漫画感想「実は私は」16巻 

実は私は 16 (少年チャンピオン・コミックス)
 増田英二の「実は私は」16巻を読了。15巻で出てきた葉子の吸血鬼としての純度という問題はひとまず置いておいて……という感じですが、この巻の山場はやはりさくらさんによる紅本先生へのアタック劇。これまで散々ネタにされてきた紅本先生の腕っ節が、彼女が婚活衝動で暴走することでさくらさんが告白するための最大の障害になってくるのは笑えながらも説得力ある。こんなの勝てる人おらんだろ。
 ただ、この暴走は紅本先生が一線を超えるのに必要な状態でもあります。ネタにされようが彼女は大人であり教師であり、さくらさんは子供であり生徒。そこには必然、まっとうな精神状態では外しちゃいけない枷というものがある。衝動だけで突っ走る状態の紅本先生でなければ、それは壊せない。
 同時に、衝動だけで走っている状態は心がむき出しになった状態でもあります。男勝りの自分でも「たった一度でいい 「お姫様」になってみたかった」……婿探しに血眼な紅本先生の内にはそんな子供の頃からの思いがあったことが明かされますが、これは確かに彼女の抱える秘密であり、アイデンティティの問題でもある。台詞こそつかないけど、これだって「実は私は」なのでしょう。そんな風に心をさらけ出せたからこそさくらさんの方の「実は私は」も紅本先生の胸に届く。彼女の願いを叶えてあげられる。卒業までは内緒という制約はありますが、2人がくっつくのはこれはもう仕方ないなと思います。教師と生徒とか男と女とか以前に、さくらさんは紅本先生をお姫様にしちゃったのだから。
 お話はまだまだこれからですが、今回は何よりこの2人に祝福を。お幸せに!

関連:
漫画感想(「実は私は」1巻、「今日のユイコさん」1,2巻、「学園恋獄ゾンビメイト」上下巻)
漫画感想(「実は私は」2,3巻)
漫画感想(「実は私は」4巻)
漫画感想(「実は私は」5巻)
漫画感想(「実は私は」6,7巻)
漫画感想(「実は私は」8巻)
漫画感想(「実は私は」9巻)
漫画感想(「実は私は」10,11巻)
漫画感想(「実は私は」12巻)
漫画感想(「実は私は」13巻)
漫画感想(「実は私は」14巻)
漫画感想(「実は私は」15巻)

漫画感想(「我間乱」21巻(完)、「さくらDISCORD」1~6巻)

漫画感想(「透明人間の作り方」)

実は私は(アニメ) 感想リスト

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2017/02/07 Tue. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« 漫画感想「艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!」8巻  |  あいまいみー3期5話感想  »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/2202-cf1ba865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △