Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

俺は武弁なのだ/クロムクロ25話感想


 誰も彼もが現実へと帰っていく。だがそれは幸せなことなのか。

 来週後半~再来週前半は忙しい盛りになる見込みですので、感想も遅れ気味になるかもしれません。ご容赦ください。




クロムクロ 第25話「鬼の見た夢」
©クロムクロ製作委員会
160923_03.jpg
160923_04.jpg
160923_05.jpg
 激闘の末、エフィドルグの撃退に成功した由希奈達。しかしレフィルの口から、ゼルの仲間がまだ生きているらしいことが分かり……決別、第25話。今回は戦いの終わった後の姿を通して、夢と現実、人と鬼の対比と反転が行われているのが心に刺さる回。

 冒頭、赤城は戦いが終わったら由希奈にプロポーズすると宣言しますが、実際に勝つとそんなことは言っていないとうそぶきます。で、防衛大学を目指し始める。(恐らくGAUSに乗るためであろう)それは、彼が見つめる現実。多分にノリと勢いの産物だった映画撮影は取り止め、美夏も就職を考えるなどし、雲から晴れ間が覗くと共に皆は夢から覚めてゆく。「遊べる」時間は終わってしまった。
 トムの体が毒に対して拒絶反応を示すようになったように、彼が語るように「特大のクソ」はそのままにはしておけない。エフィドルグとの戦いという夢があればこそ人々はまとまれたけれど、それが終わってしまえば強大な力を持つ者は厄介な存在になる。由希奈のクラスメートのプロポーズも各国の軍拡も異星人であるムエッタやゼル(こちらも首輪を付けられている)の拘束も打算の産物である一方、それは「現実を見た」選択です。監視員が憎しみをあらわにしたようにエフィドルグによって多くの人が死んだことも、ムエッタがそれらと同じ出自であり彼女自身人を殺めたことも事実なのですから。

 こうして人々が現実的な選択を取る一方で、「鬼」とひとまとめにされた存在は夢を見ます。ゼルもムエッタも、その記憶の故郷の星を見たいと願う。そんな2人を首の爆弾や薬で拘束しケーキも踏み潰す「人」の不条理さと、かつての仲間や家族の事を語る「鬼」の人間味は、本来のそれらの語義が示すものとは逆にすら思えるほど対比として鮮明なものでした、

 そして、だからこそその狭間にある剣之介の選択はとても重いものになる。かつて由希奈は剣之介に「このお祭りみたいな世界で生きていくんだよ」と語りましたが、剣之介は観覧車から1人降りてゆく。それがとても幸せなものであっても。剣之介がかつてのように自分をただの武弁と語るのは、それが己の現実と思い定めたからなのでしょう。戦いが日常という現実に生まれた青年と、平和が日常という現実に生まれた少女。450年と言う時間差で本来出会うはずのない2人の恋という夢、その遊園地でのやりとりすらSPという現実が取り囲んでいるのは何とも皮肉でした。

 人は夢を見てはいけないのか、夢を見るのは鬼の所業なのか。そして、反故となった剣之介の由希奈へのプロポーズは「夢」に終わってしまうのか。ロボットバトル以外の物にも多くの比重を置いてきた本作らしいこの展開、最後まで本当に目が離せません。

関連:
クロムクロ 感想リスト

クロムクロ 第1話「鬼の降る空」
クロムクロ 第2話「黒き骸は目覚めた」
クロムクロ 第3話「城跡に時は還らず」
クロムクロ 第4話「異国の味に己が境遇を知る」
クロムクロ 第5話「学び舎に来た男」
クロムクロ 第6話「神通の川原に舞う」
クロムクロ 第7話「東雲に消ゆ」
クロムクロ 第8話「黒鷲の城」
クロムクロ 第9話「岩屋に鬼が嗤う」
クロムクロ 第10話「不遜な虜」
クロムクロ 第11話「闇に臥したる真」
クロムクロ 第12話「黒部の夏に地獄を見る」
クロムクロ 第13話「祭囃子に呼ばれて」
クロムクロ 第14話「祭に踊る羅刹」
クロムクロ 第15話「追分の果て」
クロムクロ 第16話「再会は水に流れて」
クロムクロ 第17話「雲中に鬼が舞う」
クロムクロ 第18話「湯煙に消える」
クロムクロ 第19話「鬼が誘う宴」
クロムクロ 第20話「飛んで火に入る虎の口」
クロムクロ 第21話「牙城の落ちる日」
クロムクロ 第22話「鬼が哭いた雪中花」
クロムクロ 第23話「雪に唄う蛙」
クロムクロ 第24話「血戦の黒部ダム」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5393.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/tokyomx92225-b8.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-13499.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/09/kuro-25.html

8 Comments

MITSUKI  

国連の手のひら返しはなんともまあ…。敵がいなくなってしまえばこんなものですか。
洋海所長もクビになり、グラハムやトムさん、セバスチャンはどうするのか。

由希奈はパイロットに契約しているので剣之介と同じように不老不死なはず。
そんな彼女は一緒に連れてってもらえるものとばかりと思っていたみたいですが。
でも地球や家族を捨てていく、というのはつらい選択です。彼女が選ぶ道とは。

2クール続いてきたクロムクロも次で最終回。
登場人物たちの行く末と、物語の終わりがどうなるか見守りたいと思います。

…あとヨルバが生きてたけど最終回でなんか役割あるんだろうかw

2016/09/23 (Fri) 23:02 | EDIT | REPLY |   

シンジン  

エヴァを観てから嫌いになったことにサングラスを忘れていた21歳の社会人見習いです。


観なかった場面もありますが、最後の場面はコンレボのジロウを思い出しちゃいました。


エフィドルグと戦うために作られた兵器はいつか人間同士の戦争に利用されると思っていたので、悪い意味で予想が当たってしまいました。

所詮剣之介の由希奈に対する気持ちはその程度だったという事ですかね?

2016/09/23 (Fri) 23:55 | EDIT | REPLY |   

ロゴ  

どっちに転んでも辺境矯正官は処分される運命だったか。
エフィドルグにとって心の痛まない作られた兵士だったろうからなぁ。
サングラスが生きてたけど、その事実を知ったら…あいつは信じないか。
ここでサングラスが生きてたという事は最終回で何か役目があるのか。

ハウゼン先生が実に嬉しそうで。
マッドサイエンティストの本領全開。
まあ、あの人はそれでいい気もするが、せっかく上がった評価だ、次回で「実は」という展開を期待したい。

トムが受け取ってそのまま燃やしてしまったあの書類、一体何の命令書だったのか。

いろいろ次回に向けた伏線が隠されているようないないような。
「侍は振り向かない」そうですが、きっと旅立ったあとに剣之介が振り返るとそこにはムエッタと同じ顔が2人…。(ありがち

剣之介としても内心由希奈を連れて行きたいのだろうが、もはや他に身内のない自分に対し、母も妹も叔父も友もいる由希奈を二度と帰れない場所に連れて行くのはやはりできないんだろうなぁ。

ところでメガネの委員長に対するコメントがないのはどういうことかね?

2016/09/24 (Sat) 03:13 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

>国連の手のひら返しはなんともまあ…。敵がいなくなってしまえばこんなものですか。
>洋海所長もクビになり、グラハムやトムさん、セバスチャンはどうするのか。
 突入前のグラハムとリタのやりとりなど、こういう状態になってもおかしくない前フリはしてありましたからね。誰か1人を憎めばいいという感じもない配置が上手いなと思います。

>由希奈はパイロットに契約しているので剣之介と同じように不老不死なはず。
 不老と限定的な不死にまで至っているのかは明言されておらず、そこが良い意味でもやっとします。彼女が取り得る選択肢はとても多いと思いますが、どうするんでしょう。笑顔で物語を終えてほしいなとは思うのですが。

>…あとヨルバが生きてたけど最終回でなんか役割あるんだろうかw
 どうせならミラーサが生きててウス異本の(ry

2016/09/24 (Sat) 17:38 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>シンジンさん

そうですね、僕も少しコンレボを思い出すところがありました。
剣之介の行動は気持ちの多寡という説明では合わないように思いますが……
ところで、質問に限らず、よそ様やこちらへの投稿に同じ文面を使いまわすのはご遠慮ください。

2016/09/24 (Sat) 17:40 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>ロゴさん

>エフィドルグにとって心の痛まない作られた兵士だったろうからなぁ。
 そもそもエフィドルグの「本物」の姿が未だ見えないですからね。本星はどんなことになっているのやら。

>ハウゼン先生が実に嬉しそうで。
>マッドサイエンティストの本領全開。
 あの人は良くも悪くも自然体ですからねー。今回の役割にはとても向いていたように思います。役割がまた変わるにしても、全部本心じゃないかなと思いますw

>剣之介としても内心由希奈を連れて行きたいのだろうが、もはや他に身内のない自分に対し、母も妹も叔父も友もいる由希奈を二度と帰れない場所に連れて行くのはやはりできないんだろうなぁ。
 「住む世界が違った」というつもりなのでしょうねえ、せつね。

>ところでメガネの委員長に対するコメントがないのはどういうことかね?
 台詞もないのでエントリのオチに使うには爆発力が足りませんでした(´・ω・`) まあ転校してなかったのは嬉しかったんですが、戦いが終わった後だと今更な……

2016/09/24 (Sat) 17:46 | EDIT | REPLY |   

シンジン  

闇鍋さんはクロムクロを観るときはキャラクターを神様としてではなく、一人の人間として弱い部分も含めて視聴していたのですか?

2016/09/30 (Fri) 01:44 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>シンジンさん

 正直に申し上げると、ご質問の意図を掴みかねます。ですが、彼らはもちろん神様ではなく、弱い部分も持つ人間でしょう。

2016/10/01 (Sat) 23:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  クロムクロ 第25話 『鬼の見た夢』 昨日の英雄、今日の邪魔者。
  • 450年前の真実。母星をエフィドルグに襲われたゼルは仲間とレジスタンスを結成。つまり最初は一人じゃなかった。エフィドルグの船を落とした所地球に墜落。全くの偶然でしたがそのまま「矯正」という名の侵略が始まったと。抵抗し無残に滅ぼされた鷲羽家の中で生き残ったのが雪姫と剣之介。他方ゼルも戦いの中で仲間を失ってやがて一人に。その為雪姫はゼルの協力を得てエフィドルグと戦った。これで全ての顛末が分かりま...
  • 2016.09.24 (Sat) 00:16 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
  •  【クロムクロ】 第25話『鬼の見た夢』 キャプ付感想
  • クロムクロ 第25話『鬼の見た夢』 感想(画像付) 乗り手になった剣之介とムエッタは不老不死なんだ… 由希奈ちゃんも同じじゃないのか? エフィドルクの脅威が去ると、今度は剣之介たちを危険視する国連、最低だな! ゾフィさんへの恩を返すため、鬼の星に送ることを決意した剣之介。 由希奈ちゃんはどうするのか?  以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。...
  • 2016.09.24 (Sat) 00:33 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  クロムクロ TokyoMX(9/22)#25
  • 第25話 鬼の見た夢 この戦いに勝ったらどうするの?美夏たちは未来を考える。電波が届く、勝った。 ゼルはレフィルに質問を続ける。ゼルの星の人々は85%がエフィドルグ化した。現住生物が抵抗しているらしく、虐げられたものよ、集結せよと 呼びかける通信をキャッチしていた。ムエッタは戦艦内で作られた存在、任務完了後は処分される。 国連は今後の対策を協議していた。枢は破壊、敵対勢力のゼルに協力すること...
  • 2016.09.25 (Sun) 05:44 | ぬる~くまったりと