選んだ道の先に/機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ33話感想 


 ラフタの照れ顔もかわいいがジュリエッタのドヤ顔を忘れてはいけない(戒め)



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話「火星の王」
©創通・サンライズ・MBS
161120_08.jpg
161120_09.jpg
161120_10.jpg
 アストン達多くの仲間を失った戦争が終わった。マクギリスとラスタルの水面下の探り合いが続く一方、鉄華団は地球から撤退することになり……分かれ道、第33話。地球での戦いが終わった今回はタカキの決断が柱となっているわけですが、要所に入るクーデリアの語りによって多面性をもたらす作劇が面白い。


 自分と三日月の違いに嘆息するタカキにクーデリアは「解釈の仕方は一つじゃない」と語りますが、それを証明するように今回は劇中で様々な「解釈」が語られます。

・SAUとアーブラウの責任はマクギリスにあると見るべきか、むしろ彼だから最小限に抑えられたと見るかというセブンスターズの会合
・アーブラウ防衛軍を指揮したガラン・モッサの情報がないことについて、彼が実在するかどうかまで含めて分かれる意見
・マクギリスがなぜイズナリオの養子になったかという噂話
・マクギリスがイズナリオを失脚させたのは私怨ゆえだというラスタルの解釈
・蒔苗の対するクーデリアの「冷酷」→「情に流されず冷静に物事を判断される方かと思っていました」という言い換え
・自分が前線に出れば状況は変わっていたと力むジュリエッタに対して、それはガランを侮辱することになるというヴィダールの注釈
・ヴィダールの言葉を褒め言葉と受け取っていいか確認しドヤ顔になるジュリエッタ(かわいい)
・「兄貴分」「じじい」「客」というトドに対する鉄華団の受け取り方の変化
・鉄華団を訪れる「モンターク」(仮面をかぶることで「マクギリスではない」という解釈が周囲に生まれる)
・ギャラルホルン火星支部の権限を全て鉄華団に移譲することの意味、「火星の王」という言い換えに対するオルガ達の解釈
・火星は各経済圏の植民地である事に対する、実際の支配者はギャラルホルンであるというマクギリスの解釈
・アストンの「お前らと出会わなければ良かった」という言葉をどう受け止めるかというタカキとフウカの会話
・ハッシュが三日月をさん付けで呼ぶのを「上下関係をはっきりさせる」ことであると受け取るザック
・嫌がらせかと思いきや、ハッシュの筋トレを手伝うつもりだったデインの腰掛け
・事務仕事は丸投げ状態だった地球支部は、戦争前からラディーチェに牛耳られていたというユージンの解釈
・三日月がタカキに最後にかけた言葉が彼なりの優しさであるという昭弘の解釈
・落ち込むラフタにアジーがかけた「大丈夫?」という言葉に対する2人の解釈の違い
・昭弘への感情が恋愛なのかどうか解釈しきれていないラフタ

 ざっと並べるだけでもこんな具合ですが、更にクーデリアはこうも語っています。「多くのものを見て知識を深めれば、物事をきちんと判断し選択する力が生まれる」と。この言葉はとても面白いところで、なぜなら今回は知識が無ければ正しい判断ができない物事が多数描かれ、しかもそれに必要な知識は視聴者にも未だ開示されていなかったり、あるいは今回新たに明かされたりしているからです。クーデリアの言葉が、メタ的に視聴者にも適用されるようになっているのですね。

<未だ開示されていないもの>
・幼少時のマクギリスの首元に覗く傷跡の意味
・マクギリスが望んだ「バエル」という言葉の意味(そもそもバエル自体、名前を言い換えたりと解釈の違いによって神からキリスト教の悪魔になった存在だし)
・マクギリスが鉄華団に姿を重ねるアグニカ・カイエルとは、具体的にどんな人物だったのか
・アインは近くにいるというヴィダールの言葉の意味

<新たに開示されたもの>
・昭弘とアストンの苗字が同じアルトランドなのは偶然だというラフタの「解釈」を書き換える、昌弘が世話になったからだという昭弘の説明(先週昭弘があそこまで仇に怒りを燃やした理由の説明でもある)
・ジュリエッタがガランの仇討ちに燃える理由は、アインがクランクを慕ったのと同じであるという説明
・タカキ、アストン、フウカの写真が3人で決めたアストンの誕生日会の写真だったという説明

 語っている当人にとっては自明のことでも、それを聞く人間には理解できなかったり驚きを伴うことだったりする。体験しなければ知ることができないという歯がゆさは、自身の変化を退化であると断じる蒔苗や、今回多くの仲間を死なせたことで初めてオルガの気持ちを少しだけ理解できたチャドが語ってくれています。


 そして、「たとえ間違った結果を導き出してしまうとしても、すでに選ばなくてはいけない時が来てしまったのです」とクーデリアが語るように、人が何かを選ぶ時、おおよその場合は必要な情報は揃っていません。今回のタカキにしたって、火星の王になるというのがどういうことなのかはよく分かっていない。その中で彼がフウカの「いなくならないで」という言葉にどう応えるべきか――何が最適であると「解釈する」べきか――考えた末に出したのが、鉄華団をやめるという決断でした。
 アストンとの触れ合いの中で共に人間性を取り戻そうとしていたタカキは、もしアストンの死が無かったら、鉄華団の第二のビスケットになってくれていたかもしれません。今回の出来事を経たにしても、鉄華団がこれ以上マクギリスとの協力関係を結ばないよう説得する選択肢だって、けして無いことではなかったのかもしれない。でも、タカキはミニマムな平和を選んでオルガ達のもとを去り、ブレーキをまた1つ失って鉄華団はあがりに向かって突っ走っていく。それが「たとえ間違った結果を導き出してしまうとしても 」

161120_11.jpg
 一軍を撃った三日月とラディーチェを撃ったタカキは、2人が会話する場所のように近い場所にいながら、仕切りに遮られたその2つの道はけして交わることはありません。そして三日月は、タカキが去った事にホッとする自分の気持の「解釈の仕方」も知らない。重く、そしてどこか悲しく道の分かれていく33話でした。


161120_12.jpg
 ところでこの娘にはかわいいという以外の解釈はありえないけどいいよね?答えは聞いてない。

関連:
ガンダムビルドファイターズ 感想リスト
ガンダムビルドファイターズトライ 感想リスト
ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ感想
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 感想リスト
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想リスト

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話「鉄と血と」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第2話「バルバトス」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第3話「散華」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第4話「命の値段」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第5話「赤い空の向こう」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第6話「彼等について」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第7話「いさなとり」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第8話「寄り添うかたち」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第9話「盃」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第10話「明日からの手紙」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第11話「ヒューマン・デブリ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第12話「暗礁」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第13話「葬送」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第14話「希望を運ぶ船」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第15話「足跡のゆくえ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第16話「フミタン・アドモス」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第17話「クーデリアの決意」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第18話「声」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第19話「願いの重力」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第20話「相棒」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第21話「還るべき場所へ」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第22話「まだ還れない」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第23話「最後の嘘」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第24話「未来の報酬」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第25話(最終回)「鉄華団」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話「新しい血」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話「嫉心の渦中で」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第28話「夜明け前の戦い」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第29話「出世の引き金」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第30話「アーブラウ国防軍発足式典」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第31話「無音の戦争」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話「友よ」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5588.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-4611.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5826.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/11/gtk-33.html
http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52172796.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2775.html
http://kurenoise.blog.fc2.com/blog-entry-2213.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2016/11/20 Sun. 19:54 [edit]

CM: 4
TB: 7

top △

« その他アニメ感想2016/11/17~11/19  |  いつか、また/ドラゴンボール超67話感想 »

コメント

タカキ退団…!フウカのこともあるからね、これは仕方ない。
彼なりの考えだったとはいえ、何度も酷く引き止める人間がいないのも鉄華団らしい。
タカキ以外にも退団の意思を見せた団員はいなかったのだろうか。

ラフタの恋心が初めて表に出て描かれたけどちゃんとくっつくのかなw
火星の王の件でテイワズともめなきゃいいですが…。

ジュリエッタちゃんは最後どうなるか今から怖いなあ。
カルタさんみたいな最期はやめてくれぃ…。

MITSUKI #zvBWoKyA | URL | 2016/11/20 20:34 * edit *

火星の王、のちのヴェイガンである、というのがTLに結構並んでて笑う。
イゼルカント様の前髪にその名残が。
goo.gl/pn0Q3w

タカキは風香フウカが嫁入りしたらどうなるんでしょうな。
1週間くらいは廃人だぞ、きっと。
ともあれ、兄妹の今後に幸あらん事を。
…なんかどこかで否応なしに巻き込まれそうな気がしなくもないのが嫌だなぁ。

マクギリスの今後の立ち位置がよく分からなくなってきた。
ギャラルホルンの腐敗を正すために鉄華団を利用しているのは分かるんだけど、その後が見えない。
目的を果たした後鉄華団も潰すのか、共存の道を進むのか。
鉄華団に火星の実権を渡すという提案をする以上、潰す方向に向かうとは思いにくいのだけど、あの面白仮面何考えてるかわからんからなぁ。
提案に乗り気のオルガとしては今後名瀬に相談していくと言うが、どう受け入れられるかによっても変わってくる。
平穏無事に終わってたらお話にならないわけで、長く険しい道が待っているのは間違いない。
それをどう乗り越えていくのか、楽しみにしていきたい。

さて、もう一人の面白仮面、最後まで秘密兵器で終わって、ジュリエッタに「何だったのかしら、あの人?」と言われるのも斬新だと思ったけど、次回遂に出陣。
いろいろ(なんとなくバレバレな)含みのある発言を残していますが、どのような秘密が隠されているのか、こちらも楽しみであります。


ところで「答えは聞いてない」って特撮出自の台詞であるんですけど、ここでの出所は一体…?

ロゴ #Mz.nJuUI | URL | 2016/11/20 21:24 * edit *

>MITSUKIさん

同じかつての年少組のライドなどを描かず、近い年齢の相手は妹とアストンだけに絞っていたのも説得力の一因ですかね。他の子達がかれの退団に何を感じたかも見てみたくはありますが。

ナンバー2には既に疎まれてる状況ですからね。色々と先行きが怖くなる展開で、ラフタの好意にニヤニヤしつつも安心できないのがなんとも。

>ジュリエッタちゃんは最後どうなるか今から怖いなあ。
>カルタさんみたいな最期はやめてくれぃ…。
今回重ねられているアインの二の舞にはな、ないことを願いたいです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/11/21 20:24 * edit *

>ロゴさん

>火星の王、のちのヴェイガンである、というのがTLに結構並んでて笑う。
 そういえば髪型に共通点ありましたねwww

>ともあれ、兄妹の今後に幸あらん事を。
 降りる選択をしたからにはそっとしてあげてほしいですね。大戦争が起きるような作品ではないですし。幸せになってもらいたい。

>マクギリスの今後の立ち位置がよく分からなくなってきた。
 1期でも鉄華団に協力していたわけですし、不自然な流れではないんですけどね。彼が鉄華団に店られているというのも嘘ではないんでしょう。本作らしい状況だと思います。

>もう一人の面白仮面
 バレバレとは言いつつ、仮面の下や機体の中がどうなっているのか想像をかき立てられるのは上手いですよねー。いよいよの戦闘でヴィダールがどんな姿を見せるのか楽しみです。


>ところで「答えは聞いてない」って特撮出自の台詞であるんですけど、ここでの出所は一体…?
 話には聞いたことがあったので使ってみましたwww

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2016/11/21 20:25 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/2084-6ad7ee14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アニメガネ | 2016/11/20 20:06

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話 『火星の王』 火星王に、俺らはなる!!

サブタイトルから今の実質「火星の王」が出てくるのかと思った。鉄華団が「火星の王」になる、それが最終目標という話でした。大胆な方針返還というか朧気にビッグになる、という鉄華団に明確なゴールが見えましたね。  鉄華団地球から撤退。それが停戦合意の条件だったのか。或いはアーブラウ防衛軍が発足してお役御免になったのか。アーブラウに入り込んでいたガラン・モッサは問題にならなかったのかな。 戦...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2016/11/20 20:07

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第33話「火星の王」感想

「火星の王に、俺はなる!」 今週は日常回でした。 タカキの状態が心配でしたが、まさかの退団。 これはちょっと予想外でしたね。 タカキの退団をあっさり認め、労をね ...

ガンダムFWブログ | 2016/11/20 21:13

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #33「火星の王」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第33話を見ました。 #33 火星の王 SAUとアーブラウ両経済圏が和平調停を受け入れたことで戦いは終結し、鉄華団はこの紛争で犠牲になった団員を偲びつつ、地球からの撤退を決定する。 「三日月さんは凄いです。俺達がまだCGSの参番隊だった頃、三日月さんが一軍の奴らを銃で撃ったあの日から俺達の全ては変わった。三日月さんと同じことをした...

MAGI☆の日記 | 2016/11/20 21:53

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話(第二期08話)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話(第二期08話) 『火星の王』 ≪あらすじ≫ アーブラウとSAUの和平協定は成った。しかし、そのために鉄華団が支払った代償はあまりに大きかった。オルガは鉄華団支部の地球からの撤退を決める。一方、アストンを喪ったタカキは…。 公式ホームページ更新後に改訂予定 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ ◆辞める選択肢――鉄華団...

刹那的虹色世界 | 2016/11/20 21:59

『鉄血のオルフェンズ』第33話

物語はあっという間に1ヶ月後だそうですが。 アストンショック冷め遣らぬタカキはなんと鉄華団を辞めてしまいました! 何と云うか…、仲間の死を契機に妹との生活を大事にすることを選ぶと云うのは、いつかビスケットが来た道なのだけれども、凄惨な死を迎えたビスケットとは違ってタカキはあっさりと堅気に。 クーデリア嬢が「解釈の仕方は一つじゃない。選択肢は無限にあるの本当はね。だけどその中で自...

ディレッタントの秘かな愉しみ | 2016/11/22 07:42

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2期】 第8話『火星の王』キャプ付感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2期 第8話『火星の王』 感想(画像付) マクギリスは、鉄華団に火星支部を任せ、火星の王になれと取引。 オルガはその話に乗るが、どうなるやら…? タカキは今ある幸せを選び、鉄華団を去る。 フウカちゃんと穏やかに暮らして欲しいですね! ラフタちゃんは昭弘を選ぶんですかねw 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください...

空 と 夏 の 間 ... | 2016/11/22 10:55

top △

2017-08