Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

哀れな女/クロムクロ21話感想


 リタのキャプ画を撮れる機会なんてこれが最後じゃないかしらん。



クロムクロ 第21話「牙城の落ちる日」
©クロムクロ製作委員会
160826_03.jpg
160826_04.jpg
160826_05.jpg
 無事研究所へと帰還した由希奈達。しかし、上空からはエフィドルグの母艦が降下してきており……侵略、第21話。
 今回は「牙城の落ちる日」という副題がエフィドルグの母艦の降下のことかと思いきや研究所の陥落だったという急展開でしたが、内容としては「己は誰であるか」というアイデンティティを強く指向していた回だったように思います。ゼルは自分がエフィドルグの敵であり由希奈の父の友人であることを語り、洋海は自分が「所長」であり「由希奈」の母であるが故に研究所に残ろうとし、リタを始め囚われた人々は己をエフィドルグであると認識する。GAUS3に乗ったシェンミィに至っては、柳葉刀(みたいなナイオンの刀)の剣舞で自分が中国人であることを映像的にアピールするしw
 そんな中でムエッタは「ゲゾンレコ隊の辺境矯正官」であるという自己認識を崩壊させられ、己が何者か分からなくなるわけですが、アイデンティティって生まれ持ったものだけで決まるものではないのですよね。それを何より体現しているのは「セバスチャン」で、彼は茂住敏幸という本名や自衛隊の一等陸尉という肩書がありながら「ソフィーの執事セバスチャン」という全く違う自己認識に己を染めている。どういうわけでそんな事になったのかは全く描かれてはいませんが、まあ内容からして普通の経緯はたどっていないでしょう。それでも彼はソフィーに忠義を尽くし、彼女の執事であることに殉じた。「女子」としてソフィー達に助けられたことと共に、それはムエッタの自己認識を大きく揺さぶるのではないかな……と思います。
 さて、本拠陥落というこの事態に剣之介達はどう動くのか。物語もいよいよ佳境です。

160826_07.jpg
160826_06.jpg
 しかし自分が生主だという自己認識が全くブレんな、茅原w

関連:
クロムクロ 感想リスト

クロムクロ 第1話「鬼の降る空」
クロムクロ 第2話「黒き骸は目覚めた」
クロムクロ 第3話「城跡に時は還らず」
クロムクロ 第4話「異国の味に己が境遇を知る」
クロムクロ 第5話「学び舎に来た男」
クロムクロ 第6話「神通の川原に舞う」
クロムクロ 第7話「東雲に消ゆ」
クロムクロ 第8話「黒鷲の城」
クロムクロ 第9話「岩屋に鬼が嗤う」
クロムクロ 第10話「不遜な虜」
クロムクロ 第11話「闇に臥したる真」
クロムクロ 第12話「黒部の夏に地獄を見る」
クロムクロ 第13話「祭囃子に呼ばれて」
クロムクロ 第14話「祭に踊る羅刹」
クロムクロ 第15話「追分の果て」
クロムクロ 第16話「再会は水に流れて」
クロムクロ 第17話「雲中に鬼が舞う」
クロムクロ 第18話「湯煙に消える」
クロムクロ 第19話「鬼が誘う宴」
クロムクロ 第20話「飛んで火に入る虎の口」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5310.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/tokyomx8252-255.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-13391.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/08/kuro-21.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2016-08-26-1
このエントリーをはてなブックマークに追加

4 Comments

MITSUKI  

今週感想早いですねw

いやー、今回は絶望的な戦いで、こうも戦力差があるとどうしようもないな、と。
ボロボロとヘッドレスが落下してくる時点であ…オワタってなりますもの。

セバスチャンの死。2号機には脱出装置がないみたいですし、生存は厳しいかな…。
せっかくのGAUS3号機も登場したと思ったら即破壊されてしまった(´・ω・`)

さてはて、ここからいったいどうやって反撃するのか。
そしてみんなが救出活動する中で自分だけ撮影してる茅原。ほんとコイツはブレないな…(;´∀`)

2016/08/26 (Fri) 20:33 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

>今週感想早いですねw
 艦これ夏イベ追い込みのために有給取っております<(`・ω・´)

>ボロボロとヘッドレスが落下してくる時点であ…オワタってなりますもの。
 ですねー。対策を練ったというのではなく、枢石のありかが分かって戦力を集中しただけ、というのがまたなんとも。

>セバスチャンの死。2号機には脱出装置がないみたいですし、生存は厳しいかな…。
>せっかくのGAUS3号機も登場したと思ったら即破壊されてしまった(´・ω・`)
 戦いの厳しさが伝わりますね。せっかくの華麗なデビューだったのに(´・ω・`) セバスチャンには生きていて欲しいですが……

>そしてみんなが救出活動する中で自分だけ撮影してる茅原。ほんとコイツはブレないな…(;´∀`)
 まあ、撮影は撮影で大事でもありますしw

2016/08/26 (Fri) 23:19 | EDIT | REPLY |   

ロゴ  

「あと、私は茂住ではない」

これが3話前まで温泉だのカレーだの言ってた作品か!?
GAUS1機増えたところで大した意味はないほどの圧倒的な戦力差。
普通パイロット込みで増強するもんだと思うんだけど、訓練が間に合わないのか。
そもそもソフィーを下ろすために作られた設定でしょうが、元のタンデムのままだったらどうなってたのか、ちょっと興味深いです。
各個では健闘するも、数の暴力にはさすがに勝てず、次第に押し返されて光子力研究所陥落。
ここからどう反撃するのか、全くビジョンが見えてきません。

耳から侵入するやつにろくな物はない。
寄生獣とか。
あ、ハイエロファントとチャリオッツ…まあ、何にでも例外はあるねん。
レイポ目になった皆様の明日はどっちだ?

>撮影は撮影で大事でもありますしw
俺には見える。
「撮っとる場合かー!?」とカメラをはたき落とすシュトロハイムの姿が。

2016/08/27 (Sat) 22:05 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>ロゴさん

茂住じゃないセバスチャンだ!

>これが3話前まで温泉だのカレーだの言ってた作品か!?
 そういえばまだ3話前でしたか(;´∀`) 研究所への配備=テスト段階ですし、そんな簡単にはいかないんでしょうねえ。>訓練

>次第に押し返されて光子力研究所陥落。
 パリーンと割れるバリアさえあれば。

>レイポ目になった皆様の明日はどっちだ?
 元に戻って欲しいですねえ、あれどういう仕組でエフィドルグの人間にさせてるんだろう。

>「撮っとる場合かー!?」とカメラをはたき落とすシュトロハイムの姿が。
 いや研究的にはむしろ必要なのではw

2016/08/28 (Sun) 10:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  クロムクロ TokyoMX(8/25)#21
  • 第二十一話 牙城の落ちる日 ゼルの操るクロウで脱出したクロムクロとムエッタ。無事に黒部研究所に着陸する。エフィドルグの母艦は2時間後に到着。ゼルが姿を表し共闘を申し出る。ムエッタは雪姫のクローン、記憶は後日に植え付けられたニセモノ。エフィドルグは侵略する星の生物を利用する。由希奈は腕時計から山中で助けられた相手だと知り感謝を述べる。白羽岳人の娘か、彼は友人だった。 黒部一帯に退去命令が発令さ...
  • 2016.08.26 (Fri) 18:08 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  【クロムクロ】 第21話『牙城の落ちる日』 キャプ付感想
  • クロムクロ 第21話『牙城の落ちる日』 感想(画像付) エフィドルクの牙城が地上に降りて、黒部研究所は落ちる。 怒涛すぎる展開! セバスチャンの最期までの忠義は執事の鑑! 戦力差が違い過ぎて、絶望的な戦いですね。 戦国時代にはどうやって追い返したんですかね? やっぱり宇宙船内部に入って破壊するスターウォーズのパターンかなw 以下、感想はつづきから ネタバレ含み...
  • 2016.08.26 (Fri) 22:42 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  クロムクロ 第21話 『牙城の落ちる日』 敵の戦力が尋常じゃない...研究所が!リタが!セバスチャンが!!
  • 要塞直接降下。到着は2時間後&hellip;早いな。雪姫様は味方だ!流石にそれは違うだろ。エフィドルグに居場所が無くなっただけで、消去法で一緒に来ただけ。他方鬼=ゼルが現れるや否や襲いかかる剣之介。この雪姫大好き、鬼大嫌い男を止めてくれ。 雪姫は死んだ!剣之介大ショック。目の前に居るムエッタは雪姫のクローン。現地の生物の遺伝子からクローンを作り洗脳して使うのがエフィドルグ。勿論星の記憶なんて...
  • 2016.08.27 (Sat) 00:16 | こいさんの放送中アニメの感想