天狗よりも偉い男/有頂天家族2 2話感想 


 相変わらず姿を見せることなく萌えさせる海星のかわいさと来たら。



有頂天家族2 第2話「幻術師 天満屋」
© 森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族2」製作委員会
1703418_03.jpg
1703418_04.jpg
1703418_05.jpg
 二代目との対決に臨む赤玉先生だが、力衰え屋根から落ちそうになる有様。二代目は殺す価値もないと吐き捨てて去ってしまい……

 前回は登場人物の今昔を感じさせる内容でしたが、今回もその方針は貫かれていたように思います。かつて二代目を蹴落とした赤玉先生の衰えぶり、矢三郎と海星の婚約事情、かつて金曜倶楽部にいた淀川教授の作る木曜倶楽部、昔は池だった窪地、寿老人の使いだったり地獄絵の中にいたという天満屋の過去、などなど。
 そんな中でも面白いのは、赤玉先生と矢三郎が執心する相手の今昔でしょうか。2人は共に弁天に心惹かれているわけですが、彼女は世界旅行中。赤玉先生が弁天の出番……という少し前にいたのは弁天ではなく二代目、矢三郎が月が欲しいという弁天の言葉を思い出した時にいたのは弁天ではなく天満屋。「天狗より強い力を持っているけど天狗じゃない(と主張する)」「金曜倶楽部と関わりがあった」点なども踏まえて、二代目と天満屋は弁天の性質を分割して持ち合っているようにこの2話では感じました。そう考えると、根拠のない勝利や自信を主張する赤玉先生と矢三郎が弁天にしてやられるごとく今回負け戦を味わうのは必然なんだろうなあ。
 とはいえ、二代目も天満屋も2人が焦がれる弁天ではない。その差異によって4人(?)の関係がどのようになっていくかは2期の面白みの1つとなってくれそうです。

関連:
有頂天家族2 感想リスト

有頂天家族 第1話「納涼床の女神」
有頂天家族 第2話「母と雷神様」
有頂天家族 第3話「薬師坊の奥座敷」
有頂天家族 第4話「大文字納涼船合戦」
有頂天家族 第5話「金曜倶楽部」
有頂天家族 第6話「紅葉狩り」
有頂天家族 第7話「銭湯の掟」
有頂天家族 第8話「父の発つ日」
有頂天家族 第9話「夷川の娘・海星」
有頂天家族 第10話「夷川早雲の暗躍」
有頂天家族 第11話「捲土重来」
有頂天家族 第12話「偽叡山電車」
有頂天家族 第13話(最終回)「有頂天家族」

有頂天家族2第1話「二代目の帰朝」


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

【言及】
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/2tokyomx41602-d.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-14128.html
  このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted on 2017/04/18 Tue. 22:29 [edit]

CM: 0
TB: 2

top △

« ID-0 2話ツイート感想  |  リトルウィッチアカデミア15話ツイート感想 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://craft89.blog105.fc2.com/tb.php/2316-593438b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

有頂天家族2 TokyoMX(4/16)#02

第二話 幻術師 天満屋 二代目と赤玉先生の対決。赤玉先生が扇子を飛ばしてしまい、取ろうとして足を踏み外す。そのまま落下するが矢三郎が助ける。二代目が自分は天狗ではないと言う。父親を殺す勝ちもない、勝手にのたれ死ねと去っていく。この勝負は儂の勝ちじゃ、弁天に会いたいな。 金閣、銀閣は二代目につきまとって英国紳士に憧れているらしい。兄を悪く言うなと海星は矢四郎のリュックに隠れていた。どうして2人...

ぬる~くまったりと | 2017/04/18 23:10

有頂天家族2 #02

『幻術師 天満屋』

ぐ~たらにっき | 2017/04/19 12:56

top △