しょうがない連中でちゅね/ドラゴンボール超43話感想 


 さすが皆口裕子だ、赤ん坊声もぐうかわだぜ。



ドラゴンボール超 第43話「悟空の気が制御不能!? パンのお世話で四苦八苦」
© バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
160515_09.jpg
160515_10.jpg
 突然、気の制御ができなくなってしまった悟空。原因はどうやら超サイヤ人ブルーの状態で界王拳を使ったことにあるらしく……?
 子供の成長、第43話。今回の話で悟空は気の制御ができなくなってしまうわけですが、それは彼が「普通の人間」と「普通じゃない人間」を行き来することになります。悟空はもう祖父さんになっているわけですが、界王にからかわれたように孫のパンをかわいがってなんて生活はそれまでしてこなかった。でも悟空は孫をかわいがること自体は嫌いじゃないし、一方でパンは高い高いを通り越して空を飛びたいなんて赤子心に思っていたりする。悟空はちょっと普通に寄るし、サイヤ人の血を引くパンは赤ん坊なのにちょっと普通じゃない方に寄る。この図式は最後のパンの大暴れでも共通していて、悟空は病気が回復するのではなく純粋に祖父としてパンの名前を叫ぶだけで、一方のパンはその声によって赤ん坊なのに大気圏まで行っちゃうという普通じゃ無さを覚醒させてしまう。
 とはいえ、ある意味これがサイヤ人の普通ではあるんですよね。大体が悟空は2回死んだりとか、死んだ相手にもう死んでんじゃねえかとか言ったり既に感覚が普通じゃなくなってるし(悪気がないのが余計に質が悪いwww)。そんな彼が、「じいさんにでもなっちまった気分だぞ」とボケていた悟空が、孫に「じいじ」と呼ばれて喜ぶ様はちょっとだけ感覚の釣り合いが取れた感じでとても微笑ましかったです。体の感覚がズレ過ぎたらいけないように、悟空の精神もあんまり人間離れし過ぎたらいけないのだ。手遅れかもしれないけど。
 そんな悟空のちょっとした時間が、すっかり普通のおじいちゃんになったピッコロや悪人になりきれないある意味普通人のピラフ一味と一緒に混ぜこぜされた今回はとても楽しいものでした。チチは残念がっていたけど、悟飯が助手を断った理由である「子供の顔が見られる」って言うのも本当は普通であるべきことですよねー……

160515_11.jpg
チチ「子供はちょっと目を離した隙に成長するもんだな」
 その後ろで寝ているお子さんは全く成長して見えないんですが。

関連:
ドラゴンボール超 感想リスト

ドラゴンボール超 第37話「サイヤ人の誇りを忘れるな! ベジータVS第6宇宙のサイヤ人」
ドラゴンボール超 第38話「第6宇宙最強の戦士!殺し屋ヒット見参!!」
ドラゴンボール超 第39話「成長した“時とばし”の反撃!? 出るか!?悟空の新たな技!」
ドラゴンボール超 第40話「ついに決着! 勝者はビルス?それともシャンパ?」
ドラゴンボール超 第41話「出でよ神の龍 そして願いを叶えてちょんまげ!」
ドラゴンボール超 第42話「波乱の祝勝会! 遂に対決!?モナカVS孫悟空」
ドラゴンボール超 第43話「悟空の気が制御不能!? パンのお世話で四苦八苦」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/05/15 Sun. 14:27 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 旅の途中だったんだ/コンクリート・レボルティオ19話感想  |  それでもあなたは/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 7話感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1820-da446400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08