君に託す/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 21話感想 


 あわよくばマクロスΔも見て感想を……と思っていたのですが、帰宅した時点で23時の上にPCメールにエラー発生とか完全に無理ゲー/(^o^)\



機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第21話「この世の果てへ」
©創通・サンライズ
160905_03.jpg
160905_04.jpg
160905_05.jpg
 ラプラスの箱を奪取すべく、フル・フロンタルはネオ・ジオングへ乗り込む。その圧倒的な力にはガエルのシルヴァ・バレトも歯が立たず……決戦、第21話。
 うーん、今回はいつにも増して描写が難しい。ネオ・ジオングのサイコ・シャードの解説を目にしたりもできたけれど、正解を提示されるとそこから抜け出せなくもなるし。これまでのように「どのように描いているか」に重点を置いて語るならば、今回は「ここにいる理由」というのが大切であったように思います。
 ガエルはバナージの後退の勧めを無視してその場に留まり、またバナージが「ここまで来たのは」呪縛ではなく彼自身の意思であると讃える。その言葉の中にはかつての主であるカーディアス・ビストの夢も含まれていましたが、それはおそらくはガエル自身が惹かれた夢でもあり、カーディアス亡き後も彼が「そこに居続けた理由」。一方でアルベルトはそんな父についていけなかった事、だからマーサの側についたのだと告白する。それはつまり、彼が「そこにいる理由」。また、ローナン議長はコロニーレーザーの射線に息子であるリディが自らの意向でいると知って「なぜ、お前が」と「そこにいる理由」を知らずおののく。止めようとしたブライトも子に恥じぬ父でありたいと「そこにいる理由」を語る。多くの人が、なぜその場にいるのかを大切に抱えています。

 そして「ここにいる理由」を他人に依拠するフル・フロンタルはニュータイプ的ななんやらかんやら刻が見えるのを最大限に拡張してこの世の果てとやらをバナージに見せるわけですが、それは器たる彼らしいやり方であって、ミクロに見ればこの世の果てとは人生の果て、死の果てでもあります。どれだけあがこうが幸せを得ようが、人に最後に待つのはこの世の果て同様に「光なく時間すら動きを止めた完全なる虚無」なのですから。要するに「どうせ死ぬのは一緒だから頑張っても意味ないんじゃない?」ってわけですが、それに対する「それでも」こそは、先述した皆が見せた「ここにいる理由」です。「ここにいる理由」とは、ごく短く切り取った「生きる理由」でもあるのですから。最後に待つのが死であっても、「ここにいる理由」を積み重ねることは絶望を跳ね返す力になる。そうして、それを受け入れ「ここにいる理由」をなくしたフル・フロンタルは解き放たれてゆくのです。論戦や心の力を武器に変えるような形ではなく、それでいてこうもダイナミックにテーマを視覚化してしまうというのは面白かったなあ……シナンジュのジオンの紋章が、バナージが触れるのが「胸」であり「心」であるのを明確に感じさせるようになっているのも良かった。
 さて、OVAをTV用にした本作も次回でいよいよ最終回。最後に語られるものを、楽しみに待ちたいと思います。

関連:
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 感想リスト

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第1話「96年目の出発」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第2話「最初の血」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第6話「その仮面の下に」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第7話「パラオ攻略戦」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第9話「リトリビューション」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第10話「灼熱の大地から」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第11話「トリントン攻防」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第12話「個人の戦争」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第14話「死闘、二機のユニコーン」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第16話「サイド共栄圏」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第18話「宿命の戦い」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第19話「再び光る宇宙」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第20話「ラプラスの箱」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2692.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5342.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-4325.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/09/guctv-21.html
http://mizuho-diary.seesaa.net/article/441688806.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/09/06 Tue. 00:18 [edit]

CM: 2
TB: 5

top △

« もっと色々知らなきゃ/マクロスΔ23話感想  |  これぞ神/ドラゴンボール超57話感想 »

コメント

昨日ユニコーンがどんなラストを迎えたのかをwikiや他の人のブログでついに知ってしまった21歳の社会人見習いです(笑)

ずっと前にニコニコ動画で(赤の肖像)を観た後にyoutubeで(ネオ・ジオング対ユニコーン&バンシィ・ノルン)を観ました。ユニコーンは断片的にしか観ていない僕が言ったらダメだと思いますが(ガンダムに関わった声優さんの中には今でも元気な人たちがいるんだな。)と感じられてジーンとなりました。

バナージの生き方を否定する気はありませんが、ある特撮ヒーロー物で(希望っていうのはタチの悪い病気だ。)という言葉に納得してしまった僕には(頑張りたくない人には頑張らなくていいんだよって言いたいな。)という気持ちになりました。

シンジン #- | URL | 2016/09/12 15:57 * edit *

>シンジンさん

>昨日ユニコーンがどんなラストを迎えたのかをwikiや他の人のブログでついに知ってしまった21歳の社会人見習いです(笑)
 この時代、ネタバレを防ぐのも一苦労ですね。

>ユニコーンは断片的にしか観ていない僕が言ったらダメだと思いますが(ガンダムに関わった声優さんの中には今でも元気な人たちがいるんだな。)と感じられてジーンとなりました。
 ガンダムも本当に息の長い作品ですから、未だ声を当ててくれるのは嬉しいことです。

>バナージの生き方を否定する気はありませんが、
 バナージのあり方は1つの理想ですからね。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/09/12 20:28 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1975-00e0ec29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096】第21話『この世の果てへ』キャプ付感想

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第21話『この世の果てへ』 感想(画像付) ネオジオングとに共闘するバンシィとユニコーンの図はイイネ! シルヴァ・バレトは、マークVかドーベンウルフの系譜の機体ですかね。 もっと活躍見たかったよw フロンタルをこの世の果て(笑)に連れ去ったのはララァたちの魂? EDのキャストでは名前はなかったけどねw 撃たれてしまったコロニ...

空 と 夏 の 間 ... | 2016/09/06 01:11

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第21話 『この世の果てへ』 ビスト神拳とタイムボカンは勘弁して欲しかった。(※閲覧注意)

※今回は敢えて不満を書きますので、嫌な方はスルー願います。 アムロとシャアとララァが出てきたのは感慨深かったけど。でも逆に「本当に死んじゃったんだ…」と実感させられて複雑です。 ビスト断骨筋! ビスト神拳・岩山両斬波! ビスト双烈破!!  ネオジオングびびってる。正直この戦いは笑うしかない。 OVAとして全7巻が発売された「機動戦士ガンダムUC」がTV用に再編集。その...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2016/09/06 04:16
アニメガネ | 2016/09/06 06:28

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第21話「この世の果てへ」

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第21話を見ました。 第21話 この世の果てへ メガラニカの表面にはフル・フロンタル専用巨大MAネオ・ジオングが取り付いており、ネェル・アーガマから袖付きが動いた事を知らされ、メガラニカに駆け付けたリディはネオ・ジオングのジャック機能に乗っ取られ、同士討ちをさせられるエコーズ隊を目の当たりにする。 フル・フロンタルが乗り込んだ...

MAGI☆の日記 | 2016/09/07 05:47

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096「この世の果てへ」第21話感想!

ネオ・ジオングの指から出たファンネルが周囲のMSの自由を奪い、同士討ちを誘う。殺気の感じられない闘い…プログラムされた戦闘を避けてリディがバンシィを遠ざける。またネタバレしてますので宜しくです。

m日記 | 2016/09/07 22:38

top △