Welcome to my blog

Wisp-Blog

ARTICLE PAGE

漫画感想「実は私は」22巻(完)

実は私は 22 (少年チャンピオン・コミックス)
 増田英二の「実は私は」22巻を読了。これにて完結でございます。過去は変えられないけど未来は変えられる。20巻感想でも書いたことですが、それが貫かれているのがいいですねー……かつて朝陽は過去に飛んで「黒宮夕陽」として源二郎の秘密を守ろうとしたけど果たせなかった。それは「過去は変えられない」という意味では無駄だったのかもしれないけれど、「未来は変えられる」という意味ではけして無駄じゃない。だって源二郎が人外の自分が受け入れられる事を納得できた一因は、かつて「桐子さん以外にも儂を受け入れてくれた 変なヒーローみたいな人間がおったのに…!!」ってことを――過去に朝陽と過ごした時の思い出を、現在思い出すことができたからなのですから。やっぱり言葉遊びのようでもあるけれど、全ての出来事は未来に向かって指向している。人外の友人を救えなかった白雪の無念も、源二郎を守れなかった朝陽の悔しさも、かつて学友に拒まれた源二郎の苦い経験も、全ては過去ではなく現在で晴らされる。それは未来人である凛達ですら「自分たちの未来を変える」ことにも象徴されているように思います。

 吸血鬼、宇宙人、狼男、未来人エトセトラエトセトエラ……劇中の登場人物の抱える「実は私は」は物語を時にコミカルに時にダイナミックに進めるための道具であると同時に、実はただの人間である僕達が自分自身に対して「普通の人」からズレていると感じる部分とそう遠く離れてはいないものです。

 「…秘密の無い人なんているのだろうか? 恥ずかしくて言えなくて 何かが壊れるのが怖くて言えなくて でもやっぱ ホントは知ってほしくて」

 内容の如何に関わらず、誰もが秘密を抱えている。それをさらして自分が「普通の人」じゃなくなってしまうのが怖いから言い出せない。でも、それは僕達個々人が個々人であるためにけして消すことができないものです。どうしても向き合って行かざるをえないものです。僕の秘密は、あなたの秘密は「普通」じゃないかもしれない。でも、そういう秘密を持っていることは珍しくも蔑まれることでもない。胸を張って僕は、あなたは、「私」でいていいんだと。そんなエールを送ってくれる作品であったように思います。それは、「普通の人」になりたくてずっとずーっと下手くそな演技を続けて落第し続けて、青春なんてとっくに過ぎてからようやく「普通じゃない自分」を受け入れられた僕にはとてもまぶしいものでした。もちろん、それは手遅れじゃない。今の自分なりに自分を受け入れられれば、そこにだってできる事はある。
 恥ずかしいくらいのド直球の青春を「透明人間の作り方」「さくらDISCORD」で描いてきた増田英二ですが、人外なんて要素を取り込んでなお、というかだからこそ一層、そこにあったのは恥ずかしいくらいのド直球の青春でした。本当に素敵な作品をありがとう。4年間の連載、お疲れ様でした。
 あと最後なので言っておこう、銀華恋マジ天使。

関連:
漫画感想(「実は私は」1巻、「今日のユイコさん」1,2巻、「学園恋獄ゾンビメイト」上下巻)
漫画感想(「実は私は」2,3巻)
漫画感想(「実は私は」4巻)
漫画感想(「実は私は」5巻)
漫画感想(「実は私は」6,7巻)
漫画感想(「実は私は」8巻)
漫画感想(「実は私は」9巻)
漫画感想(「実は私は」10,11巻)
漫画感想(「実は私は」12巻)
漫画感想(「実は私は」13巻)
漫画感想(「実は私は」14巻)
漫画感想(「実は私は」15巻)
漫画感想(「実は私は」16巻)
漫画感想(「実は私は」17巻)
漫画感想(「実は私は」18巻)
漫画感想(「実は私は」19巻)
漫画感想(「実は私は」20巻)
漫画感想(「実は私は」21巻)

漫画感想(「我間乱」21巻(完)、「さくらDISCORD」1~6巻)

漫画感想(「透明人間の作り方」)

実は私は(アニメ) 感想リスト

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

4 Comments

tara  

連載初期はここまでの長期作品になるとは思ってもみませんでしたし、ダレたりブレたりすることもなく大団円まで描き切ったことが素晴らしいですね。
気持ちのいい青春ラブコメでした(^^)

華恋さんマジ天使は真理ですねw
そして、校長は最強のトリックスターでした(^^)

2017/03/21 (Tue) 01:48 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>taraさん

>連載初期はここまでの長期作品になるとは思ってもみませんでしたし、ダレたりブレたりすることもなく大団円まで描き切ったことが素晴らしいですね。
 コメディが前面に出た内容に「どうした増田英二!?」なんて思ったのも懐かしい。まあ、アホアホやるだけで終わらないのは1話でちゃんと示されてたことではありますが。
 告白以後はどこに行くのか僕としては見えなくなった時期もありましたが、終わってみればこれ以上ない場所へベストタイミングの着地でした。

>華恋さんマジ天使は真理ですねw
>そして、校長は最強のトリックスターでした(^^)
 輪っかは今だに照明なんですねーw まあ、心が天使である以上変わりません。校長もどんどんと豊かになっていったキャラクターでした。
 本作について一緒にお話できて良かったです、ありがとうございました。

2017/03/21 (Tue) 20:36 | EDIT | REPLY |   

漫画好き  

最高でした。涙しました。

2017/08/12 (Sat) 23:13 | EDIT | REPLY |   

闇鍋はにわ  

>漫画好きさん

コメントありがとうございます。
キャラが感情を揺さぶられる姿が真に迫るからこそ、僕らの感情も揺さぶってくれる良い作品でしたねー。

2017/08/13 (Sun) 14:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment