Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

お前と僕は、今こそ/コンクリート・レボルティオ23話感想


 追い求めるもののために。




コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG 第23話「怪獣と処女」
©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会
160613_03.jpg
160613_04.jpg
160613_05.jpg
 ウルティマポリスを急襲した笑美はマスターウルティマを殺害、ウルティマポリスを奪い去る。彼女がそんな行動に出た理由とは……超人、争いの時。第23話。
 今回印象的だったのは、マスターウルティマが笑美と対の存在であったこと。考えてみるとこの2人、どちらも人と他の存在のハーフなのですよね。ウルティマが素顔をさらしたのはリアクションを豊かにするだけでなく、彼の人としての半面を明らかにする意味合いがあったのではないかなと思います。あのマスクのままだと彼の方がクリーチャー、というかエイリアンに見えるしな……共にハーフでありながらかたや人の延長としての超人の側に立ち、かたや人ではない超人の側に立つというのは、笑美の立ち位置を鮮明にするのにとても効果的でした。胡摩がその存在やウルティマとの会話で「人ではない超人」の範囲を視聴者に示しているのもグッド。

 ……で、「人の延長の超人」「妖怪など人ではない超人」という二分法は実はどちらにも属しにくい存在を抱えていて、それがアースちゃんやメガッシン、柴といった「ロボットの超人」なのですが、それらが里見の言葉を背景に「我々の敵」としてまとめて処理されてしまっているのは上手いと言うべきなのかどうなのか。結局のところ求められているのはレッドジャガーのような機械であり、自律する存在ではないというのは偏狭さとしてはこの上なく分かりやすいのだけど……彼らの物語的な意義を持った再登場はあるのかしらん。

 ただ、人と機械の間で揺れ動いた柴の最後の言葉が、人と怪獣(超人)の間で揺れ動いた爾朗の最後のひと押しをするというのは2人の対の関係の終着点として美しかったし、かつて爾朗が救いもっとも協力的だった白田を倒すことで決意の程が見える……という意味では、こうした超人課以外での繋がりは作劇上強い意味を持っていたんだな、と改めて感じることができました。人間とロボット両方の姿でアースちゃんを助けようとする柴の迷いない意思、その最後の言葉を受けてかつて一緒に行った合体をする爾朗、というのは設定が生かされていてなんとも切なかったな。……というアレコレを抜きにすると柴には生きていてほしい。僕は爾朗と仲良く喧嘩する彼が見たいんだよorz

 2クールに渡る物語も、次回でいよいよ最終回。爾朗の選択の意味とは。それがもたらす結末とは。最後まで、目が離せません。

<おまけ>



関連:
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG 感想リスト

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第1話「東京の魔女」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第2話「『黒い霧』の中で」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第3話「鉄骨のひと」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第4話「日本『怪獣』史 前篇」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第5話「日本『怪獣』史 後篇」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第6話「やつらはいつでも笑ってる」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第7話「空も星も越えていこう」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第8話「天弓ナイトをだれもしらない」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第9話「果てしなき家族の果て」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第10話「運命の幻影」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第11話「正義/自由/平和」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第12話「八高超人墜落事件」
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第13話(最終回)「新宿擾乱」
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG 第14話「十一月の超人達」
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG 第15話「宇宙を臨むもの」
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG 第16話「花咲く町に君の名を呼ぶ」
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG 第17話「デビラとデビロ」
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG 第18話「セイタカアワダチソウ」
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG 第19話「推参なり鐵假面」
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG 第20話「終わりなき戦い」
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG 第21話「鋼鉄の鬼」
コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG 第22話「巨神たちの時代」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/tokyomx61223-ee.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2016/06/the-last-song-127d.html

5 Comments

シンジン  

OPを聞きながら柴さんの表情を思い出すと切なくなりました。

爾朗のことは別に好きではありません。ただ

輝女(輝子は魔女・・・・・・略してきっじょ?)さん・風郎太・柴さん・アースちゃん・ジュダス・メガッシンの美枝子さん・笑美さん・胡摩さんから僕の興味の対象が爾朗に変わっただけのような気がします。

僕がもしコンレボのオリジナルストーリーを考えるなら(視聴者でありながら神化の世界に時間制限がありながらも行きたい場面に出現できるようになった主人公が自分らしく生きたいという本能を貫くために色んな超人と戦って最終回では爾朗の真意を確かめるために戦うも敗北し、自分が心から尊敬している二人の男の生き様を描いたある作品が放送される年月を告げて消滅する。)という感じです(苦笑)

2016/06/15 (Wed) 18:00 | EDIT | REPLY |   

シンジン  

アキさんを忘れてました(爆)

2016/06/15 (Wed) 18:03 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>シンジンさん

>OPを聞きながら柴さんの表情を思い出すと切なくなりました。
歌詞の割り振り上、彼のOPの出番って長いですしね。画面に出てこないキャラも多いですが、思い出してあげると良いかと思います。

神化の世界は懐が広いですから、自分でお話を考えてみるのも楽しいかもしれませんね。

2016/06/15 (Wed) 22:07 | EDIT | REPLY |   

シンジン  

ALL-WAYSのカップリング曲を途中まで聞いて途中で聞くのをやめた21歳の社会人見習いです。

最終回をご覧になりましたら(全話観たからこそ自分が思っている気持ちをどうしても伝えたい。)と思わずにはいられないキャラクターを教えてもらえますか? 

僕の地域では火曜日に放送されますが、視聴するのはもう少し先にしたいと思っています。

2016/06/19 (Sun) 20:13 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>シンジンさん

>ALL-WAYSのカップリング曲を途中まで聞いて途中で聞くのをやめた21歳の社会人見習いです。
 その選択で正解かと思います。

>最終回をご覧になりましたら(全話観たからこそ自分が思っている気持ちをどうしても伝えたい。)と思わずにはいられないキャラクターを教えてもらえますか? 
 誰に、と言うよりも皆にまた再会してほしいなと思いますね。EDの絵のように。強いて言うなら赤光さんが哀れ。

>僕の地域では火曜日に放送されますが、視聴するのはもう少し先にしたいと思っています。
 最終話は何度も見るべきかと思います。

 ところで、マルチポストはおやめくださいね。

2016/06/21 (Tue) 21:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  コンクリート・レボルティオ TokyoMX(6/12)#23
  • 第23話 怪獣と処女 進化50年12月沖縄にて超人博覧会が開催される。マスターウルティマ主導で超人は人類のために戦うことを決議する。しかし人以外の超人、妖怪や怪獣は捕獲されるのだった。鐵假面劍士もマスターウルティマに捕まる。鬼野笑美はマスターウルティマと戦い殺害する。会場となるウルティマポリスを奪取、占拠して地下に沈める。 公共保安隊をベースに新たに超兵戦士隊が結成される。悪い超人として妖怪...
  • 2016.06.13 (Mon) 23:15 | ぬる~くまったりと