Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

知らない人/クロムクロ1話感想


 キャラの主張という意味でもヒロインも脱がせるべきだった(真顔)



クロムクロ 第1話「鬼の降る空」
©クロムクロ製作委員会
160408_03.jpg
160408_04.jpg
160408_05.jpg
 進路相談を迎えた白羽 由希奈は、母親の反応に困惑していた。忘れ物のスマホを届けに、彼女の研究所へ行くのだが……
 P.A.WORKS初のロボットアニメ、開幕の第1話。ヒロインが学力などなど様々な点で平凡(どちらかと言うと)であることが地味ーに示されているのが印象的。
 火星に行きたいというのが偏差値いくつ必要なのかはよく分からないが、あと30上げろというのは少なくとも並以上の成績とは感じにくいし、飛び級生には軽んじられている節がある。同レベルなのであろう友人も自分に知恵も根性もないと言ってのけるし、母親は所長だのロボット開発だのの実績や言動など全てが常人離れしていて娘の平凡さが余計際立つ。ドジっ子だのテスト0点だのと言った定型的な描写ほどコミカルでない故に軽くなく、かと言って沈む描写になるほど深刻でもなく、独特の重量で彼女のコンプレックスが描かれていたように思います。ただ、それ故に彼女への印象が強烈さを感じなかったのも確かなんだけど。巻き込まれ型主人公(ヒロイン)が成立する前に終わっちゃってるわけだしこの1話。
 一方でふざけた進路希望かと思えた火星に行ってみたいとは思っていたり、黒部ダムに目を輝かせたりと「彼女だけ」のものも見せているし、どうも主人公の言う所の「姫」とか関わりがあるようでもある。内外に存在する彼女の「特別」をどう掘り下げるかが彼女の魅力の鍵かしらん。

 戦闘シーンについては小鬼っぽい小さな敵と小型の人型兵器同士の戦いが侍大将に対する足軽兵のイメージパターンを想起て印象的。でも自分を鼓舞しているのであろうトムの言動はぶっちゃけ下品さの方が目立つんで、早いところ成長してくれると助かります。
 とにもかくにも次回で主人公とロボがちゃんと動いてくれる描写待ちかな。

 しかしこれ、度々「撮影する」と言う行為が畫かれるのは何かあるんだろうか。研究者の男だけじゃなくヒロインも撮影していると勘ぐりたくなるな。

関連:
クロムクロ 感想リスト


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4853.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2016-04-08
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12930.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/tokyomx40701-fc.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-1365.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-4346.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/04/kuro-1.html
http://aiba.livedoor.biz/archives/52322327.html

4 Comments

MITSUKI  

空からくる謎の敵、目覚めた謎の侍、まだ1話ですが
いろいろと引き込まれる1話でした。

由希奈の父?が『鬼が来る』と言っていたり
攻めてきた敵は吹き出すオイルみたいのが血に見えたり
中にパイロットがいないような演出で不気味でしたね。

量産ロボのガウス、でしたか。確かにパイロットの男は
口が悪かったですね(苦笑)…毎回あれじゃゲンナリするかも。

ともかく次回は主人公機が起動するようですし、期待して待ちます。

2016/04/08 (Fri) 22:46 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

1話はまだ導入という感じですねー。次回でどう繋ぎ止めてくれるか。最初に襲ってきたロボ軍団の大将がやられたのは意外でしたが、実際これの中ってどうなってるんでしょう。意思疎通できる相手なのかしらん。

>確かにパイロットの男は 口が悪かったですね(苦笑)
シンプルに鬱陶しいです(;´∀`)

次回で魅力をがーっと伝えてくれるのを期待しましょー。

2016/04/09 (Sat) 13:54 | EDIT | REPLY |   

ロゴ  

ようやく1話見たよ。
もう2話が垂れ流されてるというのに。
ああ、きっと地震のテロップでいっぱいだろうなぁ。

口の悪い人の罵倒台詞に何か元ネタがありそうだけど、どうにも思い出せない。
最終回までにぐう聖になってたら笑う。
とりあえず紅茶でも与えてみよう。(どう考えてもローズヒップ止まり)

2016/04/16 (Sat) 23:23 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>ロゴさん

>ああ、きっと地震のテロップでいっぱいだろうなぁ。
 TOKYO MXはL字でしたねー。キャプ画は若干サイズを落としているので切り取ってL字なしの状態にしてもいつも通りにできましたが。

>口の悪い人の罵倒台詞に何か元ネタがありそうだけど、どうにも思い出せない。
 ハートマン軍曹らしいです、フルメタル・ジャケット本編を見てない僕が言うのは気が引けますが。
 彼については非戦闘時の様子を早く見たいものです。

2016/04/17 (Sun) 06:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

6 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  【クロムクロ】 第1話『鬼の降る空』 キャプ付感想
  • クロムクロ 第1話『鬼の降る空』 感想(画像付) P.A.WORKSの15周年記念作品。 侍とロボ!? 新ジャンル“メカアクション”ですね。 まだ1話だけど、ヒロインが珍しく凶暴じゃないのがいいですねw P.A.作品はヒロインが元気すぎる印象があるからね(^^; 裸の侍の股の隠し方が鉄壁でしたw   以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
  • 2016.04.08 (Fri) 22:08 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  クロムクロ TokyoMX(4/07)#01新
  • 第1話 鬼の降る空 戦国の時代にロボット同士も戦っていた。 白羽由希奈は母親と進路について3者面談。彼女の進路は火星だったが今は行われていない。成績も悪く武隈先生は厳しく指導するが母親の洋海は 頑張れば何でも可能と考える人だった。 彼女は国連の研究所長、携帯電話を忘れてしまう。由希奈は友人の萩布美夏と黒部ダムの隣、研究所の 新立山駅で下車して携帯電話を届けに向かう。荒俣稔率いるアーティファク...
  • 2016.04.08 (Fri) 22:22 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  クロムクロ 第1話 「鬼の降る空」
  • みえ… 見事なチ●コ隠しだったw 戦闘シーンよりもそっちが気になって全然集中できませんでした(つ∀`) 上のシーンで真っ先に思い出したのが花咲くいろはでのお風呂シーン。 その際も強引な方法で隠してたんですよねw まあ、この回はなこちたちの裸がどうこうじゃなくて女将さんが全て持っていったんだけど(ノ∀`)
  • 2016.04.10 (Sun) 00:37 | リリカルマジカルSS