人の未来は/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 17話感想 


 マリーダにわがままを言われる場面のジンネマン、いつもより老けて見えるのがまた……



機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」
©創通・サンライズ
160807_03.jpg
160807_04.jpg
 袖付きとの共同戦線に不満を募らせるネェル・アーガマのクルー達。一方、バナージのもとをマリーダが訪れ……旗幟鮮明、第17話。今回は女性陣の存在感の強い回でしたねー。クルーが反抗を企てる際はミコットがオードリーの本心を見抜き、オードリー(ミネバ)とマリーダは袖付きやジンネマンに呼びかけ、マーサはローナンをそそのかす。オットー艦長の啖呵を除くと、今回場面を転換させる時には何かしら女性が関わっています。最たるものはもちろんミネバとマリーダで、袖付き全体に語りかけるミネバとジンネマン個人に語りかけるマリーダを同乗させることでクシャトリヤに事態の突破口が集中している構図が上手いなあ……
 バナージに語ったように、マリーダは「それでも」が重なることでこの場に居合わせた、物語の1つの成果のような存在です。晴らしても晴らせない恨みの中で生きていたジンネマンが、「それでも」もがき続けたからこそ彼女の命はある。そのマリーダがバナージの親から子への、ジンネマンの子から親への思いを「呪縛」という概念から解き放ってあげるのは恩返しという感じで心地いい。この恩返し、ダグザ隊長の部下であったコンロイがバナージを責めるでなく励ますのにも通じるところで、改めてバナージがやってきた事は無駄じゃなかったのだと思わせてくれます。

 一方で今回は、フル・フロンタルがいつもに比べて表情豊かなのも面白いところ。もちろん仮面をかぶっているのだから本来的にはそこに表情はないのだけれど、ジンネマンやバナージとの会話する際の彼はいつにも増して饒舌だし、光の加減が仮面に感情の色合いを与えてくれる。「シャア・アズナブルが今も生きているとしたら」と語る時に意味ありげに仮面が光るのはもちろんですが、バナージと語る際は言葉にも仮面にも影がかかっていて彼の持つ薄暗い部分がにじみ出ていたように重います。

160807_05.jpg
フル・フロンタル「いつか、私と同じ絶望に突き当たることになる」
 ここなんぞ仮面が泣いているようにも見えるからすごいものだ。
 シャアが生きているとしたら「人ではなくなっているのでは」と語るフル・フロンタルの新しい乗機(なんだろうな多分、そしてきっとOPのアレだろう)に「足がない」というのも実に皮肉な話で、ぐぐっと彼に対するズームアップを感じた回でした。さて、次回はいよいよ決戦の始まり。バンシィがリゼルのバルーンを振り払ってる予告が既に含蓄ありそうで楽しみです。

関連:
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 感想リスト

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第1話「96年目の出発」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第2話「最初の血」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第6話「その仮面の下に」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第7話「パラオ攻略戦」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第9話「リトリビューション」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第10話「灼熱の大地から」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第11話「トリントン攻防」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第12話「個人の戦争」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第14話「死闘、二機のユニコーン」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第16話「サイド共栄圏」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2660.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5259.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-4232.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/08/guctv-17.html
http://mizuho-diary.seesaa.net/article/440873310.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/08/07 Sun. 10:59 [edit]

CM: 4
TB: 5

top △

« その先を見ろ/ドラゴンボール超54話感想  |  ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない アニメ・原作比較感想第19話後編 »

コメント

今回のエピソードでOVA6巻の終盤ですので
次回から最終巻である7巻に入ると思います。

なので、UCは全21話か全22話くらいで終わるのかな?
そうすると9月末までに放送1週休みが1回か2回はまたあるかもですね。

MITSUKI #0l/uxCQc | URL | 2016/08/07 14:57 * edit *

>MITSUKIさん

>次回から最終巻である7巻に入ると思います。
最終7巻はこれまでの1巻の1.5倍の長さなのでしたっけ。そうするとおっしゃるように21~22話くらいが妥当な気がしますね。前回までのあらすじで稼げるのは2,3分がいいところですし。
どうせなら艦これのイベント期間に休んでくれると助かります(えー

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/08/08 22:52 * edit *

あれがなんでまずいのか知ってるかい?
作ってるのがタムラさんだからさ!(まだいたのか
塩気が足りないんだ!

病気で一時期栄養剤を飲んでた時期がありましてな、これが非常にまずい。
強烈な味付けができる粉末(単体ではくどすぎて飲めたものではない代物)をぶち込んで何とか飲めるレベルで、製造してるのが「○の素」というのが何かの冗談ではないかという。
病人の食い物、飲み物というものはもうちょっとなんとかならないのかなぁ、と当時思ったものです。
病気持つといろいろ大変ですよ。

あと、絶食中に隣でカレー食いやがったカップル、てめえら人間じゃねえ!
つか、病室でカレー食うな!

ロゴ #Mz.nJuUI | URL | 2016/08/10 23:46 * edit *

>ロゴさん

>作ってるのがタムラさんだからさ!(まだいたのか
 タムラさんはむしろ塩を入れたい方だろ!いい加減にしろ!(珍種スレ並感)
 病院食が物足りないのは減塩のためとも聞きますねえ。

>強烈な味付けができる粉末(単体ではくどすぎて飲めたものではない代物)をぶち込んで何とか飲めるレベルで、製造してるのが「○の素」というのが何かの冗談ではないかという。
 どっちが調味料なんだか分からねえ(゚A゚;) 幸い入院したことは今のところありませんが、それはちょっと嫌ですねえ

>あと、絶食中に隣でカレー食いやがったカップル、てめえら人間じゃねえ!
>つか、病室でカレー食うな!
 血の色を疑うレベルwww

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/08/11 12:25 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1938-0b442b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アニメガネ | 2016/08/07 12:51

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第17話を見ました。 第17話 奪還!ネェル・アーガマ ネェル・アーガマ内では現状を受け止め切れずに困惑するバナージの元を訪ねたマリーダはフル・フロンタルの構想は正しいと語り、バナージもそれが正しいと分かっていても、これまで正しいと思ったことが何もかも裏目に出たと項垂れてしまう。 「だが、そのおかげで私は今こうしてお前と話をし...

MAGI☆の日記 | 2016/08/07 13:58

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第17話 『奪還! ネェル・アーガマ』 フロンタルの泣き所は人材。

脚がありませんな…。このシーン記憶に無い。もしかして追加したんだろうか。脚なんて飾りだよ。フロンタルには是非こう言って欲しかった。「偉い人には…」は使えないですね、フロンタルがリーダーだし。  マリーダ菩薩様。悩めるバナージの元にマリーダの訪問。何もかんも上手く行かねえ!しょぼくれるバナージを優しく包み込む。私がここに居るのはお前のおかげ。でも元はといえ...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2016/08/07 14:29

【機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096】第17話『奪還! ネェル・アーガマ』キャプ付感想

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第17話『奪還! ネェル・アーガマ』 感想(画像付) 一個の人としてマスターで父であるジンネマンに決意を見せるマリーダさん。 それを許すジンネマンとは本当に親と娘みたいでしたね。 一方、ただ現実を考えて最適に動くだけの器であるフロンタルは、もはや人であるのをやめた存在。 そんなものに未来を変え作り出すことは出来ない。 よき未来...

空 と 夏 の 間 ... | 2016/08/08 14:25

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096「奪還!ネェル・アーガマ」第17話感想!

マリーダが、不味い病人食を消化するのをバナージに手伝ってほしいと言って部屋に来る。食べてみると本当にまずい…マリーダの嫌いな物より好きな物を聞いてみると、考えた事もないという。またネタバレしてますので宜しくです。

m日記 | 2016/08/09 00:10

top △

2017-09