Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

運命を変えられる立場/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 8話感想


 孤独な立場と、寄り添える者と。



機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
©創通・サンライズ
160522_03.jpg
160522_04.jpg
160522_05.jpg
 マリーダを捕縛しネェル・アーガマへ帰還したバナージ。そこで彼を待ち受けるものは……疎通の第8話。
 今回は「分かり合う努力」というテーマがストレートに感情に訴えかけてくるセンシティブな回。パラオでの救出作戦を経て、ネェル・アーガマに登場している人は様々な姿を見せます。軍人として己を律しながらバナージとの関係に親子のようなものを見出すダグザ、そんな彼とバナージの仲立ちをしてやったりアルベルトに面と向かってこれまでを語るオットー艦長、ネェル・アーガマに情の移ってきているアルベルト、ニュータイプについてバナージと語るハサン先生。ニュータイプと強化人間を区別しないNT-Dのような機械と違って、人間は感じ合うことで分かり合うことができる。それは直接的には先週の感応を指すわけですが、けしてそれがなければ不可能ということではない。実際、ハサン先生はマリーダを安易に恐れず、彼女がどういうタイプの強化人間であるかや怪我の状況を考慮して拘束衣を着せないという判断をする。これって正に「今ある力で分かり合う努力」をしていることに他なりません。
 もちろんそんなに簡単に全てが分かり合えるわけはなく、バナージはミヒロにパラオで洗脳でも受けたんじゃないかと疑われたり、今の姿をバナージじゃないみたいとミコットに言われたりもする。ミヒロとリディがどういう関係だったのかだって、はっきりとは分からないものですしね。ただ、クシャトリヤに多くの仲間が殺された事、更に今回の作戦でリディも帰ってこなかったのだからというのを聞くことで、リディはミヒロがああも剣呑な態度をとることは理解できる。

 マリーダやダグザが語るようにバナージは既に状況に組み込まれ、それでいて連邦やジオンのどちらに所属するわけでもないというとても曖昧な立場にある。それは地球低軌道上のMSのように、あっという間に重力に引っ張られかねないとても困難な居場所です。そこで求められるのは規定の速度を維持すること、自分の根っこを見失わないこと。そのとても難しい物差しを連邦軍の色に矯正しようとすることなく、友人のためという理由を付け、バナージの持つ力を肯定してあげるダグザの言葉はなんとも優しかったなあ……
 さて、ジンネマンとは長い付き合いなのであろうギルボアは「ティクバ達も待ってるんだからな」という言葉に彼のマリーダへの父性を感じ取っちゃうくらい「分かり合って」いるわけですが、それはいい話であると同時にいかにも死亡フラグっぽくて嫌だなあ……ダグザも次回予告で微笑んでいるのがすごく不穏だ……(;´Д`)

関連:
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 感想リスト

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第1話「96年目の出発」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第2話「最初の血」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第6話「その仮面の下に」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第7話「パラオ攻略戦」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/05/guctv-8.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2588.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3955.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5020.html
http://mizuho-diary.seesaa.net/article/438201617.html

4 Comments

ロゴ  

機動戦士渋いおっさんUC
時々主人公誰だっけ? と思うことがあります。
おっさん地獄はまだまだ続くでぇ~。
これが戦隊の前とか、本当にこんな時間にセッティングしたのは誰なんだよ。

ZZではガンダムチームという子供の集団の中の一人であったプルのクローンであるマリーダ。
Zで登場した大人達を全て排除し、子供達だけで物語を進めたZZと対照的に大人が物語を牽引し、まだ少年の主人公を導くUC。
その両作に子供と大人の2つの立ち位置で登場するプル=マリーダ。
OVAとして初めて見たときはあまりそういう事感じませんでしたが、この辺り面白い舞台設定だと思っています。
主人公達の乗る艦がZZから大人が排除された後の母艦であるネェル・アーガマというのも象徴的ですね。

2016/05/23 (Mon) 00:43 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>ロゴさん

単純に仲間と言う感じにならない分、存在感ありますねえw>おっさん
子供にはどう映るやら、本当に。

>OVAとして初めて見たときはあまりそういう事感じませんでしたが、この辺り面白い舞台設定だと思っています。
 なるほど、プルのクローンであるマリーダやネェル・アーガマが登場する意義などは興味深いですね。そのあたり単なる連続性だけじゃない意義が読み取れるものなのですね。正直ダブルゼータの内容はかなり頭から抜けているので目からウロコが。

2016/05/23 (Mon) 22:34 | EDIT | REPLY |   

ロゴ  

アストナージ…?
トーレス…?
知らない人ですねぇ。(ぉぃ

偉そうなこと書いておいて自分も結構抜けてるようで。(よく考えたらこの人ら、ブライトがいなくなった後もネェル・アーガマに残ってました。)

2016/05/23 (Mon) 23:11 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

あ、そう言えばいたままでしたね(;´∀`)
子供だけ……と言うと砂漠に降りたあたりとか?
アストナージは決戦前にジュドーに訓戒してたのが記憶に残ってます。

2016/05/24 (Tue) 21:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
  • 機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第8話を見ました。 第8話 ラプラス、始まりの地 バナージはクシャトリヤごとマリーダをネェル・アーガマに連行すると、ハサン医師の診断により、マリーダが既に女性としての尊厳を奪われていた事が明らかになる。 「立場が逆転したな」 「……」 「そんなに見るな」 「よく覚えてないんです。何であんなことになったのか」 「マシーン...
  • 2016.05.22 (Sun) 09:11 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  【機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096】第8話『ラプラス、始まりの地』キャプ付感想
  • 機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第8話『ラプラス、始まりの地』 感想(画像付) 因縁の始まりの地、首相官邸ラプラス跡地へ…! マリーダさんがネェルアーガマに来るのも因縁めいてますね。 彼女と同じプルシリーズも乗った艦か。  前作を知ってると感慨深いものがあるね。 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
  • 2016.05.22 (Sun) 20:07 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096「ラプラス、始まりの地」第8話感想!
  • 今日はいつもと同じく少し遅れ気味のガンダムUC感想です、散りばめられた死亡フラグが多すぎて怖いです。ガンダムの良いところは敵も味方も絶対悪とか絶対善がなく、視聴者がどんなにいい人だと感じたキャラでも容赦なく死んでいくところですが…そこが戦争の無慈悲さを震…
  • 2016.05.24 (Tue) 01:15 | m日記