Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

未来の姿となる/機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ32話感想

161113_09.jpg
 「これから先は変えられる」。オルガの言葉を象徴するようにグシオンはその姿を変えていたわけだけど。



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話「友よ」
©創通・サンライズ・MBS
161113_10.jpg
161113_11.jpg
161113_12.jpg
 戦いを終わらせるべく、敵の指揮官機へ挑むタカキ達。マクギリスは自分と鉄華団が戦う必要があるのか問いかけるが……痛みよ、第32話。地球支部が巻き込まれる名前のない戦争の決着となる今回は、2人の「ヒューマン・デブリ」の死を描いたろくでもない話。ええ、2人です。

 1人はもちろん、ブルワーズから鉄華団に拾われたアストン。「家族」をかばってコックピットに致命傷……というのは1期の昭弘と弟・昌弘の時のものそのままです。おまけに今更知ったのですが、アストン(とデルマ)は昭弘からアルトランド姓をもらっていたそうで。かばわれた相手が必死に手を伸ばす構図と合わせて、これは1期の再演なのですね。昌弘は瀕死の重傷を負うことで「痛いはずなのに痛くない」(=心を殺して生きている自分)と己が人間性を損なっていることを再認識する一方、昭弘がそれでも人間なんだと叫んでくれる(生まれ変われる)ことにほんのわずかに喜びを感じながら死んでいきました。そしてアストンは、殺して生きてきた心を取り戻さなければ良かったと言いながらも、それでもその事に感謝して死んでいった。血で濁った瞳で後悔を語り、タカキに上げられた顔で白いままの瞳から涙を流すというのは、相反する言葉をよく表象していたものだったと思います。

 そしてもう1人はガラン・モッサ。鉄華団の子供達を犬として言いように使う外道な彼でしたが、そこには友人たるラスタルのために家も所属も本当の名前すら捨てたという過去がありました。家も所属も名前すらも――そう、それは自分の人間性を投げ捨てる行為です。事実彼は、自分がラスタルの息のかかった存在であることを他の傭兵の誰にも明かしていなかった。ある意味彼は自らヒューマン・デブリになったのと同様であり、そんな彼だからこそ先週アストンに興味を示したのでしょう。ラスタルやジュリエッタとの「親」密な関係を感じさせながらも一切会話させないことで、最後の2人の抱えた痛みをより強く表現させるというのはよくできた反転でした。ジュリエッタのかわいさに気付いた人も少しは増えたでしょうかね。手のひらじゃなく腕で涙を拭うとか実に萌え所だぞ。

 戦場で生きることは、容赦なくそこにいる者の人間性を傷つけていきます。ロートルであるガランが語るように、先週の感想で書いた死に様のように、まともな奴から息絶えていく。ですが、ならば売り言葉に買い言葉とは言えガランの方がまともだと言い返し勝利した昭弘の人間性はどうなるのでしょう。その言葉を吐く彼の乗るグシオンは、サブアームを展開してまさにまともな人型から逸脱しています。また、「優しいから人を殺せるとは思えない」とまで言われていたタカキも、自ら銃をとってラディーチェを殺害する。疑えない、家族だと言っていた男を手にかける。手にかけたことを自覚しているからこそ、その手でフウカに触れられない。
 こうした世界の極北にいるのが三日月であり、彼はハッシュを「かばい」ながらも敵の攻撃をかわしてみせる。ユージンや昭弘と異なり、ラディーチェの話を聞く必要がないとすら言う。ハッシュが「そもそものものが違う」というのは、そういうことなのでしょうね。そして、戦場で痛みも恐怖も自分の未熟さも「正しく判断できる」ハッシュは、三日月と真逆の存在だと言えます。今回強調された2人の対象的な姿は、彼らの今後を見る上で大きな要素となりそうです。

 先週タカキ達が出撃していった跡では、2輪の花が折れていました。1輪はアストンの命だったわけですが、もう1輪はタカキの人間性、それともガランの命のいずれだったのでしょう。どちらにせよどちらも、何もかもはもう戻らない。名前のない者が繰り広げた名前のない戦争は、いくつもの名前を奪い去っていきました。
 戦場で生き続けて鉄華団の面々は、ガランが昭弘に言ったように「名も知らぬ小童(=名前のない存在)」になっていくのか、それともラフタが爆発に巻き込まれた昭弘を呼んだように個としての名を、己を保っていけるのか。悲しみとともに、改めてこれからが怖くなる回でした。

 ああ、しかしああ、これからOP見るのが辛いな……

関連:
ガンダムビルドファイターズ 感想リスト
ガンダムビルドファイターズトライ 感想リスト
ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ感想
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 感想リスト
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話「鉄と血と」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第2話「バルバトス」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第3話「散華」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第4話「命の値段」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第5話「赤い空の向こう」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第6話「彼等について」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第7話「いさなとり」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第8話「寄り添うかたち」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第9話「盃」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第10話「明日からの手紙」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第11話「ヒューマン・デブリ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第12話「暗礁」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第13話「葬送」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第14話「希望を運ぶ船」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第15話「足跡のゆくえ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第16話「フミタン・アドモス」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第17話「クーデリアの決意」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第18話「声」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第19話「願いの重力」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第20話「相棒」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第21話「還るべき場所へ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第22話「まだ還れない」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第23話「最後の嘘」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第24話「未来の報酬」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第25話(最終回)「鉄華団」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話「新しい血」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話「嫉心の渦中で」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第28話「夜明け前の戦い」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第29話「出世の引き金」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第30話「アーブラウ国防軍発足式典」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第31話「無音の戦争」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5564.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-4586.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5813.html
http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52172219.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2767.html

2 Comments

ロゴ  

この戦いを振り返るようなナレしてたからタカキは死なないと思っていた。
この戦いでは。

終わりの見えない戦い、そこに告げられる「これが終われば帰れる」という言葉。
このタイミングでなければマクギリスの言葉も届いたのだろうか。
マクギリスの問いかけに皆が助かると安堵した視聴者は…最早いないか。
とはいえ、わずかな希望が見えて期待した直後に最悪の吶喊。
三日月があと5分早く到着してたら…。

個人的にアストンというキャラクターは割と好きだったんだよなぁ。
地獄のような世界からなんとか救い出され、戦いに塗れた日々とは言え守りたい家族もできた。
これからじゃないか。
だというのになぁ。

1期最後のような絶望感はないものの、いろいろと心にくる戦いでした。
これからこんなのが続くのかな。

2016/11/14 (Mon) 00:37 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>ロゴさん

 死ぬ奴がこれだけとは限らないのですよねえ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 希望が最後のダメ押しになった感じですが、一方でタカキ達に他に何ができたとも思えないのが辛いですね。たぶん、多少形は変わってもあのような結末は避けられなかったのだと思います。

>個人的にアストンというキャラクターは割と好きだったんだよなぁ。

 1期の最後に彼らが来てくれた時は嬉しかったのを覚えています。そういう風に嬉しい奴だから、家族になっていっていった奴だから悲しい。彼の最後の言葉と合わせて、やるせないなと思います。

2016/11/14 (Mon) 19:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

5 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #32「友よ」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第32話を見ました。 #32 友よ ギャラルホルンはSAUからの調停要請を引き受け、長引く戦況を打開するためマクギリスは自らMSで戦場へ出撃する。 アーブラウ側の戦力を削るマクギリスのもとにガラン率いる一隊が急襲する。 「鉄華団のパイロット、これは団長からの指示なのか?オルガ・イツカの指示なのかを聞かせてもらいたい」 「そうだ」...
  • 2016.11.13 (Sun) 21:47 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話(第二期07話)
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話(第二期07話) 『友よ』 ≪あらすじ≫ 現状を打破すべく自ら出撃したマクギリスと、そんな彼を狙うガラン・モッサと彼に従うこととなった鉄華団の少年兵たち。功を焦るタカキは自ら前に突き進むが、そんな彼を庇ってアストンは…。 一歩及ばずSAUルートを使って地球にやってきた三日月たち。ユージンは裏切り者・ラディーチェを捕え、昭弘は仇を討つべ...
  • 2016.11.13 (Sun) 22:03 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話 『友よ』 タカキか?アストンか?不安過ぎる展開の結末。
  • 月の蛇ってラスタル?グレイズリッター(マクギリス)をやればこの戦いは終わる。タカキ完全に気持ちがはやっている。トップ同士で手を組んでいるのに現場では戦う羽目になる矛盾。ラディーチェが情報遮断した結果です。 他方でマクギリスは冷静。鉄華団のパイロット、これは団長=オルガ・イツカの指示なのか?しかしタカキとアストンは耳を貸さない。この状況でガランとマクギリスどっちを信用するかといえば、前者でしょ...
  • 2016.11.14 (Mon) 02:02 | こいさんの放送中アニメの感想