が多め。仲良くくっだらないことで喧嘩するけど意外と意見が合うビルスとシャンパ、自分の宇宙のサイヤ人の自慢をする界王神、あと選手席で気絶しているモナカとフロストwww

 今回は「キャベを鍛えてやるベジータ」というストーリーの骨子が明確ですが、それを踏まえてみるとキャベのデザインが的確であることが感じられます。悟空達との名勝負を期待させてしまうような同じ体格の持ち主ではなく、かと言って悟天やトランクスのように無邪気さが目立つ子供というわけでもない。その中間に位置し、かつセル編時の少年悟飯より細身の彼はまさに「後輩」と表現するのが相応しい。やや頼りなげにも見える腕の細さも超サイヤ人に覚醒すれば精悍な顔立ちへの変化で補われるし、意外にもこれまでなかった立ち位置だなと思います。
 この辺りの変化は戦闘シーンにも現れていて、超サイヤ人化前の戦闘は相手の虚を突く「素早さ以外が要点の戦い」、キャベの姿勢に怒りを見せるベジータの攻撃はスピードで「格の違いを見せる戦い」、そして超サイヤ人化したキャベはそれらを踏まえつつ「パワーを見せる戦い」と、順々に描写にアクセルがかかっていくのが印象的。まあ最初のは動かない事のほうが目に入ったけどw 最終的にベジータが全てを吹っ飛ばすアクションとして、代名詞のグミ打ちをロボットアニメのように一蹴するのも面白かったなあ。

 戦略上は見せない方が得策のはずの超サイヤ人ブルー(あ、もうSSGSSって呼ばないんだ)をキャベへの餞として披露し、それがこれまで瞑目していたヒットに初めて目を見開かせる……という演出とストーリーの咬み合いもよく、見ていてとてもスッキリする回でした。
 さて、これでベジータのターンは終了っぽいが次週はどう食い下がるんだろう。

関連:
ドラゴンボール超 感想リスト

シーズン外アニメ感想「ドラゴンボールZ 神と神」
映画感想「ドラゴンボールZ 復活の「F」」
ドラゴンボール超 感想リスト


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/04/03 Sun. 16:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« いけないボーダーライン/マクロスΔ1話感想  |  1人じゃ無理だ/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 1話感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1762-6d3dee24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △