Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

どんな思いで/マクロスΔ26話感想


 世界は続いていく。

>拍手返信:雪光さん
 秋アニメ視聴予定への応援ありがとうございます! 今期は本当に豪華というか何と言うか。雪光さんもバルクホルンお姉ちゃんがお気に入りということで嬉しく思います。視聴前はノーマークだったのですが、今ではストパンと言えばバルクホルン、という状況ですw そういうキャラとの出会いがあるのを期待したいですねー。カツカツですがなんとか折り合いをつけてやっていきたいと思いますので、どうぞ秋アニメもお付き合いくださいませ。



マクロスΔ 第26話(最終回)「永遠のワルキューレ」
©2015 ビックウエスト/マクロスデルタ製作委員会
160926_03.jpg
160926_04.jpg
160926_05.jpg
 星の歌い手として目覚めた美雲の歌によって新統合軍の艦隊は全滅。マクロスエリシオンは突撃を敢行するが……時の流れに、第26話。
 飛び石のようにテーマが連鎖していた前回の感想で、「マクロスの歌は兵器」「自分を取り戻す」という部分について触れましたが、今回はそれらを「全体から個への解放」という形でまとめた最終回であったように思います。
 ロイドは遺跡の力を用いて、銀河の全人類の意識を1つの生物にまとめようとする。それは新統合軍が銀河に自己の統治を押し付けていったのと同じ「全体化」の道です。
 が、全体化することは個を奪うことであり、そこには個と個の繋がりが無い。ゆえにハヤテ達は告白と言う個と個の繋がりの象徴的な行為でそれに対抗する。ミラージュは告白と共にジーナス家の見えない枷から己を解き放つ。

 そして、星の歌い手の力を利用すべく生み出され利用されてきた美雲は、歌を戦力とすべく生み出された人間です。親も過去もない彼女には歌を歌うオリジンがない。全体の意思の反映だけがあって「個」がない。マクロスシリーズ伝統の野暮なツッコミ「歌は兵器」という概念は誰か1人に収めるにはあまりに大きなものですが、こうした設定によってその象徴たりえたのが美雲だったわけです。
 ロイドに操られ、彼女は「兵器としての歌」である自分を1度は受け入れてしまうけれど、フレイア達の呼びかけに「あなた達と一緒に歌いたい」と涙を流します。歌を歌いたいという思いすら作られたものかもしれない、とかつて彼女は語りましたが、一緒に歌いたいという思いは作られたものでも星の歌い手のものでもない。彼女だけの思いです。そこに「個」への解放があり、同時に彼女が象徴していた「歌」からの解放がある。美雲が涙を流した瞬間、マクロスシリーズは「兵器としての歌」から解放されたのでした。

 それを念頭に置くと、振り返ってみれば、「個」の解放というのはこれまでの話でも描かれてきたことであったことに気付かされます。真面目な軍人の典型のようだったメッサーはカナメへの熱い思いを秘めていて、死後にハヤテ達に抱いていた感情を明らかにされることで「個」へと帰ったし、チームのサポートに徹しようとしていたカナメはメッサーの死を通して「美雲のライバル」としての個を取り戻す。その死がまだ記憶に新しいカシムにしても、最後は騎士ではなくリンゴ農家の父親としての個に帰って散っていきました。考えてみると、マクロスエリシオンの両腕が単独で母艦になるというのもこの「個の解放」にフィットしたデザインなんだなあ……

 そしてそういう内容であるから、戦争が終わって「みんな1つ」には本作はならない。この結末のモヤッとした感覚は多分想定されたもので、本作は「個」の解放の大切さを謳いながらもそれを全て幸せな結末には導いていません。メッサーとカシムは死んでいるし、戦争は続くし、個を解き放ったミラージュは失恋するし、同じように空を飛んだキースとロイドは全く逆のものを感じていた。そのロイドにしても、宇宙の意識を1つにするという「全体化」は彼という「個」の望みという皮肉な代物。またフレイアはウィンダミア人の短命を視覚化した老化が始まり、ハヤテよりずっと早く死んでしまうことを嫌でも意識させられる。個を解放することは違いを解放することであり、それはどうしたって悲しみを伴うものなのです。

 けれど、それでも。「個」の解放は、孤独になることではない。一緒になれないということではないのです。ワルキューレの皆の叫ぶ「歌は」がそれぞれバラバラでも共に歌えるように。ウィンダミアが独立を維持する一方で(独立戦争という形にしなかったのは、それが勝利であり一方的な正しさになってしまうからか?)、ラグナは再び共存を取り戻す。フレイアが美雲に投げかけた言葉はかつて自身が美雲に問われた言葉だし、ハインツの真なる風は怨恨とは別にワルキューレと空中騎士団にかりそめながらも共同戦線を取らせます(ボーグツンデレ乙www)。同じ空を飛びながらも全く逆のものを見たキースとロイドは死の瞬間お互いを理解し、ハヤテとフレイアは思いを通わせる。そこでは、一瞬も永遠も等価値になる。そしてその側に、ミラージュの姿がある。同じにはなれないけれど、一緒になることはできるのかもしれない。それが、本作の三角関係の持つ意味だったのではないかと思います。

 というわけで、シリーズ的にとても意義深い終わりだったのではないかなと思うのですが、ケレン味が足りなかったというのも正直な感想ではあります。特に、気ままな性格を設定されていても物語の進行にはむしろ従順だったハヤテには「個」としての魅力はあまり感じませんでしたし。ロイドの目論見がマクロスFの焼き直しなのも、そちらをきちっと見た人なら意味を見い出せるんだろうか。あ、できればレイナには「個」で課金したいですでも次元の壁は越えられないのでボーグ廃課金よろ。
 1話の感想で触れた「ボーダーライン」。それを飛び越えて混淆していたシリーズに、再び問いかけるような作品でした。スタッフの皆様、お疲れ様でした。

関連:
マクロスΔ 感想リスト

マクロスΔ 第1話「戦場のプロローグ」
マクロスΔ 第2話「覚悟のオーディション」
マクロスΔ 第3話「旋風ドッグファイト」
マクロスΔ 第4話「衝撃 デビューステージ」
マクロスΔ 第5話「月光 ダンシング」
マクロスΔ 第6話「決断オーバーロード」
マクロスΔ 第7話「潜入 エネミーライン」
マクロスΔ 第8話「脱出 レゾナンス」
マクロスΔ 第9話「限界 アンコントロール」
マクロスΔ 第10話「閃光のAXIA」
マクロスΔ 第11話「追憶 ジェリーフィッシュ」
マクロスΔ 第12話「キング・オブ・ザ・ウィンド」
マクロスΔ 第13話「激情 ダイビング」
マクロスΔ 第14話「漂流 エンブレイシング」
マクロスΔ 第15話「決別 レゾリューション」
マクロスΔ 第16話「ためらい バースデイ」
マクロスΔ 第17話「拡散 オンステージ」
マクロスΔ 第18話「感覚 エマージェンス」
マクロスΔ 第19話「Eternal Songs」
マクロスΔ 第20話「衝動 エクスぺリメント」
マクロスΔ 第21話「切望 シークレット」
マクロスΔ 第22話「極限 ブレイブ」
マクロスΔ 第23話「残痕 レクイエム」
マクロスΔ 第24話「絶命 ジャッジメント」
マクロスΔ 第25話「星の歌い手」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5403.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2716.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/tokyomx92526-cb.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-4404.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2016-10-12

2 Comments

MITSUKI  

三角関係も決着し、怒涛の勢いでしたがロイドの野望も打ち砕き完結しましたねw

ドラケンってあんな剣持ってたんですね。初めて使ったような。
ただ全体的に戦闘シーンが少なめだった感じでしたね。

ロイドの考えや巨大美雲さんなど、Fを彷彿とさせる終わり方でしたが
劇場版はあるのかしら?なんにせよ久しぶりのマクロスシリーズ、楽しめました。

2016/09/27 (Tue) 22:08 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>MITSUKIさん

 振られるのを覚悟して、どころか振られるのを利用するつもりでの告白。ハヤテの後での告白と言うのはミラージュの立ち位置が良く出ていたと思います。アクエリオンEVOLでのゼシカの扱いに感じた不満よりは良かったかなと。いや、入れ混み具合が全然違いますけどw

 ドラケンの剣はいかにも騎士という感じで面白かったですね。ピンポイントバリアナイフがあるんだし長剣があってもおかしくないのか。なかなか使う場面の少なそうな装備ではありますが。
 戦闘シーンについてはそうですね、アラドやチャックの活躍をもっと見たかったなと言うのは正直なところではあります。というか、話の筋を無視して言えばミシェルやルカのような戦友ポジションのキャラが欲しかったな。メッサーは早々に死んじゃいましたし……

 劇場版に続くという終わりでなかったのはホッとしましたが、どうなんでしょう、あるんですかね劇場版。もしやってくれるのなら、コンセプトがより明示化された作品になっていることを期待したいです。

2016/09/27 (Tue) 22:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  【マクロスΔ】 第26話 キャプ付感想 フレイヤちゃん大勝利! 続きは劇場版でもするのかな?
  • マクロスΔ 第26話『永遠のワルキューレ』 感想(画像付) よかった! フレイヤちゃんも美雲ちゃん3才も無事でw チャックの妹マリアンヌさん、まさか生存w 海由来の種族だから助かったのかな? 結局、悪いのは眼鏡だったということでいいかw ワルキューレの活躍はもっと見たいので、劇場版とかで続きあるとイイネ! 風の騎士団はもう出て来なくていいですw  キャラ多すぎやねんw...
  • 2016.09.27 (Tue) 00:32 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
  •  マクロスΔ TokyoMX(9/25)#26終
  • 最終回 MISSION 26 永遠のワルキューレ 新統合軍が次元兵器の誘爆で全滅したらしい。異常な生体フォールド波を観測、星の歌か。全軍ラグナに向かって出動、オペレーション・ラグナロク。 星の神殿を知る美雲、ロイドが玉座に就く。ハインツは星の歌を今一度披露して和平交渉を開始する。星の歌が始まるとフォールド波によるニューロネットが形成される。全銀河の人々が1つに繋がり、ヴァジュラとは比べ物にな...
  • 2016.09.27 (Tue) 01:30 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  マクロスΔ 第26話「永遠のワルキューレ」
  • マクロスΔの第26話を見ました。 第26話 永遠のワルキューレ 「決戦か…」 「何か緊張してきた…」 切り札の次元兵器を逆手に取られ、新統合軍第47特派艦隊は壊滅してしまい、人類の命運を賭けたウィンダミアとの決戦の行方は、Δ小隊とワルキューレ達に託された。 「お互い全力で必ず生きて帰ろう、行くぜ」 ラグナを取り戻すべくオペレーション「ラグナロク」が始まるのだが、星...
  • 2016.09.27 (Tue) 07:23 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック