ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない アニメ・原作比較感想第10話後編 


 感想前編では拾えなかった原作との差異をピックアップ。



ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第10話「イタリア料理を食べに行こう」
©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険DU製作委員会
<深夜の奇行……?>
160604_10.jpg
 冒頭の夜中の包丁研ぎはアニメオリジナル。一見ホラーテイストなのだけどそうでなかったのは原作既読orアニメ視聴済みならご存知のところで。「杜王町ラジオから繋げない」というのが一種の逆トラップなんでしょうね。日常的な描写主体であるOPをカットするのも、日常と非日常の隣接性が逆転している今回の話らしいありよう。


<「トラサルディー」と霊園の位置>
160604_11.jpg
160604_12.jpg
「兄貴の墓参りしたら何か食おうぜ仗助よお~~」
 トニオの店の近くの霊園が形兆の葬られたところだと言うのは原作の地図で明らかになっていましたが、墓参りに言及するのはアニメオリジナルにして初。仗助達の家や学校からも外れた場所なのですが、墓参りに来た際に見つけた……となることでここに来たのが自然になっています。合わせてあくびの描写も加えたりと、億泰の体調の描写もフォロー。


<新しくできた店>
160604_57.jpg
160604_13.jpg
160604_14.jpg
160604_16.jpg
「ここか? ずっと空き家だったよな……」
 その後の億泰の台詞も含め、店ができたのをハッキリ新しいと言及するのはアニメオリジナル。これは仗助を不審がらせるための(最近引っ越してきた=「惹かれ合った」のを疑わせるための)ものかしらん。ついでに原作では看板はイタリア語主体だったのですが、アニメでは見やすさ重視でカタカナのみになっています。


<トラサルディーという店>
160604_17.jpg
160604_18.jpg
 トニオがウェイターも兼ねているためトラサルディーはテーブル2つのみという狭いお店となっていますが、そのあたりの説明はカット。彼が修行した先や日本を選んだ経緯の説明も後の場面からこちらに移動して1セットに。今回は全体的に、トニオの説明台詞はまとめてコンパクトにしている傾向が見られます。


<体調が悪いのは>
160604_19.jpg
160604_20.jpg
億泰「頭が悪いっていわれなかったのがうれしい♡」
 体調を見ぬかれた時の億泰の小さい吹き出し台詞はカット。代わりにWeb予告で……ということでしょうかね。娼婦風スパゲティを食べた時の「味に目覚めたァーっ」とかも結構好きだったんですが……


<たとえるなら>
160604_21.jpg
160604_22.jpg
160604_23.jpg
億泰「たとえるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーかスゲーさわやかなんだよ… 3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ」
 億泰の例え台詞はアニメで絵付きに。グラスに映るという形で2つの説明を間断なく繋げているのがよくできている。例え台詞はこの後もありますが、そっちはあしたのジョーとか絵にされても困るしなw


<背景リアクション>
160604_24.jpg
160604_25.jpg
 水を飲んだ時の億泰の背景は原作を再現。色に加えてSEが付いたことで彼が感じた驚きが分かりやすくなっています。

160604_26.jpg
 で、不穏な状態の時は背景は紫になり

160604_27.jpg
160604_28.jpg
 青と緑の途中経過を経て

160604_29.jpg
 億泰が満足すると金色、というのが今回の基本パターンw


<料理描写>
160604_30.jpg
160604_31.jpg
 料理の乗った皿はなぜか全て真っ白に統一。一方で材料などの説明文字が立体化されて微妙に視覚効果を発揮しています。パスタの際の説明などはちょっと長めなので、その間に飽きさせないためのものかな。


<億泰の性根>
160604_32.jpg
160604_33.jpg
160604_34.jpg
160604_35.jpg
160604_36.jpg
「ケチくせえ野郎とは思っていたがこれほどだったとは!」
 原作では億泰はあくまで1人で美味しそうに食べていたのが、仗助にトマトをあげると見せかけてやっぱり食べちゃうという微笑ましい(?)形に変更。ホントどれだけ気に入ったのよ億泰www


<皿に乗せていいものか>
160604_37.jpg
160604_38.jpg
160604_39.jpg
トニオ「では少しの間失礼しマス」
 億泰の垢ソフトボール皿は原作通り。アニメだと乗せる描写が追加されているのでなにげにギョッとするシーンですねこれ。


<世界の違い>
160604_40.jpg
160604_41.jpg
160604_42.jpg
160604_43.jpg
億泰「あいつ天才だぜっ!トニオって料理人はよおーーっ」
 この台詞の際、原作だと億泰は上着を着ていたのがアニメではそのまま。仗助と億泰で着ている服が違うことで、(見えて)いる世界の違いが鮮明になっています。調理場へ去っていく姿を横から描いたことでAパートラストのカットが自然なのもベネ。


<視界の違い>
160604_44.jpg
仗助「さっきからこの料理や水が異常すぎるとは思わねーのかよッ! 怪しいぜッ!」
 仗助の台詞とともにこれまで描かれていない角度からのカット。鳥の置物によって「視線」が意識されるようになっていますが、これにより億泰に対して新しい「見方」を仗助が語っているというのが感じやすくなっています。


<僕の横向きの親知らずも治らないものか>
160604_45.jpg
仗助「歯が!奥歯がこんなスピードで!」
 GO!GO!ZEPPELI! 歯が揃った時の億泰の「イ~~ッ」はアニメオリジナル。これに限らず「肩がバカ軽」などなど今回は高木渉の演技が縦横無尽である。


<豹変>
160604_46.jpg
160604_47.jpg
160604_48.jpg
160604_49.jpg
160604_50.jpg
160604_51.jpg
トニオ「そこで何をしている~~~~ッ見タナァ~~~~っ」
 調理場を暗く映すことで雰囲気の切り替えに成功、更にトニオの「光の加減」とかで説明がつかないレベルの色変更で事態の急変や豹変ぶりが際立っています。これで内臓の黒塗りも違和感が薄れる上、明るさが戻るのとトニオの正体が分かるのが連動するという一挙4得。

160604_52.jpg
 そしてこちらは億泰と仗助の背景色の違いで天国と地獄w


<スタンドのデザイン>
160604_53.jpg
160604_54.jpg
トニオ「さ、料理を続けましょうか」
 トニオのスタンド「パール・ジャム」とトマトを重ねるカットの追加で料理との親和性を強調。トマトが割れてトニオの腹も割れてメデタシメデタシ。というかパール・ジャムのデザイン、リンゴみたいなものだと思ってたんですがトマトと解釈した方がいいのか。腕などが緑なのもまたいい配色だなあ。


<ご来店したい>
160604_55.jpg
160604_56.jpg
トニオ「またのご来店お待ちしてます、グラッツェ」
 アニメオリジナル、お客を見送るトニオでBパート終了。来店したいよ!コース食べたいよ! コラボ企画や個人でも再現レシピなどが見受けられる辺り、このトニオ編の影響力はやっぱりすごいものですね。

関連:
2013年冬アニメ 視聴予定リスト(1部2部感想リスト)
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 感想リスト
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない感想 リスト

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1話「空城丈太郎!東方杖助に会う」
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第2話「東方仗助! アンジェロに会う」
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第3話「虹村兄弟 その1」
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第4話「虹村兄弟 その2」
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第5話「虹村兄弟 その3」
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第6話「広瀬康一(エコーズ)」
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第7話「間田敏和(サーフィス)」感想前編
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第7話「間田敏和(サーフィス)」感想後編
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第8話「山岸由花子は恋をする その1」感想前編
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第8話「山岸由花子は恋をする その1」感想後編
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第9話「山岸由花子は恋をする その2」感想前編
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第9話「山岸由花子は恋をする その2」感想後編
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第10話「イタリア料理を食べに行こう」感想前編


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/06/04 Sat. 12:25 [edit]

CM: 6
TB: 0

top △

« 帰れば、そこに/うしおととら36話感想  |  ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない アニメ・原作比較感想第10話前編 »

コメント

こんばんは!お邪魔します!
漫画の方で見てもやっぱり娼婦風スパゲティはめちゃくちゃ美味しそうですね!
闇鍋はにわさんのアニメの感想を読むといつも「なるほど、そういうことだったのかー!」と、豊富な知識と的確な言葉で感想が表現されててほんとに凄いなと思います。
(UCの方の感想もいつも見てて凄く納得しちゃいます…!)
今更ですが自分もジョジョのマンガをもう一度最初から読み始めました。長い旅路ですが少しでも追いつけるよう頑張って読んでみます!

みずほ #O1Fo3vWY | URL | 2016/06/05 01:32 * edit *

>みずほさん

 コメントどもです!

>漫画の方で見てもやっぱり娼婦風スパゲティはめちゃくちゃ美味しそうですね!
 原作掲載時はイタリア料理なんて全然知らなかったこともあり、正に夢のコース料理を見ている気分でしたね。こんな料理がこの世にあったとはァーーーーッ、って言うw

>闇鍋はにわさんのアニメの感想を読むといつも「なるほど、そういうことだったのかー!」と、豊富な知識と的確な言葉で感想が表現されててほんとに凄いなと思います。
 正直、他の方の感想を読んでいて「自分が使えていない言葉」を認識することがとても多いのですが、そう言っていただけるのは曲りなりに感想を続けているおかげでしょうかね。今後も勉強を続けていく励みになります、ありがとうございます。
 製作に時間のかけられるOVAが元ということもあって、ガンダムUCは情報量がものすごいですね。多分、原作である小説で読んでいたらとても多くの情報を読み取り逃していたんじゃないかなあ……ジョジョとこの作品は僕にとって「アニメの文法」というものを意識する良い機会になっています。

>今更ですが自分もジョジョのマンガをもう一度最初から読み始めました。長い旅路ですが少しでも追いつけるよう頑張って読んでみます!
 歯抜けの形や途中から読んでも楽しめるようにできているのジョジョのすごいところですが、続けて読んだ時に見つかるものってやっぱりありますからね。巻数の多いで作品ですから、じっくり読んで楽しんでください。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/06/05 13:06 * edit *

億泰が最大に輝く回。(背景的な意味で
料理食べると脱ぐマンガじゃなくて本当によかった。
あの非常事態を平然と受け入れ、理由を付けて納得する億泰という男、意外に大物かもしれんが、ただの鈍感の可能性が高い気もする。

3500円で健康になれるんだったら俺も行きたいなぁ。(オデノカラダハボドボドダ)
特にあの水は日本人に水源がばれたら涸れる勢いだ。

仗助が手を洗わないで厨房に入ったことを咎められてましたが、垢を掻きむしった手で直接料理を食うのはいいんですかね、トニオさん…。(まあ、いくら何でもあの後手を洗ってるか)

クレイジーダイヤモンドも「優しいスタンド」と形容されていましたが、その上を行く優しいスタンド。
いちいちスプラッタしなきゃならんがな!
こういう風変わりなスタンドが登場するのが4部のいいところですね。(故に敵が弱くなったとか言われたりもしたそうですが)
道具は持ち主の使いようなので、パールジャムにしても本体が悪人ならとんでもないバイオテロ兵器になりかねない代物ですが、トニオさんが高潔すぎた。
出番としてはこの後はほとんど顔見せ程度(番外編が1本ありますが)で終わってしまうのですが、それでも人気があるのはその人柄のなせる技でしょうか。
包丁投げるけどな!

ロゴ #Mz.nJuUI | URL | 2016/06/06 23:47 * edit *

>ロゴさん

>あの非常事態を平然と受け入れ、理由を付けて納得する億泰という男、意外に大物かもしれんが、ただの鈍感の可能性が高い気もする。
 一般人もあんな感じで受け入れてるんですかね、あの料理。今ならネットで拡散して予約でいっぱいになりそう……

>3500円で健康になれるんだったら俺も行きたいなぁ。(オデノカラダハボドボドダ)
 原作で初めて読んだ時は「高いな!」と店の入り口の価格表示だけで戸惑いましたが、あの健康効果で3500円はむしろ破格ですよね。あの水はどこから仕入れてるんでしょうか。

>仗助が手を洗わないで厨房に入ったことを咎められてましたが、垢を掻きむしった手で直接料理を食うのはいいんですかね、トニオさん…。(まあ、いくら何でもあの後手を洗ってるか)
 食べる側の感覚としても手を洗っているところかとw

>いちいちスプラッタしなきゃならんがな!
 まあスプラッタするところは食べる人には見えないですし。トニオさん的には混入するタイミングとかもレシピの内なんですかね。改めて、この話の4部における際立ちが納得できるアニメでした。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/06/08 22:24 * edit *

こんにちは。いつもブログ楽しみにさせていただいてます!
本当に楽しい回ですよね。
この話がないと4部のコンセプトはボケてしまうと(勝手に)思っていますが、アニメスタッフはこれ以上ないくらいに力を込めてくれました。・・・「ありがとう」・・・それしか言う言葉が(ry

どうでもいいことですが視聴する直前、夕食にカプレーゼ作って食べました。だって食べたくなるのわかってたから・・・w

>トマトが割れてトニオの腹も割れてメデタシメデタシ。
上手い言い方ですねw
トマトを切るシーン凄いリアルですよね!パール・ジャムのカラーリングがトマトみたいなのは、トニオさんがトマトという食材に特にこだわってるからなのかな?とか感じられて、粋だなあと思いました。

アバンのホラーシーンはブラフで、「またのご来店を」で日常で〆て、Cパートではまた非日常の次回への導入っていうのが上手です。
兄貴の墓参り云々のセリフも億泰の苦労を想像させるのと、次回への前振りにもなってて個人的にはすごく好きです。
カットされたセリフが惜しいと思う反面、変更点が面白くて何度も見直してしまいました。

yuugetu #- | URL | 2016/06/09 18:30 * edit *

>yuugetuさん

>この話がないと4部のコンセプトはボケてしまうと(勝手に)思っていますが、アニメスタッフはこれ以上ないくらいに力を込めてくれました。・・・「ありがとう」・・・それしか言う言葉が(ry
 原作は毎回毎回を楽しみにするばかりで各編の意味合いを考えたことはなかったんですが、アニメとしてこうまとめて見ると、連続性が感じられてまた新鮮ですね。カットされた台詞はあれど、ギュギュッと魅力の凝縮された回であったと思います。「ごちそうさまでした!」って感じですね。

>どうでもいいことですが視聴する直前、夕食にカプレーゼ作って食べました。だって食べたくなるのわかってたから・・・w
 食べたくなっちゃいますよねー。僕も日曜の夕飯は前菜とパスタを真似て作って食べました。 子羊背肉……は材料の時点でハードル高いのでなしw

>>トマトが割れてトニオの腹も割れてメデタシメデタシ。
>上手い言い方ですねw
>トマトを切るシーン凄いリアルですよね!パール・ジャムのカラーリングがトマトみたいなのは、トニオさんがトマトという食材に特にこだわってるからなのかな?とか感じられて、粋だなあと思いました。
 ありがとうございます。トマトのきれいさ、キャベツ検定どころではなかったですねー。トマトを扱わせたら……というトニオさんの誇りが表れた良い配色だったと思います。むしろなんで今までこういう色だと思わなかったんだろう僕……

>アバンのホラーシーンはブラフで、「またのご来店を」で日常で〆て、Cパートではまた非日常の次回への導入っていうのが上手です。
 日常と非日常が隣接している作品である分その切り替え、メリハリにとても気を使っているなと思います。ラストも今回バカ騒ぎして次回レッチリ戦、という変化に視聴者がついていきやすい終わりだったかと。
 変更点が良い意味で気になるって、ほんとよくできているアニメだと思います。

 今後も楽しくジョジョ感想を書いていきたいと思いますので、よろしければまた御覧ください。グラッツェ( ´∀`)

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/06/09 22:06 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1844-a0ea2bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △