Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

漫画感想「実は私は」21巻

実は私は(21) (少年チャンピオン・コミックス)
 増田英二の「実は私は」21巻を読了。ラストに向けてどんどんと盛り上がっていきますが、今回よくできていると思うのは「人外」を単に守られる立場に留めていないことでした。葉子の秘密に始まり、本作の登場人物の普通じゃない部分、「実は私は」なところは繊細で、誰かの助けによって一歩前進する……という形で描かれてきたわけだけど、それらの性質が常に正しさを持っているわけではありません。人外の方が多数になる相談室ではむしろ朝陽の方が普通でなくなり、「人間の黒峰先輩に何がわかるんですか!?」と心無い言葉を生んでしまう。それは朝陽達にとって「敵」である白雪だって同様で、人間だけど人外と仲良くしていた彼女は、人外が捕まった事件をきっかけに自分が彼らを売ったと罵倒されてしまう。「普通」も「普通じゃなさ」も、どちらも無自覚に振るえばそれは他者を傷つける道具になってしまいます。朝陽が良かれと思って1人で頑張り過ぎた事が、逆に葉子を傷つけてしまったように。1人で頑張り続けた白雪が道を間違えたように。

 「普通じゃない」ことは弱さでも、憐れまれることでもない。そういう存在だからこそ「自分にしかできない」ことがある。それを自覚して他者を守ろうとする葉子の姿は、確かにヒロインというよりヒーローと呼ぶべきものです。そしてそれが本巻で相対化された「人」でも「人外」でもなくなり、自ら自分を他者から除外された存在にしてしまった白雪を救うために発露するのは本作らしい美しさにあふれていると感じました。
 そして一方でみかんの策謀や緑苑坂先生の葉子への正体バレなど、ギャグもたっぷり「実は私は」な要素を使い倒しているこの統一感よwww 次回はとうとう最終巻。皆が笑って迎えられる結末でありますよう。

関連:
漫画感想(「実は私は」1巻、「今日のユイコさん」1,2巻、「学園恋獄ゾンビメイト」上下巻)
漫画感想(「実は私は」2,3巻)
漫画感想(「実は私は」4巻)
漫画感想(「実は私は」5巻)
漫画感想(「実は私は」6,7巻)
漫画感想(「実は私は」8巻)
漫画感想(「実は私は」9巻)
漫画感想(「実は私は」10,11巻)
漫画感想(「実は私は」12巻)
漫画感想(「実は私は」13巻)
漫画感想(「実は私は」14巻)
漫画感想(「実は私は」15巻)
漫画感想(「実は私は」16巻)
漫画感想(「実は私は」17巻)
漫画感想(「実は私は」18巻)
漫画感想(「実は私は」19巻)
漫画感想(「実は私は」20巻)

漫画感想(「我間乱」21巻(完)、「さくらDISCORD」1~6巻)

漫画感想(「透明人間の作り方」)

実は私は(アニメ) 感想リスト

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment