漫画感想「あまあま」4巻(完) 

あまあま4 (楽園コミックス)

 志摩時緒の「あまあま」4巻を読了。「一読、床をローリング」なお話から3巻でまさかのホモ展開勃発!?という引きでしたが、まあ幸いそれはスパイス程度で終了。本当に良かった……明らかにファン層違うしな。完結となる4巻は最終的に宮本と原の初期カップルの行く末に帰着し、その成長を描く内容。やることやる(直球)仲になっているにも関わらず、原がそれを周囲に公言するのが怖くてできない……というのは、人の心の不思議さが出ていて素敵なさじ加減であったように思います。あまあまというよりは喉越しさわやかという感じですが、そのあたりは他のカップル、他の甘さと合わせて「あまあま」という感じかしらん。

関連:
漫画感想(「R.O.D REHABILITATION」、「あいまいみー」2,3巻、「あまあま」2巻)
漫画感想(「あまあま」3巻)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/10/12 Wed. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 漫画感想「ジゼル・アラン」5巻  |  漫画感想「うしおととら」文庫版第15巻 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/2022-d5b9feb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △