FC2ブログ
Welcome to my blog

Wisp-Blogは移転しました

ARTICLE PAGE

お菓子作ったの初めてじゃなかろうか

DK3は駒落ちしつつもマクスウェル参謀のグループが皇帝を撃破!おめでとうございます。
しかし今週団長が手に入れたクロスアーマーはライブシルクかベルベットででもできてるんだろうかw


DSのカバーAmazon)が壊れましたorz
外側をガードしつつプレーできるのがお気に入りだったのですが、内側用ビニールがびりっと。材質的に一番脆い部分なので壊れるならここだろうとは思ってました。現在はカバーなしでやってますが、革カバーの感触に慣れた身には本体の硬質感やカバーのない厚みに少し違和感。DS2が出るんじゃないかなんて話もあるし、もう一度カバーを買ったものか迷います。しかし、僕がやるゲームがすぐ出るか分からないしなあw


リメサガ2、クリア!
元がGBの作品だけあって、データ記載のプレー時間は25時間程。
うーん、当時はもっとものすごい時間プレーしてたような気もするのだけど。
しかし濃厚なプレーを楽しませてもらいました。
連携や新アイテムなど様々な要素を加えているにも関わらず、プレーしていて懐かしさで一杯。旧作の土台がまるで崩れていないのです。
僕は新要素や改変には比較的肯定的な立場ですが、そうでなくてもこのリメイクには感嘆したプレイヤーが多いのではないでしょうか。絶賛してます、ええ。
単純に遊ぼうと思えば単純に、複雑にやろうとすればいくらでも複雑に遊べる奥深さを感じました。
ドラゴンレースがティラノサウルスレースでちょっと夢が壊れたのだけが残念www
プレイスケジュールの関係上当面2周目が出来ないのがもったいない。
さて、これで持ってるゲームは全部クリ……
つ『スパロボ学園』
ムゲフロに間に合わないので見なかったことにしておこう。


以前から一度挑戦してみたかった料理。それはアップルパイ。
DKのキャラは自分の好きな食べ物をそのまま好物にする事が多いのですが、
ジェイニーの好物がパイ、特にアップルパイというのは正にそれでした。
ミラベルのペパーミントティーは設定後に初めて飲んだ珍しい例です。
材料はパイシート、りんご、グラニュー糖、レモン汁、シナモンパウダー、卵黄。
グラニュー糖は1kgの袋なんか買っても使い様がないのでどうしようかと思ったものの
スティックシュガーがグラニュー糖なことに気づき、これで代用することに。
コーヒー1杯飲む時でも3gのスティックシュガー1本を半分しか使わないのに
(残り半分はセロテープで蓋して翌日の1杯に使うw)、
今回一度に16本使うとかなんかドン引き。
レモン汁はポッカの最小サイズのものがなかったのでみかんで代用www
卵黄は分離機とか持ってないので、割った卵の中身を箸で押さえて卵白だけ飲みました(;´Д`)ヒトサマニハテイキョウデキナイ

生卵飲みにウヘェとなりつつ、パイシートの袋に書かれた手順に従って作成。
グラニュー糖48g、みかん汁少々を水200ccに入れて沸騰させ、1/12にカットしたりんごを投入。アルミホイルの落し蓋で10分ほど中火にかける。
りんごを取り出してよく水気を切り、シナモンパウダーをかけて十分に冷やす。
パイシート二枚を室温で15分くらいかけて解凍し、冷やしたりんごを乗せる。縁に卵黄を塗布。適当な時期にオーブンを210℃に加熱しておく。
もう一枚のパイシートを上に乗せ、フォークなどで下に少し押さえてから上面全体に卵黄を塗布。オーブンに入れて熱し、パイシートが浮き上がってきたら設定温度を190℃に下げて6~8分待って完成!
さあ、これが生まれて初めて作ったアップルパイ!

卵黄がパイシートからこぼれて焼けてますねwww
感想としてはまあ美味しかったのですが、なんだか味にメリハリがない……りんごの選択が悪いのかパイ生地の加熱が足りないのか。
とはいえパイの熱々サクサク感が味わえるのはとても嬉しい。
さて、この無駄に余ったシナモンパウダーをどうしたものか。
あと、材料買ったのが12日だったので、コーナーに女性がたくさんいました。
バレンタインで自分にチョコ買う人はいますが、自分にチョコを作る人はどれくらいいるのかしらん。


流行のトマト鍋を食べてみよう、と鍋スープコーナーに行ったところ「チーズ鍋ダイショー)」なる鍋スープを発見。
『おいおい、和風チーズフォンデュでも食べろと?w』などと思いつつこっちを購入してみる。
袋記載の材料は鶏肉、キャベツ、にんじん、じゃがいも、ホウレン草、エリンギ(なかったのでぶなしめじで代用)。
思いの他とろみの無いスープにこれらの具材を投入して火にかけ、香ばしいチーズの香りが漂ってきたところでご飯炊いてないことに気づくorz
匂いで胃袋が広がるのを感じながら我慢してご飯が炊き上がるのを待ち、鍋を再加熱していざ食事!
出来上がりはこんな感じ
CATCF0TV.jpg
シチューじゃないのかこれ……と思いつつ口に運んでみると、確かに鍋。シチューじゃなくて鍋。スープのもう一つの味である白味噌にチーズが溶け合い、和風に濃厚な味わいが口の中に広がります。
ネタ半分で買ったものですが、思わぬ当りくじでした。
食べ終わった後のスープはスープパスタにした方がいいんじゃないかと思ってましたが、これは袋のおすすめのようにご飯を入れて煮詰めてリゾット風にする方がよさげ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment