Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

漫画感想「お前ら全員めんどくさい!」5巻

お前ら全員めんどくさい! (5) (メテオCOMICS)

 TOBIの「お前ら全員めんどくさい!」5巻を読了。1周して表紙は再び一宮、内容的にもメインは一宮。僕歓喜。
 ぼっちの彼女は国彦相手に限らず「めんどくさい」面があるわけですが、それが国彦をめぐるやりとりで巡り会った他ヒロインとのやりとりで色々と刺激されていく様子が面白い。と言いつつそれが対人関係全体ではなく、あくまで国彦への好意という形でめんどくささを発露しているのがかわいいと言うか別の意味でめんどくさいと言うかwww 二重のめんどくささを持つ一宮には先生としての国彦に素直な響、恋愛対象としての国彦に素直な栗原という2つの素直がまぶしくて、だから他の誰よりも落ち込んでしまう。彼女にとって国彦との関係は、他の人全員との人間関係あり方に関わる本当に大きな柱なのだなあ……だからやっぱり「めんどくさい」わけだけども。国彦、男としても先生としても責任重大である。

 突かれるようにしてしまった告白を「なんちゃって」とごまかしてしまう一宮はまだまだ素直になれないわけだけど、その切実さだけは国彦に伝わっている。国彦も国彦で意識することなく伸ばしてしまった自分の手と、これからどう向き合っていくのか。なんとも気になるタイミングで次巻に続く! 6巻は来年初冬とか生殺しもいいところだ!

関連:
漫画感想(「十 ~忍法魔界転生~」1巻、「屋上姫」4巻)
漫画感想(「お前ら全員めんどくさい!」1巻)
漫画感想(「お前ら全員めんどくさい!」2~4巻)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

0 Comments

Leave a comment