もう誰もこぼさねえ/うしおととら28話感想 


 「もう」誰もこぼさないという重さ。

>拍手返信:雪光さん
>第2クールの切り方が絶妙なタイミングだったのかなと思ったりしました。
 アバンや前後半などもそうですが、どこで区切るかって大事だなと本アニメを見て改めて思いました。過ぎ去った時間の大切さを感じさせてくれる再開第1話でしたねー…… 誰もがうしおのことを忘れている中、とらだけが覚えているというのは2人が物語の中心であるのがはっきり感じられて良かったです。まあ、もし互いが互いのことを忘れてたら面倒なことこの上ないだろうなという想像もしますけどw 応援ありがとうございます、頑張りますよー。



うしおととら 第28話「もうこぼさない」
©藤田和日郎・小学館/うしおととら製作委員会
160409_53.jpg
160409_54.jpg
160409_55.jpg
 獣の槍を再び作るため、真由子の身代わりを買って出た麻子。その脳裏を過るのは……自分だけの絆、28話。
 さすがにちょっと展開が早いなという感もあるのだが、当人が覚えていなくても、自覚していなくてもその残したものは確かにあると感じられる展開が印象的。真由子にそのつもりはなくても麻子から見た彼女は本当はとてもしっかりしていて、だから今度は自分がしっかりしなきゃと思う。麻子の命がけの身代わりは、かつての彼女の「その人のまんま」という言葉の証明を真由子に見せ、真由子にお役目様となることを決意させる(麻子自身は気を失っていて、そんな影響を与えたことは知らない)。行ったことは全てが良い方向に行くのではなく、今回の誘拐騒動を引き起こしたりもするのだけど、でも、全ては確かに残っている。多くの人を救えなかったうしおの悔いだって、麻子をけして失いたくないという強い思いへと繋がる。炉に飛び込めたのは、かつてジエメイを救えなかったからこそだ。だからこの2話の出来事だって忘却の果てではなく積み重ねの先の事だし、ありがたがられなかったうしおの加勢だって妖怪達の心に何かを残している。

 そういう、忘却という断絶にあって飛び石のように残響を強く残しているのが麻子というのがヒロインぶりが良くて実に切ない。「こんな人とこうしたかった」という心残り語りが「この人じゃなきゃダメだ」というどうしようもない告白になっているという。それはうしおの名前が失われても存在までは彼女から失われていない何よりの証明だし、うしおは自分の中に彼女が生きていればそれだけでいいとすら言ってしまう。そりゃ慎ましい小夜だってうらやましがる。この強いけど細い糸を手繰るような情感と、唯一失われることなく連続しているうしおととらの絆を絡め合わせて物語の力強さを維持しているのは先週に引き続き、少年が読む漫画という感じで心地良い。

 ……で、こんな事になると聞いてはいたのだけど、今回のような展開を見ると、ラストで再登場した彼の心にうしお達が「何を残して」いたのか、とても気になりますね。とらとよく似た白面の者の部下達の登場も、とらに本当は「何が残って」いるのか興味をそそられる。さてさて、これらはどんな風に明かされるのかな。

関連:
うしおととら 感想リスト

うしおととら 第1話「うしおとらとであうの縁」
うしおととら 第2話「石喰い」
うしおととら 第3話「絵に棲む鬼」
うしおととら 第4話「とら街へゆく」
うしおととら 第5話「符咒師 鏢」
うしおととら 第6話「あやかしの海」
うしおととら 第7話「伝承」
うしおととら 第8話「ヤツは空にいる」
うしおととら 第9話「風狂い」
うしおととら 第10話「童のいる家」
うしおととら 第11話「一撃の鏡」
うしおととら 第12話「遠野妖怪戦道行~其の壱~」
うしおととら 第13話「遠野妖怪戦道行~其の弐~」
うしおととら 第14話「婢妖追跡~伝承者」
うしおととら 第15話「追撃の交差~伝承者」
うしおととら 第16話「変貌」
うしおととら 第17話「カムイコタンへ」
うしおととら 第18話「復活~そしてついに」
うしおととら 第19話「時逆の妖」
うしおととら 第20話「妖、帰還す」
うしおととら 第21話「四人目のキリオ」
うしおととら 第22話「激召~獣の槍破壊のこと」
うしおととら 第23話「永劫の孤独」
うしおととら 第24話「愚か者は宴に集う」
うしおととら 第25話「H・A・M・M・R~ハマー機関~」
うしおととら 第26話(最終回)「TATARI BREAKER」
うしおととら 第27話「風が吹く」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/tokyomx40828-de.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/04/09 Sat. 21:59 [edit]

CM: 2
TB: 2

top △

« 人が人を信じるのは/ 機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 2話感想  |  漫画感想「お前ら全員めんどくさい!」2~4巻 »

コメント

ジェットコースターなテンポですが、麻子の決意と真由子の決断を前後半でそれぞれ描いた構成には一貫性を感じました。
痛々しい描写はややソフトに抑えられていた印象ですが、それを補って余りある各キャストの演技に心揺さぶられました…

ラストの“彼”はちょっと先出し感があって、衝撃が薄まってしまうのは残念(^^;)
まぁそれを言ったらOPで盛大に先出ししちゃってますがw

tara #BjZB.8K6 | URL | 2016/04/17 23:23 * edit *

>taraさん

>ジェットコースターなテンポですが、麻子の決意と真由子の決断を前後半でそれぞれ描いた構成には一貫性を感じました。
 そうですね、その2つを起と承に使っているわけなのか。なるほど。うしおの叫びは正に絶叫という感じで格好良かったです。

>ラストの“彼”はちょっと先出し感があって、衝撃が薄まってしまうのは残念(^^;)
>まぁそれを言ったらOPで盛大に先出ししちゃってますがw
 ラストのアレはアニオリか先出しなのですね。微妙に聞いてはいるのですが、先週石になっていなかったことにアレを見て気付きました。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/04/19 00:26 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1770-9d47ee29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うしおととら TokyoMX(4/08)#28

第弐拾八話 もうこぼさない 麻子だけは帰って良い、真由子は人身御供になってもらう。それを聞いて怒る麻子を突き飛ばす。結界に触れて危険な麻子を守ろうと手を差し伸ばす真由子。初めてジエメイの生まれ変わりとしての能力を発揮する。妖怪たちは獣の槍を再び制作するために真由子を人身御供と して利用するつもりだったのだ。 潮ととらは空屋敷に麻子と真由子を奪い返しに向った。しかし二人の記憶を消去された妖怪た...

ぬる~くまったりと | 2016/04/09 22:47

うしおととら 第28話 「もうこぼさない」 感想

東西妖大戦のエピソードがカットされているのにジエメイが そのことに触れた時に思わずツッコミを入れてしまいましたよ。 視聴者の記憶を食っていたとは婢妖恐るべし(笑) 獣の槍が砕け散るという未来を知った東西の妖の 長たちが出した結論―― それは、ジエメイの血を引き、お役目としての力に 目覚めた真由子を人身御供にして獣の槍をもう一度 造りあげるというものだった。 不思議な力に気...

ひえんきゃく | 2016/04/12 00:42

top △

2017-08