漫画感想「うしおととら」文庫版第16巻 

うしおととら (16) (小学館文庫)

 藤田和日郎の「うしおととら」文庫版16巻を読了。今回収録されているのは第四十四章「季節石化」最後の1話、第四十五章「雨に現れ、雨に消え」、第四十六章「不帰の旅」、そして第四十七章「混沌の海へ」の途中まで。

 15巻の感想では、「記憶を失った麻子の中でうしおが2人に分裂している」と書きましたが、これを念頭に置いて読んでみると、この白面の者との最終決戦に至る物語は2人のうしお……「等身大の少年のうしお」と「ヒーローとしてのうしお」の二面性を持つ少年から、容赦なく前者の一面を削り取っていく物語なんだなと感じました。まずもって黒炎の襲撃の被害というのがひどくて、うしおの住んでいた芙玄院は「蔵を残して」崩壊してしまう。襲撃の後でとらとの出会いが再演されるように蔵は「ヒーローとしてのうしお」の帰る場所なわけですが、逆に家は「等身大の少年のうしお」が帰る場所だったはずなのですよね。それがなくなってしまう。
 またうしおは石喰いの鎧をまとうことで新たな力を得るわけですが、武者のようで超常の力を持つそれはかろうじて「髪の長い少年」に留まっていたうしおの戦う姿を更に人間離れさせ、「等身大の少年のうしお」から彼を更に遠ざけてしまいます。
 そして何より、うしおはニコラス博士達から今度の戦いで人間に戻れなくなってしまうだろうと宣告されてしまう。それは字伏になるという物理的なことだけじゃない。博士が「空(エンプティ)」と表現たように、それは「等身大の少年のうしお」が「空」になるということ、死んでしまうということです。うしおの二面性が失われるということです。だから、それは麻子は泣いて止めるよねと思います。彼女が好きなのは「等身大の少年のうしお」なのですから。

 「タツヤからもらったトランシーバー」、「長からもらったへらないおむすび」、「徳野サンのコート」、「ジエメイさんのお母さんからもらった服とクツ」、「礼子の肖像画」……不帰の旅に大切な宝物の数々をあえて持っていかない彼の姿の、なんて切ないことでしょう。彼はその1つ1つに込められた「等身大の少年のうしお」をもそこに置いていっているのです。厳しさを増す状況の中で、「ヒーローとしてのうしお」だけに、彼はなってゆく。でもそれもうしおには違いなくて、だから麻子は止められない。獣になっても――「ヒーローとしてのうしお」だけになっていても、生きていてほしいと願う。その麻子との別れにこそうしおにとって特別大きな「等身大の少年のうしお」との別れが含まれているのが、本当に、本当に、苦しくて、悲しい。

 言いようによってはうしおのこの姿はとても格好いいものですが、それが是とされるものなのか……と言えば、そうではないのだろうと思います。だって、麻子はかつて真由子「みんな大事。みんな、みんな…そのまんまがいいの。」と語っているのですから。「ヒーローとしてのうしお」だけのうしおはそのまんまのうしおじゃない。「等身大の少年のうしお」と一緒だからこそのうしおであって、片方だけのうしおは、いずれ破綻する存在です。人間としては図抜けた力を持つがゆえに「そのまんまの自分」でいることをあきらめていた秋葉流が、うしおを裏切るという最悪の形で道を踏み外してしまったように。
 麻子の「あいつが好き」も「そのまんま」も、アニメの時は週が変わったところで頭からすっぽ抜けていたのですが、こんなに後に繋がる言葉だったんだな……と驚きを新たにした巻でした。

 しかし「そのまんまの自分」という意味では、香上と片山ってこの上ないですよね。弱っちくて臆病で、でも腹をくくったら勇敢にもなれる。彼らの奮闘と流の本心の暴露が近いタイミングで描かれているのは、対比としての意味合いもあるのかもしれません。

関連:
うしおととら 第1話「うしおとらとであうの縁」
うしおととら 第2話「石喰い」
うしおととら 第3話「絵に棲む鬼」
うしおととら 第4話「とら街へゆく」
うしおととら 第5話「符咒師 鏢」
うしおととら 第6話「あやかしの海」
うしおととら 第7話「伝承」
うしおととら 第8話「ヤツは空にいる」
うしおととら 第9話「風狂い」
うしおととら 第10話「童のいる家」
うしおととら 第11話「一撃の鏡」
うしおととら 第12話「遠野妖怪戦道行~其の壱~」
うしおととら 第13話「遠野妖怪戦道行~其の弐~」
うしおととら 第14話「婢妖追跡~伝承者」
うしおととら 第15話「追撃の交差~伝承者」
うしおととら 第16話「変貌」
うしおととら 第17話「カムイコタンへ」
うしおととら 第18話「復活~そしてついに」
うしおととら 第19話「時逆の妖」
うしおととら 第20話「妖、帰還す」
うしおととら 第21話「四人目のキリオ」
うしおととら 第22話「激召~獣の槍破壊のこと」
うしおととら 第23話「永劫の孤独」
うしおととら 第24話「愚か者は宴に集う」
うしおととら 第25話「H・A・M・M・R~ハマー機関~」
うしおととら 第26話(最終回)「TATARI BREAKER」
うしおととら 第27話「風が吹く」
うしおととら 第28話「もうこぼさない」
うしおととら 第29話「三日月の夜」
うしおととら 第30話「不帰の旅」
うしおととら 第31話「混沌の海へ」
うしおととら 第32話「母」
うしおととら 第33話「獣の槍破壊」
うしおととら 第34話「とら」
うしおととら 第35話「希望」
うしおととら 第36話「約束の夜へ」
うしおととら 第37話「最強の悪態」
うしおととら 第38話「最終局面」
うしおととら 第39話(最終回)「うしおととらの縁」

漫画感想「うしおととら」文庫版第1巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第2巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第3巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第4巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第5巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第6巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第7巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第8巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第9巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第10巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第11巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第12巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第13巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第14巻
漫画感想「うしおととら」文庫版第15巻

小説感想「うしおととら」1巻
小説感想「うしおととら」2巻


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/11/01 Tue. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 漫画感想「艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!」5巻  |  その他アニメ感想2016/10/27~10/29 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/2053-e83be720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △