近づいたなと思ったら/セイレン4話感想 


 あれ? ヒロインズに年下がいない?と思ってたら上崎妹が1年だったことに驚き。

>拍手返信:雪光さん
>>この耀編の各話それぞれが一つの要素に基づいて構成されていて、全体として見たときに一本芯が通るものになっているのだなぁと痛感させられます。
 短い時間の中でテーマが巧妙に配置されてるのだな、と4話まで見て改めて感じました。講師への嘘やジャージ跡など使う伏線やアイテムの奇抜さも目を引きますが、けして馬鹿馬鹿しいだけのものではない。もちろん思わずクスクス笑っちゃいますがw アニメという形で高山箕犀の作品を最初に見られることをとても嬉しく思います。



セイレン 第4話「ホシゾラ」
©高山箕犀/セイレン製作委員会
170127_03.jpg
170127_04.jpg
170127_05.jpg
170127_06.jpg
 夏休みが終わり、学校でもそっけない態度を続ける耀にモヤモヤする正一。そんな折、耀から校舎裏へ呼び出しを受けるのだが……? 思い出の後先、第4話。一区切りとなる今回は、夏の終わりと物語の終わりを重ねる予想だにしなかった展開。

 「俺が彼女に近づいた何倍も、彼女は遠くに行ってしまったんだ」……高校時代の描写の最後に正一が思った言葉ですが、それは別に彼と耀の関係に限ったことではありません。耀を合宿送りにした由貴恵は実際に恋人になるほど荒木に近づいたはずだったけれど、動物好きという荒木の性癖は彼女の理解を超えており破局(遠く)に至ってしまう。密告されたことを笑顔で受け入れたり、恋は勢いが大事と語りながらいざとなったら現実的な事を言う「女」は分からないと正一は嘆いたけれど、お母さん役はうさぎしかいないと真顔で言う「男」も由貴恵には分からない。近づいたと思ったらすぐ離れてしまう。異性に対する理解って多分、そういうものです。
 加えて、近づいたと思ったらすぐ離れてしまうのは人に限ったものではありません。夏の楽しみとして合宿の対極にあったもの、正一と耀がわずかの間だけ心を露わにした場所――そう、海の波もまた、近づいたと思ったらすぐ離れていってしまう。寄せては返すその流れが場面場面に応じているのは、単なる恋の定番シチュエーションという以上に2人の心の動きと画面の動きが連動していました。

 正一と耀の距離が近づいたのが合宿という日常から離れた空間だけの出来事であったように、2人のキスは夏の象徴たる海に味付けされたしょっぱいもの。返す波に流され遠くへ行ってしまうもの。少しだけ耀を引き留めようとする正一が握ったズボンからこぼれる海水には、彼の涙以上に「夏の名残」がこぼれ落ちていく不思議な切なさがにじんでいたように思います。山奥の合宿という海とは真逆の場所を舞台に進行した2人の恋は、たとえ本物の海へ行っても日の光を浴びることはない。この耀編はまさしく「海の中の恋」だったのでしょう。あるいはこの結末自体がひと夏の恋ならぬひと夏のからかいでもあったのかな。

 ただ、何倍も遠くに行ってしまったとしても近づいたことは嘘じゃない。(画面上の)最後のキスは海の中じゃない。計算を張り巡らせながらも最後は勢いで押した由貴恵がすぐに破局し、それにはめられた先で勢いのように恋をしながらも計算で自分の道を選択した耀が正一と再会するという終わりは、なんとも対極的でした。スペイン行ってる間に彼氏ができてるだろ!という勘ぐりもあるでしょうが、それは冒頭の「久しぶりに会った友達と話せたと上機嫌で、恋について語る郁夫」で否定されていたように思います。

 初見時は拍子抜けしたのも正直なところではありますが、本作が手強い作品であることを感じた耀編ラストでした。さて、次回からは宮前透編のスタート。さりげに今回のヒロイン3人の中ではもっとも第一印象が強かった娘でして。耀編とはどのように違った話が繰り広げられるのか、非常に楽しみです。

関連:
セイレン 感想リスト

セイレン 第1話「ケツダン」
セイレン 第2話「ヤマオク」
セイレン 第3話「オトコユ」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-5781.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2017-01-27-3
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5925.html
http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1887.html
http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-5562.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/tbs12604-f64a.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-2439.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2017/01/srn-4.php
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-4243.html
http://forestinthemountains.blog.fc2.com/blog-entry-326.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-4845.html
http://tarasite.blog.fc2.com/blog-entry-1726.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2017/01/27 Fri. 23:54 [edit]

CM: 2
TB: 11

top △

« スクールガールストライカーズ4話ツイート感想  |  正確に答えるのは/小林さんちのメイドラゴン3話感想 »

コメント

怒涛の展開に最初は気持ちが追いつきませんでしたが、海辺のシーンは観直すほどに味わい深いですね~

“海のしょっぱさ”という味覚からのアプローチは全く頭にありませんでした。成程!
最後のキスのし直しも、「お別れのキスはほっぺに」的な意味合いとは限らないんですね(^^)

冒頭の郁夫は一体何だったのか(クールキャラはどこへw)という疑問もあったのですが、そこで「久し振りの再会」に繋がるわけですか~
まだまだ隠れた意図が色々と含まれてそうですよね。第一章からもう一度見返したくなりました(^^)

tara #BjZB.8K6 | URL | 2017/02/04 17:38 * edit *

>taraさん

>怒涛の展開に最初は気持ちが追いつきませんでしたが、海辺のシーンは観直すほどに味わい深いですね~
 最初は驚きますよねー。告白より先にキスでん?となり(いやアマガミ原作ではやってたけど)、耀が自立した女性になりたいと語るところでんん?となりwww 困惑しながら見返して、夏の海というシチュエーションが素晴らしく活用されていることに驚かされました。


>まだまだ隠れた意図が色々と含まれてそうですよね。第一章からもう一度見返したくなりました(^^)
 パラレルな今後への布石もあるでしょうが、基本的にはその回その回で意味を持つように構成されているのだと思います。視聴し甲斐のある作品です。

闇鍋はにわ #dvQckJnQ | URL | 2017/02/04 18:07 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/2179-1fa49da1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ゴマーズ GOMARZ | 2017/01/28 00:03

セイレン 常木燿 第4章 ホシゾラ

キャラが変な奴ばっか。上崎さんは面白かった。何その動きwww

悠遊自適 | 2017/01/28 00:14

セイレン TBS(1/26)#04

常木燿 最終章 第4話 ホシゾラ 常木が校舎裏でジャージを返してくれる。夏期講習で一緒だったことは秘密にしてね。由貴恵は感が鋭いの。荒木先輩を高遠さんに取られるから? 風紀委員1年生の上崎真詩が校内を巡回して注意される。校舎裏やポンプ小屋はカップルに人気の場所。今もウサギ小屋でセロリや人参でHなことをするカップルが 激しすぎて注意できなかった。その子はバイトを密告してくれた生徒なのに。スペイ...

ぬる~くまったりと | 2017/01/28 00:20

セイレン 第4話 常木燿 最終章 『ホシゾラ』 ストーカーの妹が風紀委員なの?

これってギャグ?まあ情報収集スキルあれば役に立ちそうだけど。そんな訳で上崎真詩が遂に登場。見た目一番好み。ちょっとトロそうな所とか、豊満なスタイルとか、ちょっと厚い唇がツボを突きまくってくれます。 傍目には仲良くしている燿と高遠。対照的に疎遠だった正一だけど、燿から校舎裏に呼び出された。ジャージ返還&夏期講習で一緒だったことは内緒にして、とお願い。ただのクラスメイトに戻れってこと?夢も希望も...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2017/01/28 01:53

ナニコレ【アニメ セイレン #4】

アニメ セイレン 4話毎ヒロイン毎に オムニバスで描くラブストーリー 常木耀編 最終章 ホシゾラ ラブコメ? 青春群像劇? 変態バカ話?

腐った蜜柑は二次元に沈む | 2017/01/28 01:54

セイレン 常木耀編第4話

セイレン 常木耀編第4話 『ホシゾラ』 ≪あらすじ≫ 夏休みが終わって始まった新学期。しかし、自分がバイトを密告したと疑われていると思っている正一は、耀から距離を取られてしまう。 一方、夏休み明けに荒木先輩と耀の幼馴染・高遠が急接近していた。このことから耀はあることを見抜いていた… ≪感想≫ なんというか、見事に詰め込んできたな、という感じ。ただ、意味としてはどち...

刹那的虹色世界 | 2017/01/28 10:17

セイレン 第4話「常木耀 最終章 ホシゾラ」

海の中でキス! …したけどカレカノにはなりませんでした^^; 耀ちゃん積極的! 攻めまくってたんだけど。 えっちいアニメだと完遂コースまっしぐらだよな―(*´Д`) 本作はここまでがサービスの限界? 自分の夢を優先して耀ちゃん、スペインへ料理修行に。 5年後再会しましたエンドには意表を突かれたかな。 この後付き合いそうな余韻を残しましたが。 そうそう、前回の引...

のらりんすけっち | 2017/01/28 15:06

セイレン 常木耀 最終章 『ホシゾラ』

嘉味田正一の妄想は、常木耀が猫耳を付けて 甘えてくること。 やはり、変態紳士純一の後継者。 しかし、校舎裏に常木耀から呼び出されて 話を立ち聞きしていた上崎真詩。 嘉味田正一と常木耀につっこまれて、変なリラクションする 姿は、面白い。 上崎真詩章を見てみたい! 姉である上崎裡沙のその後も、観れるかも! 風紀委員に常木耀...

奥深くの密林 | 2017/01/28 23:28
キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 | 2017/01/29 23:01
アニメガネ | 2017/01/30 22:25

アニメ感想 『セイレン』第4話「常木耀 最終章 ホシゾラ」

「常木耀」編の最終章! 予想外の着地というか、予測の範疇を超えた展開というか…そもそも最終章の密度が異様に濃いw これまでの3話分に匹敵するくらいの密度だったのでは(^^;)

たらさいと | 2017/02/04 16:59

top △