Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない アニメ・原作比較感想第3話


 ザ・ハンドが腕から先に飛び出てくるのかっこいい。このスタンドの全てだもんな、右腕。



ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第3話「虹村兄弟 その1」
©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険DU製作委員会
160416_03.jpg
 アンジェロに報いを受けさせた仗助達だったが、その言葉は承太郎を驚愕させた。なんとアンジェロのスタンド能力はDIOとエンヤ婆の残した「弓と矢」によって引き出されたものであり……因縁が動き出す、第3話。

160416_04.jpg
160416_05.jpg
160416_06.jpg
 今回は承太郎の出番を冒頭・中盤・ラストと3箇所に配して、彼に本作のキーアイテム「弓と矢」の語り部を担わせているのが印象的。常にDIOが存在感もしくは発端を務めたこれまでとこの4部はだいぶ異なった作りになっているわけですが、それでも進行上の縦糸は必要なわけで。杜王町という狭い範囲にスタンド使いが集中する理由付けでもあるこの「弓と矢」に焦点を当てるのは自然だし、それを語るのが承太郎というのも継承性として必然。

160416_07.jpg
160416_08.jpg
160416_09.jpg
160416_10.jpg
160416_52.jpg
 そのことが象徴的なのはアンジェロ岩の完成シーンで、原作では前回ラストの部分から時間軸が連続して仗助がアンジェロを完膚なきまでに埋め込んでいたのですが、アニメでは承太郎の回想という形を取っています。つまりこのシーン、原作では「アンジェロ編の終わり」なんですがアニメでは「弓と矢を追う物語の始まり」なのですね。承太郎の台詞もより弓と矢に注意を向けるものに変わっており(原作ではプッツンした仗助を子供の命を心配して止めようとするが、アニメでは弓と矢に関する話がまだ終わっていないことを懸念している)、必然的に視聴者の意識もそちらに向かう。ほぼ同じ展開にも関わらずその意味合いが変わっているのは、別メディア化ならではの面白さと言えます。まあこの弓と矢の強調のためか、仗助のスタンドに「クレイジー・ダイヤモンド」と承太郎が名付けたという説明が削られているのは原作ファンとしてはちょっと寂しいところではあるかもしれません。あれはまさに「アンジェロ編の終わり」そのものなので、残してしまうと弓と矢から視聴者の視線が離れてしまいますから。

160416_11.jpg
160416_12.jpg
160416_15.jpg
160416_16.jpg
160416_53.jpg
160416_54.jpg
 この「弓と矢」の重み付けはアンジェロがスタンドを身につける経緯についても行われており、弓と矢を持った男――虹村形兆(アニメではまだ名乗ってないですが、EDクレジットには出ているのでもうこう呼ばせてもらおう)に関する記述が結構バッサリとカットされています。「若いようでもあったし…年寄りのようでもあったぜ」というアンジェロが受けた印象ですとか、「脱獄したらスキなことをしろ 「金もうけ」「遊び」「人殺し」 精神のおもむくまま君の好きなことをね…」といった台詞ですとか。そのため、形兆自身よりも弓と矢の方が記憶に残り重要性を感じられるようになっているわけです。喉奥を撃ち抜いても素質があれば生かすって、考え直してみれば弓と矢って相当イカれたアイテムだし。
 またカットされた原作の記述はまるで形兆がDIOの後継者のようにも感じさせるものですが(実際、髪型や金髪など外見には類似点がある)、実際はそうではないわけで。先述した重み付けからもキャラクターの整合性からも、アンジェロの回想が原作よりも短くなっているのは適切であるように思います。「月に雲がかかって薄暗くってよぉ~~~っ」みたいなアンジェロの台詞はカットするだけでなく、きちんと明度の変化で表現されて逆にスタンドに目覚めた時の演出にも使われてもいますしね。矢と共にスタンドが「引き出される」というのは非常に格好良かったです。

160416_17.jpg
 なおアンジェロが刑務所でのことを語り出すシーン、きちんと端に襲われる子供が映っているというwww

160416_18.jpg
160416_19.jpg
160416_20.jpg
160416_21.jpg
160416_55.jpg
 で、杜王町の行方不明者うんぬんは原作では康一によるナレーション形式だったところ、アニメでは彼が図書室で調べ物をするという形に変更。杜王町白書を通じて承太郎と康一を繋ぐことで、これまた「弓と矢」と町で起きている異常事態が感覚的にダイレクトに繋がるようになっています。ついでに言えば原作では康一のナレーションで承太郎がこの行方不明者の数に特別な関心を払っていると語っていたので、白書はそれを具体的に物として姿を変えたものであると言えます。帰宅途中のシーンで1話の女性の死体が見つかった箇所付近を映すの、これまた日常と非日常の隣接性が出ていてグーよグー。
 しかし身内を亡くした仗助へのフォローも継続してるし、康一は原作以上にいい奴で正義感あるな……

160416_56.jpg
160416_57.jpg
160416_22.jpg
 さりげに虹村家入り口ドアの南京錠は削除。これがあったままだと形兆がガチャガチャやるか億泰がザ・ハンドで削り取らないとスムーズに康一を拉致できないですしwww

160416_23.jpg
160416_24.jpg
160416_25.jpg
160416_26.jpg
 また、承太郎の仗助宅訪問は原作では億泰との決着後だったのがBパート冒頭へ移動。この時点ではイカレヤンキーにしか見えない億泰が康一の首を挟むという行動でインパクトを奪っているので、ここで承太郎が再び弓と矢について語ることで話の焦点が戻り、直後の康一が射抜かれるシーンの唐突さを緩和しています。このあたり、先述したように形兆の印象が原作より薄められているので、弓と矢と形兆を結びつけるフォローとしての意味合いもあるかな。

160416_27.jpg
160416_28.jpg
160416_29.jpg
億泰「ほへ~~っ こいつが」
 色のあるアニメの強みを生かしているのが上の台詞の億泰のシーン。スタンド使いという単語と共に億泰に青いオーラを出させることで、彼がスタンド使いであることが正に急展開といった感じで伝わってくる。原作でもふんわりオーラ的なものは出ているのですが、色のつくアニメだと意図がよりはっきり分かります。
 その後の仗助が康一のことを助けようと焦るシーンも、祖父の死にこの3話の中で言及しているのでその心配がより強く感じられてベネ。

160416_30.jpg
160416_31.jpg
160416_32.jpg
160416_33.jpg
仗助「どかねえと マジに顔をゆがめてやるぜ……」
 演出的に面白いのはクレイジー・ダイヤモンドとザ・ハンドの最初の殴り合いで、ザ・ハンドが殴られる動きの間に本体である億泰の殴られ顔が一瞬映るところwww スタンドから本体へのダメージフィードバックを利用した、「素早さの分かる」演出です。

160416_34.jpg
160416_35.jpg
160416_36.jpg
160416_37.jpg
形兆「遊んでんじゃあねーんだぞッ!億泰ッ!」
 形兆から億泰へのお説教シーンは、よく見ると一瞬仗助の足が映っている上に会話の後ろで靴の音が聞こえるという芸の細かい補完が。兄貴そこ説教じゃなくて指示を出す場面なんじゃないですかね。上から見えてるだろwww

160416_58.jpg
160416_59.jpg
160416_39.jpg
160416_41.jpg
160416_42.jpg
160416_43.jpg
仗助「なんだ…あの門 なにかおかしいぞ…」
 「立入禁止」が「立禁止」になっているのに仗助が気付くシーンは、門の字に視点が行くようなんどもカメラをアップに切り替え、かつその度に煙が薄れてゆくことで原作の表現を再現。スーッと煙が消えて気付く……というのとは違ってましたからね、このシーン。もちろんその後、億泰を撃破する鉢植えの先行登場も忘れないw

160416_44.jpg
160416_45.jpg
160416_46.jpg
160416_47.jpg
億泰「ほォ~~~ら寄って来たァ~ 「瞬間移動」ってやつさあ~~~っ」
 ザ・ハンドによる億泰のターンは数発仗助を殴る形に増量。この辺りは鉢植えのところまで移動するのをちょっと丁寧にやった、という感じでしょうか。原作よりちょっと間延びした印象も受けますが、「瞬間移動という事象」と「それを利用した対策」が分かれているので、アニメでは漫画より気を使う必要のある「時間の流れの感覚」には上手く対応できている感。

160416_48.jpg
160416_49.jpg
 そして仗助が首を絞めるとか考えてる間に、背後で音もなく引きずられていく康一www

160416_50.jpg
160416_51.jpg
承太郎「早いとこ この「弓と矢」を破壊しなくてはいけねーぜ DIO以上の悪党で!「世界」以上のスタンド能力を持つ者が現れねえようになッ!」
 というわけで、承太郎の語りをラストに配してきっちり「弓と矢」の重要性を再提示して次週に続く。こういうコンセプトのある再構成大好きです。さてさて虹村兄弟編は残り話数が結構ありますが、次週はどこまで進めるのかな。

関連:
2013年冬アニメ 視聴予定リスト(1部2部感想リスト)
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 感想リスト

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1話「空城丈太郎!東方杖助に会う」
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第2話「東方仗助! アンジェロに会う」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4883.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/tokyomx41503-a8.html
http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-6115.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3821.html

2 Comments

tara  

比較してみるとシーンの繋ぎが大変工夫されているのが解りますね。
形兆は今回ちょっと小物っぽい印象を受けたんですが(ぉ)、それも「弓と矢」のウェイトを相対的に強めた結果であるなら納得です(^^;)

アンジェロのシーン、仗助の左手が空になってるのをさりげなく映してるのもニヤリとさせてもらえるポイントでした(^^)

「クレイジー・ダイヤモンド」の命名も、もしかするとどこか別の機会で挿し込んでくれるかも…

2016/04/24 (Sun) 22:23 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

 形兆は最終的には「兄」に帰結するキャラですからね。悪役としての存在感は大きくなくてもいいんだと思います。入れ替えることにちゃんと意味合いがあるのはとても素敵。

>アンジェロのシーン、仗助の左手が空になってるのをさりげなく映してるのもニヤリとさせてもらえるポイントでした(^^)
 確認してみましたが、多分離したんだろうなというポイントで仗助の手がアンジェロ岩に隠れてますね。細かいなーw

2016/04/25 (Mon) 22:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない TokyoMX(4/15)#03
  • 第3話 虹村兄弟 その1 10年前にスピードワゴン財団が撮影した写真を取り寄せる承太郎。アンジェロが間際に言い残した言葉、学生服の男の存在。彼が独房のアンジェロに弓矢でスタンド能力を与えたのだった。そして彼の口からDIOの名が発せられた。SW財団の写真はエンヤ婆を写していた、手には弓矢を持っていた。恐らくDIOのスタンド能力はこの弓矢で与えられた。そして彼はこの杜王町に今も住んでいるらしい。...
  • 2016.04.16 (Sat) 16:55 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  【ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない】第3話『虹村兄弟 その1』キャプ付感想
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第3話『虹村兄弟 その1』 感想(画像付) スタンド使いを作り出す矢! 矢で射されるとスタンド使いになるか、死ぬ…トンデモなアイテムですね。 その矢を持つ虹村兄とあほな弟・億泰が登場! 打たれた康一がヤベェ!! 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
  • 2016.04.16 (Sat) 21:24 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック