お前さえ生きていてくれれば/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 16話感想 


 リディを乗せてのバンシィの初行動がデブリ帯というのは、ユニコーンのテストがこれまたデブリ帯付近で行われてたのと重なるなあ……



機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第16話「サイド共栄圏」
©創通・サンライズ
160731_03.jpg
 ゼネラル・レビルの襲撃を受け、それを撃退した袖付きを乗艦させることとなったネェル・アーガマ。しかし乗員が簡単に納得するはずもなく……相容れぬもの、第16話。今回は袖付きによって共存を共闘に上書きされたネェル・アーガマを舞台にすることで、フル・フロンタルの目論見を感覚的に捉えやすくしているのが印象的。ネェル・アーガマは本来、反連邦活動を鎮圧するという強者の立場にあった艦ですが、いまや連邦の軍艦という所属を無視され、生き延びるためには袖付きと行動を共にしなければならない。MSデッキを闊歩され、機関室という心臓部への兵の常駐まで甘受しなければならないというこの状況は、ミネバの言う「弱者と強者が立場を入れ替えながら続く未来」と重なるものがあります。副長に抗議する機関長達の姿は、サイド共栄圏が実現した場合に「スペースノイドへの仕返しを目論むかもしれない」アースノイドの萌芽なわけですね。

 が、一方でネェル・アーガマで繰り広げられているのはそんな光景ばかりではありません。互いに睨み合うギラ・ズールの整備とは裏腹にクシャトリヤはガランシェール隊と整備班の共同で修復作業が行われ、ジンネマンはマリーダの生存にネェル・アーガマを奪取する算段を放棄する。直接やりとりする場面こそありませんが、私が全てを上回った彼と公のために自らの思考を捨て去るフル・フロンタルの姿は全く対照的です。

160731_04.jpg
160731_05.jpg
 そしてミネバは、シャアと同じ顔の男が語る言葉がシャアと全く異なるものであることに失望する。これがとても怖い。ちょっと6話「その仮面の下に」の感想を引用してみましょう。

副題の表面的主体であるフル・フロンタルと言えば、ファッション、プロパガンダとしての仮面を外してもその「人間的仮面」を外してはいないのですね。なにせ仮面の下にあるのはご丁寧に傷まで備えた「シャア・アズナブルの仮面」なのですから。というか自分を器と規定しているあたり、仮面こそが自分の本性だと言いたげですらある。彼の語る袖付きの行動理念は正に思想であり、同じジオニズムを語りながらマリーダの言葉のような当事者性を持っていない。アンジェロが怒りを露わにして人間味を出す分だけ、終始その仮面は強調されていたように思います。
 ジンネマンに連れて行かれる時にフル・フロンタルが仮面をかぶり直し、そのまま扉が閉められる……というのは、彼の本当の仮面の下をバナージが覗けなかった、ということなのでしょう。外した仮面の裏側は表に比べて随分凸凹していたけれど、実際に彼の仮面の下にあるのはなんなのでしょうね。


 フル・フロンタルは今回「器は考える事をしません」とまで語り、「シャア・アズナブルの仮面」こそが本性であることを肯定した。けれど、ミネバに言わせればその仮面は偽物であり、つまり死んでいる――生皮でできた、本人そのものである筈の顔が死んでいる。つまり彼には顔がない。そして目に見える「顔のない顔」とは何でしょう?

160731_06.jpg
 それは物理的な仮面で隠された顔です。なんてこった、彼は最初から素顔を晒していたのだ。この逆転が生み出すフル・フロンタルの空虚さは底知れず、故に恐ろしい。さて、さて、バナージはどのようにこれに打ち勝つのでしょう。

<おまけ>



関連:
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 感想リスト

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第1話「96年目の出発」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第2話「最初の血」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第6話「その仮面の下に」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第7話「パラオ攻略戦」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第9話「リトリビューション」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第10話「灼熱の大地から」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第11話「トリントン攻防」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第12話「個人の戦争」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第14話「死闘、二機のユニコーン」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2651.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/07/guctv-16.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-4208.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5239.html
http://mizuho-diary.seesaa.net/article/440649295.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/07/31 Sun. 11:02 [edit]

CM: 0
TB: 5

top △

« 絶対に忘れない/ドラゴンボール超53話感想  |  ちゃんと伝えたいこと/レガリア4話感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1928-f67af6f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第16話「サイド共栄圏」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第16話を見ました。 第16話 サイド共栄圏 ネェル・アーガマ艦内の医務室にはベットで眠るマリーダに寄り添うジンネマン達ガランシェール隊の面々の姿があった。 ジンネマンはネェル・アーガマを乗っ取るという当初の計画を忘れ、マリーダとの再会を喜んでいた。 ネェル・アーガマ艦長のオットーはラプラスの箱を消去しようとする参謀本部とビ...

MAGI☆の日記 | 2016/07/31 11:03

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第16話 『サイド共栄圏』 ミネバは否定するけど悪くないと思う。

一度上に立った者は他と同格になる事に耐えられない。それは人でも政治体制でも同じだと思います。嘗ての殿様が百姓と平等だの対等だの言われても決して受け入れないでしょう。唯一それは可能とするのがその立場から転げ落ちた時。一度辛酸を舐めないと、相手とまともに接したりしないと思うんです。 艦内は一触即発。ミネバは連邦とジオンが手を取り合ってと喜んだけど、そう簡単じゃありません。これまで互いを敵としてさ...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2016/07/31 12:19
アニメガネ | 2016/07/31 16:18

【機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096】第16話『サイド共栄圏』キャプ付感想

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第16話『サイド共栄圏』 感想(画像付) 「サイド共栄圏」思想… フロンタルが語る虚ろな言葉。 いったい誰の意志を受けた言葉なのか。 仮面の器には意志などないのか? ラプラスの箱の最終座標はメガラニカ…そこで何が待つのか? バンシィ・ノルンに乗り闇に堕ちたリディも追撃してきます。 リディすっかりヤンでるw 以下、感想はつ...

空 と 夏 の 間 ... | 2016/07/31 23:31

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096「サイド共栄圏」第16話感想!

今回は前回のあらすじだけを最初に軽くまとめた感じですね。箱の最終座標を知るバナージと人の善意を信じたいミネバ。マリーダもようやくジンネマンの元へ。またネタバレしてますので宜しくです。

m日記 | 2016/08/03 12:08

top △

2017-08