人が人を信じるのは/ 機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 2話感想 


 リゼル、安価なメタスとジェガンを配合して可変MSを量産するって合理的よね。



機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第2話「最初の血」
©創通・サンライズ
160410_03.jpg
160410_04.jpg
160410_05.jpg
 戦争を止めるという少女は、自らをオードリーと名乗った。追跡をくぐり抜けビスト財団へとたどり着いたバナージは、不思議な既視感に襲われ……流れる血、第2話。 あー、そうかOVA1話が50分ならTV版は3週分になるのか、と改めて先週冒頭でユニコーンガンダムの起動を描いた意味を理解して得心。
 序盤の正に「ローマの休日(見たことないけど)」的なバナージとオードリーの触れ合いが微笑ましさを交えつつある程度気軽に見られる分、その後のカーディアスとジンネマンのやりとりと戦闘シーンの重なりの情報量の多さに頭が痛くなる。特にここで語られているのは説明というよりニュータイプという概念だからなおさら。もっともニュータイプの歴史は正に宇宙での戦争の歴史と同じ時を歩んできたものだし、それが撃墜王と混同されてゆくという意味で会話と戦闘が重なることには意味があるし、ニュータイプへの誤解と同様にカーディアスとジンネマンの会談が誤解で流血に終わる(人が人を信じるのは本当に難しい)というのは歴史の再演でもあるわけですね。そもそもギラ・ズールがリゼルに仕掛けたのも見つかったと「誤解」したからのようだし。

 同時にこの意思疎通の難しさというのは、バナージとオードリーのやりとりから連続しているものでもあります。バナージは彼女に今まで自分が感じていたズレを元に戻してくれる何かを感じて、だから彼女を手伝おうとする。実の親の顔を知らず、友人とも違いを感じながら生きてきた彼が「俺と同じだ」と言う。そこにこれまでにない期待が込められていたのは想像に難くないし、カーディアスに退去を促された時のバナージの「必要だって言ってくれ」という言葉に至ってはほとんど決め台詞になってもいいものです。でも、それはオードリーには届かない。彼女はあくまでバナージの安全を考えて「必要ない」と言い放つ。人が人を信じるのは本当に難しい。

 宇宙世紀の、ガンダムの歴史の中でニュータイプは高い戦闘能力を持つ人間という「レプリカ(作中で2回もこの単語を出すのが示唆的だ)」に置き換えられてきたわけだけど、そうではないオリジナルを取り戻すことができるのか。バナージはオードリーと本当の意思疎通をすることができるのか。マクロとミクロでテーマの重なりが見えてきたようにも思えた第2話でした。次回が楽しみです。

関連:
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 感想リスト

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第1話「96年目の出発」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2553.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4862.html
http://grhm2307.blog.fc2.com/blog-entry-212.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3799.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/04/guctv-2.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/04/10 Sun. 10:51 [edit]

CM: 2
TB: 5

top △

« 降参をすすめる/ドラゴンボール超38話感想  |  もう誰もこぼさねえ/うしおととら28話感想 »

コメント

リゼルって強かったんだなぁ…。(遠い目)

メタスってZだとヤラレメカ的な扱いだったけど、MSV世界では割とエポックメイキングな機体で、ZIIなんて機体があったり、本作でもリゼルがあったり。
量産考えたら変形が複雑なZってどう考えても無理なんですよね。(とかなんとか言いつつZplusなんてとんでもないモノがいたりしますが、たぶん総数は多くはないかと)
結果背負い式のオプション付けたり、構造の簡単なメタス式が採用されたり。
資源の豊富な連邦にはこちらの方がやはり合ってるのでしょう。
だいたいUC0086辺りだと周りのMSの進化度合いが凄まじすぎて、メタスは出た時代が悪かったとしか言い様がないです。
これにカミーユやアムロが乗ったらどれくらいの戦果を上げたんだろうか。

OVA1本が3話分ですが、待ち時間の短さは半端ねえぞ。
OVAもコンスタントに出てくれればいいですが、後半に進むにつれて公開まで長くなるのが結構多くて困る。
UCはマシな方だったけど。

ロゴ #Mz.nJuUI | URL | 2016/04/11 23:50 * edit *

>ロゴさん

ヤラレメカと言うかサポートメカと言うか。この機体にビームサーベル何本も積む意味が分からないw 確かにMSVでの開発系統図的な活躍の方が目立ちますね。メタス・マリナーだのガンキャノン・ディテクターだの発展性・拡張性有り過ぎ。ゼータプラスはバリエーション豊かですし、連邦系の高級量産機としてはかなり大盤振る舞いという印象を受けます。
メタスは他の機体が進化の袋小路に入る中、独自の道を確保できた機体なのじゃないでしょうか。

公開・発売時期が確定されていない作品はどうにも製作が遅れがちですね。まあその代わりのクオリティの高さもあるわけですし痛し痒し。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/04/12 23:37 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1771-674a8f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096】第2話『最初の血』キャプ付感想

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第2話『最初の血』 感想(画像付) オードリーが会おうとしていたのはビスト財団当主カーディアス。 戦争の火種となる『ラプラスの箱』とはいったい何なのか? 連邦軍の特殊部隊エコーズも介入し、ラプラス事件は広がっていく。 袖付きが大事にするオードリーちゃんは何者なんでしょうか(笑) 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますので...

空 と 夏 の 間 ... | 2016/04/10 12:05

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第2話「最初の血」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第2話を見ました。 第2話 最初の血 「会いたい人って、誰なの?カタツムリ……コロニービルダーのこと、みんなそう呼ぶんだけど、あそこただの工場だぜ。奥にビスト財団の屋敷があるって噂は、聞いたことあるけど」 「……知っているの?」 「いや、俺は見たことないけど……財団の偉い人がうちの学校の理事長だから」 治安警戒警報が発令さ...

MAGI☆の日記 | 2016/04/10 12:24

機動戦士ガンダムUC:RE0096 第2話『最初の血』感想

機動戦士ガンダムUC 1(ガンダム 35thアニバーサリー アンコール版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.04.03バンダイビジュアル (2014-06-06)売り上げランキング: 5,579Amazon.co.jpで詳細を見る  2話でもユニコーンガンダムの本格的な機動シーンまでは至りませんでしたね…。  時間配分的にそうだろうとは予想はしていま...

新・00をひとりごつ | 2016/04/10 19:48
アニメガネ | 2016/04/10 20:07

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第2話 『最初の血』 ミコットの索敵能力高すぎ!そしてバナージが強い。

誰よあの女!ピンポイントでバナージ発見。女の子の手を引いていて憤慨。よく見つけたな、警戒監視にもってこいの人材です。或いは彼女にもニュータイプの素質があるんだろうか。  私は…オードリー・バーン。ここでようやく名前を名乗ったオードリー。無論偽名です、昔の恋愛映画が元ネタ。まあお姫様という点では合っているのかも。初めて食べるホットドッグに舌鼓。かわいい。彼女の今後を考え...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2016/04/11 14:03

top △

2017-08