Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

ここで終わるわけには/マクロスΔ12話感想


 逆転こそゲームの醍醐味よ、と言いつつフレイア派の僕。



マクロスΔ 第12話「キング・オブ・ザ・ウィンド」
©2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会
160621_03.jpg
160621_04.jpg
160621_05.jpg
 ウィンダミアの総攻撃により、アル・シャハルはわずか15分で陥落。ケイオス ラグナ支部は奇襲作戦を決めるが……決戦前、第12話。
うーんうーん、今回は副題「キング・オブ・ザ・ウィンド」の意味するところに悩むのが正直なところではある。シンプルに考えればグラミア王を連想するけれど、それほど彼について語られることは多くありません。アーネスト艦長との縁が明らかになったくらいか。
 ただ本作における「ウィンド」、すなわち「風」が多様な、そして大切な意味を持っているのはこれまで描かれてきた通り。それを考えれば今回の副題ももっと多くのものを対象にしていると考えていいように思います。

 例えばアイデンティティ。ロイドは自分達がプロトカルチャーの正当な後継者であることに執着し、アーネスト艦長は「本物のヤックデカルチャーってやつを見せつけてやれ」なんて語る。
 例えばパワーゲーム。ハヤテ達からすれば同じ敵であるロイドとキースは、戦の進め方について対照的であることがどんどんと鮮明になっていく。また、ウィンダミアからすれば同じ地球人(を中心とした組織)である新統合軍とケイオスは遺跡の扱いを巡って対立する。
 そして、例えば三角関係。ミラージュの言葉はハヤテだけに向けられたものにも思えるけれど、「才能」というキーワードはフレイアにだって当てはまるものです。ハヤテがフレイアに共鳴しているのも、多分に感覚的なものですしね。で、努力は才能に勝てないとばかりに現状のフレイアとミラージュの描写には差がつきまくっている。けれど、どこまで自覚しているかは別としてミラージュはまだ諦めきれない、ここで終わるわけにはいかない。

 そうしたいくつもの「風」を吹かせるのは誰か。すなわち風(あるいは疾風)の王になるのは誰か。この戦いはそういったものを決める戦いになっていくのかな……と思います。さてさて、中盤にして決戦の展開はいかに。

関連:
マクロスΔ 感想リスト

シーズン外アニメ感想「マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!」

マクロスΔ 第1話「戦場のプロローグ」
マクロスΔ 第2話「覚悟のオーディション」
マクロスΔ 第3話「旋風ドッグファイト」
マクロスΔ 第4話「衝撃 デビューステージ」
マクロスΔ 第5話「月光 ダンシング」
マクロスΔ 第6話「決断オーバーロード」
マクロスΔ 第7話「潜入 エネミーライン」
マクロスΔ 第8話「脱出 レゾナンス」
マクロスΔ 第9話「限界 アンコントロール」
マクロスΔ 第10話「閃光のAXIA」
マクロスΔ 第11話「追憶 ジェリーフィッシュ」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5117.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/tokyomx61912-57.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2614.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2016-06-21
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-4070.html
http://aiba.livedoor.biz/archives/52333892.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

3 Comments

MITSUKI  

1クール目の折り返し、ということで
次回の戦闘が楽しみですね。

そしてようやく発進したエリシオン。
まさか直立したまま上昇とかちょっと笑いました。

2016/06/21 (Tue) 22:20 | EDIT | REPLY |   

-  

やっぱフレイヤが空気すぎたんだわ1話のインパクトどこ行ったんかね
今さら恋愛沙汰に引っ張り出しても馴染みが無いというか・・ただの変わった子だ
ナントカの孫娘もキャラがブレブレだし
仮にレディーMとミクモが同一だとしても両方薄いからなぁ、勿体ないよ

2016/06/22 (Wed) 05:26 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>1クール目の折り返し、ということで
>次回の戦闘が楽しみですね。
 話数的には折り返しですが当人達としては決戦、戦力的にもメッサーの退場と、何か起きずにはいられない状況ですもんね、期待です。

>そしてようやく発進したエリシオン。
 浮いて海上まで行ってからの発進でしたが、下がすごいことになってそうでしたね。そのまま変形と言うのが改めて、マクロスって規格外だなと思います。二股デザインも格好良い。

2016/06/22 (Wed) 21:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

5 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  【マクロスΔ】 第12話『キング・オブ・ザ・ウィンド』 キャプ付感想
  • マクロスΔ 第12話『キング・オブ・ザ・ウィンド』 感想(画像付) 出撃を前に、トライアングルフラグを立てるハヤテたちw フレイヤちゃんを守ると誓うハヤテ、ハヤテに練習の時のリベンジするってミラージュさんw ミラージュさんもフレイヤちゃんに遠慮しないと決めたのかな。 次回の大規模戦闘とライブに向け盛り上がって来た~~!! 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますので...
  • 2016.06.21 (Tue) 22:42 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  マクロスΔ 第12話「キング・オブ・ザ・ウィンド」
  • マクロスΔの第12話を見ました。 第12話 キング・オブ・ザ・ウィンド ウィンダミアは新統合軍の宇宙艦隊を瞬く間に沈黙させてしまうほどの絶大な力を持つプロトカルチャーの古代戦艦「シグル=バレンス」を蘇らせ、アル・シャハルを15分で陥落させてしまう。 惑星ラグナもそのターゲットとなり、ケイオスは各支部から総力を結集させ、ハヤテ達はアル・シャハルに奇襲をかけることになる。 ...
  • 2016.06.22 (Wed) 05:39 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック