漫画感想「シュトヘル」13巻 

シュトヘル 13 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

 伊藤悠の「シュトヘル」13巻を読了。1巻1巻ありようの変わり方を激しくしていく本作ですが、今回はシュトヘルの内の変化が特に著しい。これまでシュトヘルは自身とそこに宿ったスドーが入れ代わり立ち代わりその体を動かしてきたわけですが、その2人が1つの体で語らい合う姿という変化に心を震わされずにはおられません。西夏文字を「その字」と呼んだガジに対して、それまで「スドー」だったものが「シュトヘル」へと代わり「このはおまえたちの――わたしたちの字だ」と語るわけですが、この瞬間こそはスドーとシュトヘルが同時に存在できるようになった瞬間であり、そのが彼らのものとなった瞬間でもあるのですね。そう、2人はこんなに近くにいて、今まで遠くにいたのだ。それが「あした」にはスドーが消えてしまうからであっても、その心通い合う「いま」は美しい。同じように、たとえ「あした」のためにユルールがシュトヘルを殺さなくてはならなくとも、2人が思いを通わせる「いま」は美しい。そして、「いま」にしかないことが切ない。
 いよいよ終わりの近づく物語が、どこへ行くのか。固唾をのんで続刊をお待ちしております。

関連:
漫画感想(「シュトヘル」7巻)
漫画感想(「シュトヘル」8巻)
漫画感想(「シュトヘル」9巻)
漫画感想(「シュトヘル」10巻)
漫画感想(「シュトヘル」11巻)
漫画感想(「シュトヘル」12巻)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/09/22 Thu. 00:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 俺は武弁なのだ/クロムクロ25話感想  |  漫画感想「うしおととら」文庫版第12巻 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/1994-1ddb0d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △