まだある?/機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ28話感想 


 (グシオンの武器は)まだありまぁす!



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第28話「夜明け前の戦い」
©創通・サンライズ・MBS
161016_08.jpg
161016_09.jpg
161016_10.jpg
 数で大きく上回る夜明けの地平線団に挑む鉄華団。合流したギャラルホルンの石動の情報では、敵が3隻のみの状態のはずだったのだが……新たな戦いと、新たな敵と。第28話。


 今回は鉄華団、夜明けの地平線団、マクギリス配下のギャラルホルン、ラスタル麾下のギャラルホルンと四つ巴の戦闘の中で「状況」の変化が描かれているのが印象的。まずもって今回の宇宙での描写の始まりからして、アリアドネの監視網内の航路を堂々と使えると言う1期との大きな違いがあるわけで……1期は裏道探すだけで一苦労だったのに。こうしたギャラルホルンとの関係の変化はこれらや新人達の会話の他にMSによっても描かれていて、特に火星脱出の際に立ちふさがったマクギリスのシュヴァルベ・グレイズが乗り手を変えて今度は味方になっている、というのは象徴的です。
 もちろん変化はギャラルホルンとの関係だけではなく鉄華団の戦い方にも如実に現れていて、多数の敵に囲まれるという状況でも1期のような一か八かというほどの危ないものにはならない。急速旋回にチャフ散布、石動艦の操船もやっているのかユージンの鼻血と、敵の意表を突く戦術も全てが1期にやったもので構成されています。他にもそのユージンの語る戦術論、補給の様子、1期では1兵士だった昭弘とシノの慣れない隊長ぶり、他のパイロットとの連携、投降する敵に対する慣れなど、鉄華団は無鉄砲な子供の集団から軍事組織へと明確に変貌しつつある(ただし26話でオルガが語ったように足元はけして強くはなく、持久戦での組織的体力にはまだ欠ける)。そんな手慣れた戦いを見せるイサリビのブリッジ要員を、チャドやダンテより幼い子供たちがやっているというのはなんとも皮肉ですが。

 そういう意味では、ヒューマン・デブリを使い捨てにする夜明けの地平線団だけが旧態依然としています。サンドバルの駆るユーゴーの登場シーンも、格好いいけど名乗りを挙げる様はどこか前時代的。ぶっちゃけその名乗りすら敵の目を引きつけるための陽動でもあり、撤退を決めた夜明けの地平線団は既に負けが決まっているわけです。「勝ちはやらんぞ鉄華団!」という台詞は、自分達が勝つためではなく痛み分けにするためでしかない。今回の副題は「夜明け前の戦い」ですが、夜明けの地平線団は夜側にあり、地平線を越えることができないのです。あ、こいつらの服装が前時代的なのはそういう意味合いもあるのか?
 そして、ならば誰が鉄華団に抗し得るのか……というところで登場するのが、マクギリスの指揮下とは別のギャラルホルンという「新手の勢力」。実際の所マクギリスが力をつけるより以前から存在している部隊ではあるのですが、新しい機体と新しいキャラでその印象を払拭しているのは基本ながら上手い。


 ただ、そんな風に勢力が、人間関係が変化していく中でやっぱり、オルガと三日月の関係だけは変わっていない。アトラが中に入れないとこぼすほどに。この辺り、彼女が三日月に食料を渡す時にコックピットにチューブを繋ぎ、彼女が中に「入れない」ように描いていたのはとても面白かったなと思います。コックピットの中の三日月は右手が動いて右目も見えて以前と「変わらない」けど、彼女はそれに触れることができないのですから。さてさて、次回の戦闘の行方やいかに。

161016_11.jpg
161016_13.jpg
 役名が機体名と一緒ってどういうことなんだガエ……もとい仮面の男よ……

関連:
ガンダムビルドファイターズ 感想リスト
ガンダムビルドファイターズトライ 感想リスト
ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ感想
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 感想リスト
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話「鉄と血と」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第2話「バルバトス」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第3話「散華」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第4話「命の値段」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第5話「赤い空の向こう」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第6話「彼等について」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第7話「いさなとり」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第8話「寄り添うかたち」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第9話「盃」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第10話「明日からの手紙」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第11話「ヒューマン・デブリ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第12話「暗礁」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第13話「葬送」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第14話「希望を運ぶ船」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第15話「足跡のゆくえ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第16話「フミタン・アドモス」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第17話「クーデリアの決意」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第18話「声」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第19話「願いの重力」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第20話「相棒」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第21話「還るべき場所へ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第22話「まだ還れない」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第23話「最後の嘘」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第24話「未来の報酬」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第25話(最終回)「鉄華団」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話「新しい血」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話「嫉心の渦中で」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5470.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-4479.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2738.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/10/gtk-28.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5775.html
http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52169886.html
http://mizuho-diary.seesaa.net/article/442950553.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/10/16 Sun. 20:44 [edit]

CM: 4
TB: 6

top △

« その他アニメ感想2016/10/13~10/15  |  集中が足りんぞ/ドラゴンボール超62話感想 »

コメント

今回も熱い戦いでしたね。敵味方入り乱れる混戦だけど
ギャラルホルンの一部隊も味方に付けた鉄華団は1期のようにハラハラせず
「あ、勝つな」って感じで今は妙な安心感がありますw

ユージンはこれ絶対過労死するよ…。
戦艦すらもなんかバイクみたいなスピードで走る姿にちょっと笑ってしまった。

ガエリオ仮面、もう声でばれちゃったよ。
しかしガンダムヴィダールが彼ならフラウロスは誰が乗るんだろ。ラスタル?

MITSUKI #QaLhYsFo | URL | 2016/10/16 21:20 * edit *

放送開始30秒後くらいに帰還!

「ディメンジョンプライヤー!」
そういや無印グシオンの武器ってハンマーだったよなぁ…。
次はドライバーでも付けますか?

鉄華団においてはまともな扱いになってますが、それ以外ではまだまだ奴隷同様なヒューマンデブリの子供達。
降伏すら許されないというのはあまりにも酷い。
世界が荒廃したらモラルなんてのは二の次になるのは歴史を見ても分かる事ではありますが。
鉄華団も慈善事業でやってるわけではないので、ヒューマンデブリの待遇改善は望めそうもないですが、今後の展開次第では…?

ユーゴーがバーチャロイドチックでかっこいいけど、世界観からはちょっと浮いてる?
次回景気よくぶっ壊されるんだろうなぁ。

ロゴ #Mz.nJuUI | URL | 2016/10/17 00:27 * edit *

>MITSUKIさん

>ギャラルホルンの一部隊も味方に付けた鉄華団は1期のようにハラハラせず
「あ、勝つな」って感じで今は妙な安心感がありますw
 1期序盤はやっていけるんだろうかって不安が正直ありましたからねえ。今だと船医も乗ってるんじゃないでしょうか。

>ユージンはこれ絶対過労死するよ…。
 三日月とは別に負担大きそうですもんねユージン。バイクと言われるとどうしてもVガンダムのバイク戦艦を連想してしまいます。

>ガエリオ仮面、もう声でばれちゃったよ。
 焦らすつもりがないのかまだ何か隠していることなあるのか、気になりますね。また彼の豊かな表情を見たいものですが。
 ガンダムフレームは貴重なのですしセブンスターズの機体であってもおかしくはないと思いますが、実際誰が乗るんでしょうねフラウロス。名称不明の大型機体も控えてますし。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/10/17 21:05 * edit *

>ロゴさん

>放送開始30秒後くらいに帰還!
 キャンプお疲れ様でした。

>次はドライバーでも付けますか?
 最終的にはハンマーヘッドの艦尾に腕を突っ込んで振り回すのですね。承認!……スパロボでしか知らんのでプライヤーは初耳でした、すいません(;´∀`)

>鉄華団においてはまともな扱いになってますが、それ以外ではまだまだ奴隷同様なヒューマンデブリの子供達。
 と言うか捕虜として返還交渉してもらえないんでしょうね。鉄華団がブルワーズの時のように接してくれる、なんて情報自体与えられてないのだと思います。

>ユーゴーがバーチャロイドチックでかっこいいけど、世界観からはちょっと浮いてる?
 足のギミックはいかにも宇宙戦向けでしたね。仮に鹵獲できても出番は短そう(´・ω・`)

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/10/17 21:09 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/2030-6514d998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アニメガネ | 2016/10/16 20:51

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第28話「夜明け前の戦い」感想

今回も面白かったです。30分があっと言う間。 ■イロイロ人間模様 オルガとミカの間に入っていけない空気を読むアトラが良いですね。 補給のときに、ここぞとばかりにご飯 ...

ガンダムFWブログ | 2016/10/16 21:00

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第28話 『夜明け前の戦い』 宇宙で艦隊戦&MS戦!色んな思惑が渦巻いている様で。

三日月の意外な趣味、家庭菜園。サクラファームの一角で作物を植えているんだとか。戦争が終わったら百姓になるつもりなんだろうか。殆んど枯らしちゃうなのでで、あまり上手とは言えないようで。  ギャラルホルンとの共同作戦。何だかとっても変な気分。そりゃ第1期じゃず~っと敵だった訳ですからね。ところが共同戦線張る予定の船が少ない。 敵のボスが少数で出ている、一刻も早く討ちたいと速い...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2016/10/16 21:05

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #28「夜明け前の戦い」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第28話を見ました。 #28 夜明け前の戦い 「ギャラルホルンの航路を堂々と使えるのってなんかムズムズする」 「いつもならアリアドネの監視網を避けて飛んでるからね」 「楽でいいじゃないすか」 「まぁね」 夜明けの地平線団とやり合う覚悟の鉄華団はマクギリスが派遣した石動率いるギャラルホルン艦隊と共同戦線を張ることになる。 「そ...

MAGI☆の日記 | 2016/10/16 21:14

動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第28話(第二期03話)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第28話(第二期03話) 『夜明け前の戦い』 ≪あらすじ≫ 夜明けの地平線団と対峙するため、マクギリスの送ってきた先行隊と合流した鉄華団は敵の数が少ない内にと打って出る。しかし、それは地平線団の巧妙な罠。実際には十隻以上の本隊が集結していた戦場。しかし、鉄華団は数多くの修羅場を乗り切った経験と才能で互角以上の戦いを見せるが…。 公式ホームペー...

刹那的虹色世界 | 2016/10/16 23:13

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2期】 第3話『夜明け前の戦い』キャプ付感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2期 第3話『夜明け前の戦い』 感想(画像付) ギャラルホルンと共闘しか海賊と戦う鉄華団。 そこにアリアンロッド艦隊も参戦。 その中に鉄華団とギャラルホルンに怒りを燃やす仮面の男が…。 いったい誰なんしょうね?w ガエリオだとしたら、生かしておいたマクギリスも、まだまだ甘いようですね~。 以下、感想はつづきから ネタバレ含みます...

空 と 夏 の 間 ... | 2016/10/18 19:51

top △

2017-03