必ず連れ戻してやる/機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 22話感想 


 人間だけが神を持つ。



機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第22話(最終回)「帰還」
©創通・サンライズ
160911_03.jpg
160911_04.jpg
160911_05.jpg
 フル・フロンタルを退けたバナージだったが、メガラニカはコロニーレーザーに狙われていた。防衛のため、バナージはサイコ・フィールドを展開するのだが……可能性であるということ、第22話。
 僕は自分の感想を主に「30分の描写のあり方について書くもの」として規定しており、僕個人がキャラに対して抱いている感情については控えめにしてきました。その最たるものがバナージやリディに抱く感情であり、これは最終回まで取っておこう……と思っていたのですが、いやぶっちゃけるのにふさわしい内容で喜ばしいような、製作者の手のひらの上で悔しいようなw

 本作は2010年に始まったOVAのTV編集版であり、原作小説まで含めればスタートは2007年にさかのぼります。それだけ前の作品であれば内容に関する情報はどうしたって入ってきてしまうもので、特に記憶に残っていたのは、マリーダが死ぬということと「リディカス」という蔑称でした。序盤から放送後にTwitterで「#g_uc」のタグを見てもずいぶんな嫌われようでしたし……(´・ω・`) でも実際に見てみて、僕は彼をそう呼ぶ気にはとてもなれなかったのです。横恋慕とは言うけれど、まるで舞台演劇のような5話のやりとりを見た時「あれ?これリディはミネバに惚れちゃうんじゃないの?」って思いましたし。リディにとってミネバは、パイロットとして規定することで閉じ込めてきた自分と向き合うきっかけを与えた少女なのですから。
 付け入る隙のない相手に恋をしてしまったことを始まりに、10話に象徴されるようにリディは自他双方から追い込まれてゆきました。バナージが居場所を変えても変えても周囲の人物と結びついてゆくのと対象的に、リディはネェル・アーガマ→ラー・カイラム→ビスト財団と所属を変える度に関係が切断されてゆく。正直、ガランシェール隊でも誰もバナージに辛く当たらないのは優しすぎだと思いましたもの。殺そうと思って殺したのじゃないのを分かってやるのが優しさではありますが、それで怒りや悲しみを全く出さずに済むならジオンの報復がこんなに続いたりしないだろう。マリーダ、ダグザさん、ジンネマン、ブライトなどから、不自然なくらい常に正しさを見守られてきた(保証されてきたとは言わない、そうなら彼はギルボアを殺さないしロニも救える)バナージよりも、そうしたものを常に得られず気付けないリディの方に、僕の感情はずっと共感してしまっていたのでした。ありていに言って、僕はバナージという好青年から人間味を感じなくなっていたのです。

 そうして、見守られ続けたバナージは遠隔でユニコーンを呼んだり、ビスト神拳でネオ・ジオングの戦闘力を奪い、フル・フロンタルの魂を浄化したりと正しさを高めてゆく。その権化こそは今回の活躍で、ユニコーンガンダムはコロニーレーザーを止めるわゼネラル・レビルのMS隊を無力化するわと人智を超えた働きを見せます。人智を超えたというか、「完成されたニュータイプ」は正しさそのものであり、そしてそれは人間味どころかもはや人間ではない。
 でも、人間ではないというのは本来はバナージがもっとも嫌っていたことの筈です。インダストリアル7の惨劇に「あんなの、人の死に方じゃありませんよ!」と憤り、ジオンの姫君たるミネバに「オードリー」個人としての心を自覚させたのが彼なのですから。そんな彼が人間でなくなってしまうのは、あまりに本末転倒です。だから助けがいる。人間性を叫んできたバナージこそを人間に戻す、助けがいる。それは、本作のもう1人の正しさの象徴である「ミネバ」には務まらない。バナージを人間に戻すのは人間でなくてはならない。
 だからバナージに呼びかけるのはリディなのです。だから彼は「そんなんでミネバが抱けるのかよ!」と叫ぶのです。遠隔でユニコーンを呼んだバナージと異なり、あくまでコックピットの中でのリディの「バンシィ!」の叫びが、黒い外見や再調整されたマリーダが乗った危険な機体という呪縛を跳ね返すのは本当に格好良かった。
 人間性を叫んで正しくあり過ぎるがゆえに人間でなくなってしまったバナージを、人間的であるために過ちを重ねてきたリディが人間に引き戻す。この役割の逆転は本当に美しく、そして本作の原点を思い出させてくれる終わりでした。カス呼ばわりされる描写的な問題や現状はさておき、リディに与えられた役割は本当に大きいものだったのだなと思います。うん、ぶっちゃけます。僕は本作では彼が、リディ・マーセナスという男が1番好きだ。

 リディカスやマリーダの死と並んで本作に関して聞いていた評判の1つに「既に富野監督が否定したニュータイプ万能論を再び主張する懐古作品」というようなものがありました。物語としてのガンダムの原点がニュータイプ不在のポケ戦であり、またクロスボーン・ガンダムやガンダムXのニュータイプに対する姿勢にもっとも頷いていた僕としては、それゆえ本作にあまり興味を持っていなかったのですが……いや、やっぱりちゃんと見てみないとダメですね。けして僕の姿勢と相容れないものじゃなかった。懐かしのMSをあれこれ出し、旧作を見ていた人が思わずニヤリとする(たぶんこのあたりはサッパリだろうな、僕)要素を盛り込んだ「コンテンツ」としての要素と、OVAという制作形態による「作品」としての圧倒的な情報密度。本当に見応えのある22話でした。スタッフの皆様、お疲れ様でした。

関連:
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 感想リスト

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第1話「96年目の出発」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第2話「最初の血」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第6話「その仮面の下に」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第7話「パラオ攻略戦」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第9話「リトリビューション」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第10話「灼熱の大地から」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第11話「トリントン攻防」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第12話「個人の戦争」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第14話「死闘、二機のユニコーン」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第16話「サイド共栄圏」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第18話「宿命の戦い」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第19話「再び光る宇宙」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第20話「ラプラスの箱」
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第21話「この世の果てへ」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5362.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/09/guctv-22.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-4350.html
http://mizuho-diary.seesaa.net/article/441904051.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/09/11 Sun. 10:27 [edit]

CM: 8
TB: 4

top △

« 迷いは晴れているはず/ドラゴンボール超58話感想  |  ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない アニメ・原作比較感想第24話後編 »

コメント

ガンダムUC完走お疲れ様です!∠(`・ω・´)

OVA版視聴済みの身としては、OPやらEDやらで
いきなりネオ・ジオング出てたり、ロニさんの最期が毎週連発されたりと
ネタバレ満載で「えええー!?」みたいな感じでしたけども(苦笑)

コロニーレーザーであっさりと死んでしまったヒル艦長が可哀想でした。
レウルーラの逆シャアのその後の行方は、ここで撃沈なんですよね。

さて、来月からはオルフェンズの2期が始まります。
BFTの特番といい、今年はガンダムづくしな1年だなぁ…。

MITSUKI #E934Y0f2 | URL | 2016/09/11 11:07 * edit *

完走お疲れ様でした!

OVAの内容だけでリディをそこまで愛していただけるとは(笑)

お時間あれば是非とも小説も手にとっていただけたらと思います。掘り下げがどうしても足りなかったところ、様々な理由で描写できなかったロニさん周りの改変などなど、OVAとの違いを感じていただけたら。

sk_pt #- | URL | 2016/09/11 12:43 * edit *

>MITSUKIさん

>ガンダムUC完走お疲れ様です!∠(`・ω・´)
 ありがとうございます。来週から日曜に早起きせずにすみますw

>ネタバレ満載で「えええー!?」みたいな感じでしたけども(苦笑)
 あー、そういえば前記EDでは毎回ロニが死んでたんでしたっけwww おかげで初登場の時点で(´・ω・`)ってなりました。

>コロニーレーザーであっさりと死んでしまったヒル艦長が可哀想でした。
 本当にあっさりでしたね。台詞も無いのがまた……「すごいレーザー」の証明が最後の役割というのは切ない。

>BFTの特番といい、今年はガンダムづくしな1年だなぁ…。
 色々な映像で見られるのは嬉しいものですね。あと3週間、オルフェンズの再開を楽しみに待ちましょう。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/09/11 14:57 * edit *

>sk_ptさん

>OVAの内容だけでリディをそこまで愛していただけるとは(笑)
 リディカスの蔑称を先に聞いていた分、初見から同情的に見てしまっていたというのもありますかねw 浪川大輔による演技もリディの魅力をたっぷり伝えてくれましたし、僕にはこのタイミングでこの媒体で見るのが1番良かったんだなと思います。

>お時間あれば是非とも小説も手にとっていただけたらと思います。掘り下げがどうしても足りなかったところ、様々な理由で描写できなかったロニさん周りの改変などなど、OVAとの違いを感じていただけたら。
 小説とアニメでは本当に色々変わっているそうですからね。アニメで見た「30分の描写のあり方」が原作ではどうだったのかというのも気にはなるところですし。時間が……時間が本当に難点なのですが、おすすめいただいた事を覚えておきます。コメント&ねぎらいのお言葉、ありがとうございました。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/09/11 15:10 * edit *

>バナージを人間に戻すのは人間でなくてはならない。
ヘルシングを思い出します。
「俺のような化け物は 人間でいる事にいられなかった弱い化け物は 人間に倒されなければならないんだ やめろ人間!! 化け物にはなるな 俺のような」
ユニコーンももはや神の領域。
これだけやってもまだ戦争は絶えないんだから人類って。

こちとらネオジオングとユニコーンのゲトゲトな激戦を期待してたんですが、映画館の先行で見たとき、突然のタイムトラベルからのネオジオング自己崩壊という余りの怒濤の展開で何がなにやらでした。

>本作にあまり興味を持っていなかったのですが……
大丈夫です。
バナージの中の人も余り興味がなかったそうですから。
一応役もらってからシリーズを見たらしいですが。

ロゴ #Mz.nJuUI | URL | 2016/09/12 22:05 * edit *

>ロゴさん

>ヘルシングを思い出します。
 あー、そういえばそんな一節もありましたね。ま、それでもF91までは比較的平和な時代だったとされてるのですし……あのユニコーンは本当に「そそっかしい」んだと思いますよ。

>こちとらネオジオングとユニコーンのゲトゲトな激戦を期待してたんですが、映画館の先行で見たとき、突然のタイムトラベルからのネオジオング自己崩壊という余りの怒濤の展開で何がなにやらでした。
 TV4,5話分なのでしたっけ、OVA7巻は。見返し咀嚼する間もなくあの密度のものを見たらそういう反応になるのが自然だと思いますよ、特にネオングあたりは今回分割して見られた僕もかなり困惑しましたし。

>バナージの中の人も余り興味がなかったそうですから。
 それくらいの方がいい気もしますね。歴史があるにしても個々はあくまで1つのアニメ作品なのですし。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/09/13 23:14 * edit *

こんばんは。闇鍋さんのUC感想、遅ればせながら全て拝見しました!
毎回とても面白かったです。

私も全話視聴してリディが一番好きになったので、共感しながら読ませていただいてました。
「バナージを人間に戻すのはリディでなくてはならない」という部分、すごく納得しました。最終戦でバナージの隣にリディがいる形になったのはそのためかもしれないですね。
中盤の荒れていた頃は可哀想で仕方なかったですけど、最後まで観ると多分逆算して作られているキャラで、中盤の描写も必要だったのだろうなと感じられてホッとした覚えがあります。

「既に富野監督が否定したニュータイプ万能論を再び主張する懐古作品」と感じた人がいるのは、なんだか解る気がします。表面だけ見れば、あくまでNT能力で何とかしたように見えますものね。勿論細かく観ていけばそうじゃない事も解りましたので、自分も闇鍋さんと同じく「自分の姿勢と相容れない作品ではなかった」と感じますが、その表現がクロスボーンやXほど解りやすくはなかったのかな、とも思います。
そこら辺の描写はクロスボーンとXが上手すぎて、後発作品はどうしても不利だったのかなと。

闇鍋さんの初ガンダムってポケ戦だったんですね!最高のスタートですね。自分は初代ですけど、どうしても初めて観たガンダムには影響受けますものね。ポケ戦いいですよね!
それでは、完走お疲れ様でした!またお邪魔させてくださいませ。

towa #sSsytDpA | URL | 2016/09/22 01:38 * edit *

>towaさん

 towaさんのブログの方でUC見たとあったのでこれはコメントせねば……と思っていたのですが、先を越されてしまいましたw 全て読んでくださったということで、ありがとうございます!

>最後まで観ると多分逆算して作られているキャラで、中盤の描写も必要だったのだろうなと感じられてホッとした覚えがあります。
 おっしゃるように逆算して作られているんでしょうね。弱い人間であった彼だからこそ成せる役割があると言うのは本当に嬉しかったなあ……
 彼をどう見るかというのは、多くの人にとって本作への感想の分水嶺となるのではないかと思います。ニュータイプ万能論という印象を受けるかどうかも含めて。長谷川裕一得意の少年漫画のテイストを持ち込んだクロスボーンや、宇宙世紀と切り離すからこそ映像媒体でこの繊細な問題を取り扱えたガンダムXとは本作はまたスタイルが異なっており、その象徴の1人がリディなのじゃないでしょうか。
 ああ、ダメだ。書いててまたリディが一段と好きになってきたwww


>闇鍋さんの初ガンダムってポケ戦だったんですね!最高のスタートですね
 ありがとうございます。正確には漫画版の方なんですが、「あれ?主役のはずのガンダムが活躍しない……」なんて思いながら読み進めていったのにいつのまにかバーニィを応援していて、最後に子供心に呆然としたのを覚えています。あの時は悲しかったなあ……今でも大きな思い出です。考えてみるとアルも浪川大輔が演じていたんでしたね、感慨深い。ガンダムにはあと1人同じ声のキャラがいたけどまあ、あれはまた役割が別なので(目そらし)
 来期もまたあれこれ感想書きますので、ぜひまたお越しください。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/09/23 21:09 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1982-74d6b26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムUC RE:0096 第22話(終) 『帰還』 完成された真のニュータイプとは。

これです。サイコフレームバキバキのユニコーン。コロニーレーザーを防ぎ、ミネバの声を全宇宙へ伝え、手かざしでMSを無力化する。ニュータイプとは、戦争なんぞせんで済む人類のことだ。ある意味故・レビル将軍の言った通りの存在がここに居る。でもコレジャナイ感が凄い。良く人類が進化の次のステージに進むに当たり別の存在や精神体になるというのがあります。これが個人的にダメ。「魔法少女まどか☆マギカ」でもまど...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2016/09/11 17:24
アニメガネ | 2016/09/11 19:05

【機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096】第22話『帰還』キャプ付感想

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第22話『帰還』 感想(画像付) 箱の秘密は明かされるも、世界は一見何も変わらなかった それでも放送を聞いた人々がいて、変化の可能性は残された…。 NTの台頭を怖れた連邦の情報操作で、NTという言葉は人の間から消えて行く…。 後のシリーズの歴史とうまく整合性をとった終わりでした! バナージがミネバや仲間の元に帰還するというラス...

空 と 夏 の 間 ... | 2016/09/12 14:15

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096「帰還」第22話・最終話感想!

「最大望遠です、ルナ2近辺に変質した影を観測、コロニーサイズと確定」コロニーレーザー撃たれるの報を待つしか無いネェル・アーガマの面々とガンダムの乗り手達は…?またネタバレしてますので宜しくです。

m日記 | 2016/09/22 12:24

top △

2017-08