私を誰だと/ドラゴンボール超48話感想 


 誰なんでしょうねえ……ってツッコんだら負けかしら。



ドラゴンボール超 第48話「HOPE!!再び 現在で目覚めよトランクス」
© バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
160619_03.jpg
160619_04.jpg
160619_05.jpg
 ブルマに続きマイまでも失ったトランクス。果たして彼は、過去で希望を見つけ出すことができるのか……? まずは再会、48話。未来と過去を対照的に描いた前回から、今回は両者の同一性を描く方向にシフトしていて舞台の重なりが近いのを思わせてくれます。
 同一性を描く上でもちろん中心にあるのはトランクスで、未来と過去を行き来したことのある唯一のキャラなのだから当然と言えば当然。少年トランクスは未来トランクスを最初に見つけながらも事情を告げられず、自分に似た青年が名前まで同じと知ってある種のアイデンティティの危機を迎えます。内容的には結構深刻なのですが、ブルマの家に厄介になったピラフ一味のおかげで画面上では緩和されているのがありがたい。
 で、未来トランクスが未来マイの死に激昂するように、少年トランクスにとってもマイが大事な存在になっていることも今回描かれます。ピラフ達がいきなりトランクスと一緒に勉強していることといいすっ飛びすぎじゃねーかと言いたいところ、未来でのやりとりが自然と少年トランクスとマイの関係を納得させてしまう。トランクスとマイのフラグが明確に描かれるのは超では初めてですが、むしろ今までフラグを描写してたら未来マイの死が悲恋として強調されすぎていたかもしれません。

 そしてもう1つの未来と過去を繋ぐのが悟空と現在正体不明のゴクウブラックなわけですが、今回はその同一性も微妙に感じ取れる描写が描かれています。どっちも「トランクスの気を読む」んですよね。そしてそれを頼りに場所を探そうとする。この感じだと、悟空をゴクウブラックと勘違いした未来トランクスが少年トランクスのようにめいっぱい戦闘力を上げ、それをゴクウブラックが探知するという流れになるのかな……? 何かしらアイテムを使う描写が予告で描かれていたとはいえ、この通りの展開ならゴクウブラックは戦闘力以外もとんでもない存在になりそうです。

関連:
ドラゴンボール超 感想リスト

ドラゴンボール超 第37話「サイヤ人の誇りを忘れるな! ベジータVS第6宇宙のサイヤ人」
ドラゴンボール超 第38話「第6宇宙最強の戦士!殺し屋ヒット見参!!」
ドラゴンボール超 第39話「成長した“時とばし”の反撃!? 出るか!?悟空の新たな技!」
ドラゴンボール超 第40話「ついに決着! 勝者はビルス?それともシャンパ?」
ドラゴンボール超 第41話「出でよ神の龍 そして願いを叶えてちょんまげ!」
ドラゴンボール超 第42話「波乱の祝勝会! 遂に対決!?モナカVS孫悟空」
ドラゴンボール超 第43話「悟空の気が制御不能!? パンのお世話で四苦八苦」
ドラゴンボール超 第44話「ポトフ星の封印 解き放たれた“超人水”の秘密!」
ドラゴンボール超 第45話「ベジータが消える!? 複製ベジータの脅威!」
ドラゴンボール超 第46話「悟空VS複製ベジータ! 勝のはどっちだ!?」
ドラゴンボール超 第47話「未来からのSOS! 黒き新たな敵現る!!」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/06/19 Sun. 16:31 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 俺は、どこにも行かない/コンクリート・レボルティオ24話感想  |  今、オレ達は/うしおととら38話感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1869-7568532f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-08